実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

アコムで返済の支払いを延滞してしまった!返済が遅れた場合の対処法

アコムに限った事ではありませんが、借り入れをした時は延滞をせずに利用するのが基本です。ただ、どうしても遅れてしまうことがあるでしょう。利用期間が長くなるほど、うっかり忘れるリスクは大きくなります。返済回数が増えるほど、たまに忘れてしまうのが人間というものです。
延滞は気づいた時点でアコムに連絡するのが基本で、これは返済できない場合にも言えることです。黙って支払いをしない状況は信用力を著しく低下させてしまい、今後の利用に影響が出てくる可能性があります。延滞をしないように工夫して借りることも大切であり、借りすぎの防止、借り方の工夫なども重要でしょう。

アコムは延滞しても柔軟

大手消費者金融の中でも、アコムは利用者にとって優しいのが特徴です。昔の消費者金融といえば1日延滞すれば叱られることが多かったものですが、アコムでは具体的にどうすればいいのかアドバイスをしてくれます。即日で取り立てが始まることはありませんし、職場連絡、裁判などの心配もいりません。うっかり忘れは誰にでもありえますから、ここは融通をきかせてくれます。

現在は法的に厳しい取り立てができない仕組みになっています。アコムが銀行系の消費者金融として生まれ変わったことも少なからず影響しているのでしょう。支払いを忘れても気づいた時点で連絡をすれば、返済額を確認してからどうしてください、などと具体的にアドバイスをしてくれます。昔の消費者金融で延滞したことがある方なら、その柔軟な対応に驚くかもしれません。銀行に匹敵するほど対応がソフトになっており、昔の消費者金融やサラ金のイメージはありません。

アコムは支払い忘れを回避するために、返済期日前にメール連絡をしてくれます。メールを見たら再度返済金が用意できているか確認してください。返済金が足りなくて支払いできない状況は避けましょう。支払いができなくなる理由は高い利息にあると考える方もいますが、金利や利息は借りる前に熟知しているはずです。返済不能になる理由は、ほぼ確実に借りすぎにあると言っていいでしょう。借りすぎなければコツコツと無理なく返済を続けられますから、契約段階での希望額設定は慎重に行ってください。

毎月の返済をスムーズに行っていても、月によっては返済が厳しくなることはありえます。そうした場合は返済額を調整するなどアコム側が工夫してくれます。返済相談・サポートは電話・会員ページ経由で行うことができるので、支払いが厳しくなったら相談をしてみましょう。プロの意見を聞いた上で今後のことを考えるのは有意義なことです。

延滞を防ぐためには返済能力を毎月1回はチェックすることが大切です。収支のバランスは月によって変動しますから、返済能力も変わってくるわけです。毎月シミュレーションをしておくことで、借りすぎの状態にいち早く気づくことができるでしょう。借りすぎと感じたら追加融資を避けて、返済金を捻出するために節約するなど工夫することも大切です。借金を借金で返済するという状況は避けるようにしてください。

とにかく遅れたらすぐに連絡!

カードローンの返済に遅れたら、何よりもすぐに連絡することが大切です。返済をしたと勘違いしていたけど、実は返済していなかったという話はよくあることです。アコムへの支払いを忘れた場合は、気づいた時点ですぐに連絡・返済をしてください。アコムへの連絡方法は、アコムの総合カードローンデスク、会員ページ、アコムプッシュホンサービス24の3つがあります。

最も確実なのはフリーダイヤルのアコム総合カードローンデスクに連絡する方法です。なぜ支払いが遅れたのか理由を話して、いつまでに支払いできるのか伝えておきましょう。全額の支払いが厳しいのならば、可能な金額を伝えてください。連絡をせずに返済額が少ないという状況になれば、アコム側から確認の連絡がくることになるため、自分から伝えておくことが大切です。

会員ページから手続きする場合は、ログインをしてお知らせ一覧のお支払期限日の項目から行います。電話連絡の場合は1回のやり取りで終了するのが普通ですが、会員ページから連絡した場合は確認電話がアコムからくることがあります。

プッシュホンサービス24は24時間の対応をしているフリーダイヤルの音声ガイダンスサービスです。カードローンデスクの対応は平日の9時~18時となっているため、対応時間を過ぎている場合に役立ちます。音声ガイダンスを聞きながら返済日を指定しますが、会員ページから手続きする場合と同じく翌営業日にアコムから連絡が入ることがあります。

アコムの支払いを延滞すると、遅延損害金が発生するので注意してください。これは利息に加算されるので延滞するほど支払い総額は増えてしまいます。延滞をすれば信用力を落としますし、金銭的にもデメリットがあるわけです。具体的な返済額についてはアコムのオペレーターが教えてくれます。延滞が長引くほど遅延損害金は大きくなるので、1日でも早く入金するようにしましょう。延滞期間が長くなるほど信用力を落とすことにもつながります。

コンビニATMや銀行振込による支払いに関しては一定の手数料が発生するので注意してください。店頭窓口、アコムATM、インターネットバンキングなどの方法は手数料がかかりません。ローンの手数料は何度も支払っていると無視できない金額になるので、手数料ゼロの方法で支払いすることをおすすめします。

返済を放置しているとどうなる?

カードローン契約は利用者と金融機関の信用のもとに成立しています。担保・保証人なしで借り入れできるからこそ、個人の信用力を重視されるわけです。1日くらい大丈夫という考えが染みついてしまうと、延滞を繰り返すことになりかねません。

返済日に遅れると延滞1日目から遅延損害金が発生しますし、追加で借りることができなくなります。延滞が1週間を超えると電話やハガキ・メールなどによる催促が始まります。さらに延滞が2~3ヶ月を超えると、取り立てが本格的に開始され、督促状が自宅に送付されます。個人信用情報機関にも履歴が残るので、何もよいことはありません。さらに延滞が継続した場合は、全額返済を迫られたり、財産を差し押さえられたりします。延滞をして損をすることはあっても、得をすることは一つもありません。

アコムで支払いに遅れると、1日目から遅延損害金が発生します。20.0%という高い利率が設定されているので、延滞するほど借金が膨らんでいくわけです。借金の返済不能になる方の多くは利息・延滞金が膨らんでいます。返済できない状態で延滞金が発生すれば、さらに返済は困難になるでしょう。例えば借り入れ残高50万円で15日間の延滞をすると、延滞金だけで4000円を超えてしまいます。

支払いが3ヶ月以上遅れるとブラックリストとなり、今後の取引は非常に難しくなるでしょう。信用力が著しく損なわれている状態であり、金融機関から要注意人物というレッテルを貼られています。アコム側としてもリスクの高い人間に対して融資をしようとは考えないでしょう。ブラックになると最長5年間はアコムはもちろん、他社のカードローンやキャッシング、住宅ローン、クレジットカードの利用もできなくなります。携帯の分割払いも不可となるなど、日常生活において大きなデメリットとなるでしょう。

アコムのローンは担保が不要ですが、延滞を続けると法的手段を迫られることになります。一括請求をされるようになったら要注意で、それでも延滞すると財産を差し押さえられることになります。アコムは職場ばれしないように配慮してくれるローンですが、給料差押さえとなれば100%ばれることになるでしょう。債務整理をしなくてもブラックに登録されることになるので、延滞をしない借り方をすることが大切です。初回・追加の借り入れを問わずに、借りる前に返済できるのか収支のバランスをチェックしてください。

延滞を未然に防ぐ方法

アコムは利用者にとって優しいローンで、返済相談にも応じてくれます。一般的にカードローンの毎月返済は元金と利息を合わせたものとなりますが、アコムは利息だけの支払いにも対応してくれます。元金の返済が厳しいという方は、利息以上の金額を支払いすれば翌月にジャンプできるわけです。返済額が少なくなった分は、余裕のあるときに追加返済をして挽回することができます。
返済が厳しくなったらまずは相談をして、それから今後の借り方について考えていきましょう。借りすぎをすれば返済が逼迫するのは当然のことです。なぜ返済困難に陥るのか考えてみれば、その理由のほとんどは借りすぎだと気づくでしょう。安全にアコムを利用するためにも、返せる分だけ借りるように常に意識してください。自身の返済能力を把握できるのは自分以外にはいません。

アコムには便利なメール通知サービスが用意されており、返済日の3日前・当日・延滞後にメールで連絡をしてくれます。事前にeメールサービスに登録することで利用可能となります。うっかり忘れは誰にでもありえますが、遅延損害金が発生してしまう状況は避けるべきでしょう。利息とは別に加算されるので、あっという間に借金が増えてしまいます。サービスの利用は簡単で、会員ページのeメールアドレスの項目にメール登録をすればOKです。

延滞を確実に防ぎたい方は、自動引き落としを設定しておくとよいです。毎月コツコツとATM返済するのは意外と大変なことで、忙しいとうっかり忘れてしまうこともありえます。借り入れ先が多いという方なら、さらに忘れやすくなるはずです。口座引き落としは最も延滞するリスクが少ない方法であり、口座に返済金を残しておくだけなので楽です。給料日から返済日までが離れすぎていると、自分で口座から出金してしまう可能性があるので、この点だけは注意してください。

カードローンは利用期間が長くなるほど甘えが生じやすく、気持ちの緩みから支払いが遅れてしまう可能性が大きくなります。半年、1年と継続利用をしている方でATM返済をメインにしているなら、ぜひとも口座引き落としによる支払いをおすすめします。延滞をせずに利用することは信用力の向上につながり、将来的に今より有利な条件で契約できる可能性も高くなるでしょう。他社のカード契約をするときも審査に影響しますから、延滞をしない借り方を意識してください。