実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

学生でもばれしないアコムを利用できる方法と注意点

アコムは学生も利用できるローンで、20歳以上で安定収入があれば借りることができます。学生になるとお金が必要になることが多く、趣味・娯楽・旅費や学費の補助、サークル・飲み会など、仕送りやお小遣いだけでは足りない場面も出てくるでしょう。アコムのカードローンを利用すれば、親にばれることなくお金を借りることができます。

キャッシュカードと同じように、限度枠内で自由に借りたり返したりできるのもメリットです。自由返済を導入しているので、早期返済によって利息を減らすこともできます。振込融資にも対応しているなど、すぐに現金が欲しいときに重宝するローンでもあります。学生専用ローンよりも金利が低めに抑えられているのも魅力でしょう。

学生がアコムで借り入れするメリット

アコムで学生がお金を借りるメリットはたくさんあります。学生ローンより利便性が高い、即日で借り入れできる、毎月の返済額を抑えられる、30日間の無利息サービスがある、ATMで全国から借り入れできるなどの魅力があります。

学生ローンよりアコムが優れているのは、親の同意なしで借り入れできることでしょう。学生ローンだと親ばれするローンが多いですが、これは親の同意が必要になってくるからです。また、アコムは用途が幅広くて趣味・娯楽の範囲に使えるのも特徴です。大手消費者金融なので審査が難しいと考えている方が多いでしょうが、通過率は50%近くにもなります。約2人に1人は借り入れできる計算になるので、初めてのローンとして検討して損はないでしょう。

融資までは非常にスピーディーで、最短1時間で借りることができます。審査結果は最短30分と短く、待たされてイライラすることがありません。学生ローンの中には審査は即日だけど、融資は数日かかるというローンが少なくありませんが、アコムなら即日で借りることも可能です。お金はいきなり必要になることが多いので、万が一に備えて契約しておくのも良いかもしれません。カードローンは契約をするだけなら利息は発生せず、借り入れをして初めて日数に応じた利息がつきます。急にお金が必要になって焦るよりも、事前に契約しておいたほうが安心できます。

アコムは毎月の返済額を抑えたい方にも最適で、毎月3000円から返済することができます。アルバイト収入が少なくて高額返済は厳しいという方は、少しずつ返済をしながら余裕を見て追加返済していくのがよいでしょう。自由返済にも対応しているので、余裕があるときに追加返済することで、残高を減らすことができます。
延滞をしない以上は催促される心配はないので、安心して借りることができます。35日ごと返済というプランもあるので、毎月の返済を最小限に抑えたい方に適したローンと言えるでしょう。毎月3000円返済が可能となるのは、10万円を借りて5年以内プランに設定した場合です。もちろん利息を節約したい方は、随時追加で返済して元金を減らすことができます。元金を減らすことは利息を減らすことにつながります。

30日間の無利息サービスは、借り入れ1日~30日までは利息がゼロになるサービスです。親や兄弟からお金を借りても、なかなか無利息というわけにはいかないでしょう。ランチをおごる程度だとしても、それは利息に相当してしまいます。アコムなら30日間は利息ゼロなので、カードローンを初めて利用する方が使い勝手を覚えるためにも最適でしょう。
学生が支払いの中でも最も延滞してはいけないのは家賃だと言えます。住むところを追い出されてしまう状況が一番厳しく、光熱費以上に優先順位は高いと言えるでしょう。学業においては学費の納入は遅れずに行ってください。延滞して信用力を落とすよりも、アコムでお金を借りて支払ったほうが得策です。少額の借り入れをすれば、30日以内に完済することも可能でしょう。

アコムは全国のATMに対応しており、居住地以外で利用できるメリットもあります。近くに契約している銀行がなくても、アコムならコンビニATMで借りることができます。このメリットを知ってしまうと、カードなしでは不安になってしまうほどかもしれません。アコム店舗・提携銀行・ショッピングセンターATMなどにも対応しており、旅行先でも重宝するカードローンでしょう。財布を紛失してしまうトラブルは、誰にでも起こり得ることです。特に旅行中は旅行に夢中になって財布を紛失する確率が普段より高くなっています。財布を紛失したときの絶望感は大きなものですが、そんなときアコムカードがあれば現金を調達することができます。万が一に備えて、財布とは別の場所に携行しておくのもよいでしょう。

親にバレずに借りるポイント

アコムは親にばれることなく借り入れすることが可能です。親の同意なしで申し込みできますし、家に連絡が行くこともありません。学生ローンだと実家に連絡が行ってしまう可能性がありますが、アコムなら心配ありません。もちろん実家から通学している学生も、ばれずに借り入れすることは可能です。カードローンの利用を内緒にしたいのは社会人も学生も同じでしょう。ばれないためには郵送書類が送付されないように注意する必要があります。ここだけを気をつければ、ばれる心配はほとんどないと考えてよいでしょう。ばれる理由の9割は郵送書類にあるため、カードと契約書類の受け取り方法には気を付けましょう。

アコムで郵送物をなくすためには、ネットで申し込みをして自動契約機で手続きをすると良いでしょう。カードと契約書類はその場で発行されるので自宅に郵送物は届かず、ばれる心配はありません。自宅に書類が届いても家族に見られないだろうと考える方は多いですが、現実的にはばれてしまう人もいます。家族が不審に思って開封して中身を確認してしまうケースもあるでしょうし、家族が自分への郵送物だと勘違いをして見てしまうかもしれません。
ネットで申し込みをして自動契約機の操作という流れは、最速で借り入れする方法でもあります。審査・契約までがスピーディーで、即日で借りることができます。カードローン利用者のほとんどは、即日で借り入れしたいと考えています。審査に時間がかかると、借り入れできないのではないかと不安になってしまうかもしれません。不安を払拭するためにも、審査から融資までは早いほうがいいはずです。書類発行後はそれらをしっかりと管理して、親に見つからないようにすれば問題ありません。親ばれしてしまう理由の多くは、本人のうっかりミスにあります。

利用明細をネット確認に設定しておくのもばれないコツです。アコムは電子交付サービスを用意しており、自宅への書類送付をなくして、利用明細をネットで確認できるようにしています。電子交付を設定せずに振込融資サービスを利用すると、自宅に明細が届いてしまうので気をつけてください。明細の自宅送付を止めるためには、アコムの会員ページにアクセスし、書面の受け取り方法からアコムホームページで確認という項目を選択してください。振込融資を頻繁に利用するという方は登録しておくのがおすすめです。
カードで利用する分には、利用明細はATMが発行してくれるので自宅には届きません。この場合は利用明細の管理をしっかりと行って、親にばれないようにしましょう。明細を見られてしまうと、ローンを利用していることが確実にばれます。利用明細とはローンを利用したという証拠ですから、ネット明細を利用しない方は管理を徹底してください。

返済の遅延にも注意が必要で、登録住所に催促のハガキが届くことになります。うっかり延滞をしてしまうくらいなら信用力にはそれほど響きませんが、親にばれるリスクとなることには違いありません。さらに注意するべきことは、返済期日までの返済が困難になってしまう状況です。これは完全に自分に非がある状況であり、何度もハガキが届くことで親にばれる確率は非常に高くなるでしょう。
返済能力を超えた借り入れをしてしまうと、いずればれることになりかねません。カードローンの利用は計画的に行う必要があり、そのためには返済能力を把握することがポイントです。借り入れできる金額が、楽に返済できる金額とは限りません。そもそも金融機関側は利用者の家計や返済能力などを正確に把握することはできません。だからこそ借りる前に返済能力を把握し、それを超えた借り入れをしないことが大切となります。追加融資を受ける場合も同様であり、今一度借りても返済可能かどうかシミュレーションをしておきましょう。

初めて申し込む前に知っておくと良い事

アコムを利用しようと考えている学生が、あらかじめ知っておいた方が良いことがいくつかあります。初めてのカードローンで失敗しないためにも、就活との関係、バイト先への在籍電話、借り入れできる上限、申し込みにおける必要書類について把握しておきましょう。

学生がローン利用を躊躇する理由のひとつとして就活で不利になるかもしれないという不安がありますが、これはまったく心配する必要はありません。金融機関がローンの契約・利用状況を外部に知らせることは法律に違反する行為です。カードローンはプライバシーが厳守され、最も周囲に利用がばれにくいローンとも言われています。家族や友人にもばれないのに、就職先にばれるはずがありません。カードローンにはこうした都市伝説が無数にありますが、ほとんどは根拠のない話です。

就活に影響するという話は、バイト先への在籍電話がくることに由来しているとも言われています。ただし、個人名で連絡がくるのでばれる心配は皆無です。アコムという社名を名乗って連絡がくればばれるでしょうが、個人名ならまったく心配はいらないでしょう。在籍確認は申込者が在籍しているか確認する電話なので、1分くらいで終了するのが普通です。
こうした電話対応に慣れている会社スタッフだと、カードローンやクレジットカードの契約だと察することはあるかもしれませんが、特定できないことなのでそれ以上は突っ込んできません。そもそもローンを利用するのは本人の自由であり、誰にも迷惑をかける行為ではないわけです。在籍確認を避けたがる申込者は多いですが、職場連絡でローンの利用が周囲にばれることはありません。それよりも書類関係の自宅送付、延滞に注意するほうがずっと重要な問題です。

借り入れできる上限は社会人よりも少なくなりますが、これは年収が少なくいためです。アコムは総量規制対象となるため、他社も含めて年収の3分の1までしか借りることはできません。例えば月収4万円、年収48万円という方なら、最高で16万円まで借りることができます。物足りないと考える方もいるでしょうが、年収の3分の1という上限は決して少なくありません。それは実際に返済するときになればよく実感できることです。お金は借りるよりも返すほうが難しいので、借り入れは年収の1~2割に抑えておくのが無難ではあります。年収48万円なら5~10万円くらいを希望すれば借りやすいし、返しやすいと言えるでしょう。
アコムは1~800万円の融資に対応していますが、限度額は必ず借りられる金額ではありません。限度額の範囲内において個別に利用枠が設定されていきます。金融機関は返済能力を見極めて融資額を決定しますが、初回融資のときは少ない金額になるのが普通です。多く借りることよりも、少なく抑えることを重視して借りてください。

学生がアコムに申し込みするときは、本人確認書類が必須です。最も身分証明として効力を発揮するのは運転免許証であり、住所・生年月日のほかに顔写真が記載されています。写真というのは強力な身分証明で、詐称をしにくいのが特徴です。運転免許証がない方はパスポート、個人番号カード、健康保険証、写真付きの住民基本台帳カードなどが利用できます。保険証を使用する場合は、公共料金の明細などの現住所が記載された書類も用意しましょう。学生証に関しては本人確認書類としては使えないので注意してください。
収入証明は50万円以下の借り入れだと不要なので、ほとんどの学生の方は用意しなくても借り入れできるでしょう。50万円超を借りるためには150万円超の年収が必要になりますし、社会人でも初回で50万円を借りるのは簡単ではありません。そのため学生は実質的に本人確認書類があれば申し込みすることができます。申し込み書類が少なく、融資まで早いのがアコムの魅力です。

計画的に使えばアコムは学生の強い味方

アコムでお金を借りる学生は、計画的に利用することを意識しておきましょう。最近のカードローンは無理な借り入れをしないように促すところが増えており、ご利用は計画的にというキャッチフレーズは聞いたことがある方も多いでしょう。計画的な利用というのは、無理なく返せる金額を借りるという意味です。毎月のバイト収入でいくらまで返済に充てることができるか把握しておきましょう。アコムは月3000円から返済できますし、随時返済にも対応しています。余裕があるときは多く返済すれば、総支払い額を少なくできるでしょう。
事前に返済シミュレーションをしておけば、自身の返済能力が見えてきます。実際の返済能力の8割程度の借り入れに抑えておけば失敗する可能性は小さくなります。ローンの返済は自分が思っているとおりに進まないことが多いので、余裕を持った返済計画を立てておくことが大切です。

アルバイトの人でも利用できる理由は、アコムが継続的収入に着目しているからです。学生のバイト収入はそれほど多くはありませんが、ローン審査における収入の安定性は金額だけでは決まりません。金額よりも毎月収入があることが大切であり、月に数万円でも収入があれば申し込みすることができます。借りる金額は少なく抑えるほどよく、自分の中で借り入れ上限を決めておくことも大切でしょう。
利用枠が20万円あるからと言って、20万円まで借りてしまう必要はありません。5万円あれば大丈夫という状況なら、5万円だけ借りておきましょう。財布にたくさんお金を入れているとリッチな気持ちになれますが、気持ちが大きくなると浪費してしまう可能性があります。浪費をしないためには少ない金額を借りて、次のバイト収入で完済するという借り方がベストです。

アコムを初めて利用する学生は、30日間以内に使い勝手を覚えてしまいましょう。30日間なら利息は発生しないので、借入分の返済だけになります。ATMでの借り方・返し方などを確認し、緊急時にすぐに利用できるようにしましょう。無理な借り入れをしないためには、最初の使い方が重要です。安全に利用している方ほど、借りる金額を抑えるのが上手で、短期返済を可能にしています。昔から男性より女性のほうがお金を借りるのが得意と言われますが、これは女性のほうが家計管理が得意なことに由来しているからかもしれません。
カードローンを安全に利用するには、ローンに依存しないことがポイントとです。お金がないときに重宝するアコムですが、借りることに慣れすぎるのはよくありません。口座にある自分のお金のような感覚になってしまうと、返済を忘れて借り入れを繰り返すことになってしまうかもしれません。必要なときだけに借りるようにすることで、借り入れ残高を抑えて短期完済が可能となりまます。

学生街には学生ローンを提供する金融機関が数多くありますが、使い勝手のよさは大手ローンにはかないません。昔の学生ローンは確かに金利が低いのが魅力でしたが、最近は普通のカードローンのほうが低金利であることも多いです。グレーゾーン金利が廃止されたことで、以前よりも金利が低く借りやすくなっているのです。昔は29.2%まで黙認されていましたが、今はどんなに高金利でも20.0%以下になっています。学生ローンと比較しても、アコムの3.0%~18.0%という金利はお得感があります。
学生ローンだと20.0%に設定しているところもあるので、そうしたローンよりアコムのほうがお得です。家族の同意なしで利用できますから、親にばれることもないでしょう。借り入れ・返済方法も複数用意されており、追加返済がしやすいのも特徴です。無利息期間も用意されるなど、一般的な学生ローンよりお得な条件で借りることができます。利用者の50%近くが審査にパスしている現実からも、学生にとって非常に借りやすいローンと言えるでしょう。