実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

アコムで無利息期間中に一括返済をする方法

アコムでは初回の借り入れにおいて30日間の無利息が適用されるので、期間内に全額返済すれば利息はゼロとなります。無利息残高も設定されており、1000円未満の借り入れにおいては利息は発生しません。ATMで端数返済ができないため、こうした優遇措置が用意されているわけです。
全額返済する方法は店頭窓口のほかネット、銀行振込などの方法があるので、都合に合ったものを選んでください。早期の完済をすれば利息を節約できるので、無利息期間中の一括返済を意識して借りるとよいでしょう。早期完済の習慣を身につけておけば、今後のカードローン生活でも役立つはずです。

少ない額の借入に最適!

アコムの魅力は無利息期間が30日間用意されており、期間内に一括返済すれば利息が発生しないことでしょう。本来は日割で利息が発生しますが、初回契約においては30日間無利息サービスが適用されます。31日目から利息が発生するので、30日間で返済できるように工夫して借りるのがおすすめです。返済期間が長引いてしまう理由は借りすぎにあるため、30日間以内で返済できる金額を試算しておくといいでしょう。一番確実なのは次回の給料で一括返済をする方法です。

お金は予測できないタイミングで突発的に必要になることがあります。生きている限り、何をするにしてもお金が必要になるので、これは仕方のないことでしょう。病気・怪我を保険治療できる場合でも、保険がおりるまでに建て替える必要があったりします。クルマの故障、冠婚葬祭、パソコンのトラブル、旅費の確保などなど、今日中にお金を借りたいという状況は多々あるはずです。こうしたときに役立つのがアコムのローンで、給料日までの建て替えとして借りることができます。

給料日まで待つという方もいるでしょうが、モノやサービスによっては間に合わない可能性もあるでしょう。手持ちのお金がないことで、安売りしている商品を購入できない場合もありえます。今現在においてお金がないことで、チャンスを逃してしまうケースはよくあることです。アコムのローンなら即日で借りることが可能なので、今すぐ現金が欲しい状況でも対応してくれます。

30日間で一括返済することを考えれば、借り入れ額は少ないほうが好ましいです。あまりに高額になると返済回数が2回以上になる可能性があるので、借り入れする金額としては5~10万円程度が好ましいと言えます。次の給料日で完済すれば利息はゼロとなり、借りた金額だけ返済すれば問題ありません。親・友人から借りるという方法はトラブルの原因になるので避けたほうが無難です。親しい間柄だからこそお金のことで揉めると修復が困難になってしまいます。アコムのローンなら返済期日を過ぎなければ、催促されることはありません。

残高が1000円未満でも無利息になります

アコムを利用して便利だと感じるのが無利息残高の設定です。30日間の無利息が終了すれば、本来の利息が適用となり、実質年率により日割計算で利息が発生します。利息は数十円といった端数が発生するため、350円などの残高になることもあるでしょう。アコムでは1000円未満の残高になったとき、無利息残高としています。1円~999円の残高に関しては、利息が発生しませんし返済期限も定められていません。ATM返済をしていると端数が発生することが多いので、無利息残高の設定は非常に助かります。

ATM返済は1000円単位となっており、例えば350円の残高をATM返済することはできません。こうした場合は完済とみなされるため利息は発生しないわけです。放置しておいても借金が膨れ上がることはないので心配はいりません。残高は利用するたびに明細をチェックして確認しておきましょう。

無利息残高の返済が必要になるケースは、アコムの解約をする場合です。解約して今後は利用しないという状況なら、端数の金額もあわせて返済する必要があります。アコムは完済をしても解約手続きをしない限りは契約中だとみなされます。契約をしている以上は利用件数にカウントされるので、他社の多目的ローンや住宅ローンの契約をされる方は、利用していないローンを解約しておくのが好ましいでしょう。借り入れ件数は少ないほうがローンの審査で有利になるので、今後利用する予定がなければ解約するのが得策です。

ATM返済をしていると端数が発生するので、例えば残高1350円の状況で2000円を返済してしまうというケースもあるでしょう。この場合は650円を余分に返済したことになり、この分がマイナス残高となります。利用者がアコム側に貸しつけているような状態になり、これはアコムの店舗、または電話連絡して口座振込などの方法によって返還してもらうことが可能です。マイナス残高にしたくない方は、無利息残高になるように返済額を調整しましょう。

返済額を確認する方法

理想的な返済は一括返済であり、利息を抑えることができますし残高も把握しやすくなります。アコムで一括返済を希望する方は、店頭窓口、アコム会員ページ、銀行振込などの方法が用意されています。無利息残高も全額返済したい、住宅ローンを利用するのでアコムを解約したい、といった方は全額返済を考えてみましょう。返済額はアコム会員ページ、またはアコム総合カードローンデスクから確認ができます。いつまでに一括返済をするのか決めておき、その旨を伝えるようにしてください。全額返済の方法は店頭窓口、ネット、銀行振込などの方法がありますが、解約をするには店頭窓口で手続きをするしかありません。

最寄りにアコムの店舗がある方は、店頭窓口で一括返済をするのがおすすめです。1円単位で返済ができますし、その場で解約手続きもできます。解約においては運転免許証などの本人確認書類、アコムローンカードが必要となります。むじんくんは申し込みするときに使えますが、解約や全額返済には対応していません。

解約は少し先になるけど、利用残高を全額返済してしまいたいという方はインターネットが便利です。アコムの会員ページにログインをして、インターネットでのご返済の項目から返済金額・金融機関選択をして手続きしてください。手数料も発生しないので無利息残高が気になる方はネットで一括返済をしてしまいましょう。ネットバンキングと契約していない方は、契約後に利用をしてください。

ご利用中の金融機関から振込返済することも可能ですが、振込手数料が発生します。解約をするつもりがあるなら、アコムの店舗で全額返済・解約手続きをまとめて行ってしまうのがおすすめです。振込手数料は216円などの設定が一般的で、消費税までかかってしまうのが現実です。少額の借り入れにおいては、利息よりも振込手数料のほうが大きくなるケースもあるでしょう。銀行振込による返済は、基本的に特別な理由がなければ行わないのが普通です。なお銀行振込で返済する場合、アコムから専用振込用口座が設定されます。

余計な利息を減らすなら全額返済が良い!

上手にローンを利用するには利息を減らしていく工夫が必要となります。返済回数を長期化すれば返済は楽になりますが、比例するように利息は大きくなるでしょう。利息の節約をするためには、常に一括返済を意識する借り方がおすすめです。30日間の無利息期間内に全額返済すれば利息はゼロとなります。借りた金額だけを返せばいいので、利息の計算をする必要はありません。10万円借りたなら10万円だけ返せばいいわけです。

給料日が1週間後だけど、それまで待てないという状況はよくあることです。待つことで商品やサービスが売れてしまう可能性がある状況なら、アコムで借りてしまうのが理想でしょう。次の給料で一括返済をすれば利息は発生しません。無利息期間を過ぎると利息が発生しますが、一括返済すれば利息は少なく抑えられます。利息は借りた金額のほか、返済期間で大きく左右されます。短期返済する習慣を身につけることが、お得にローンを利用する基本です。

アコムを今後も継続利用するなら、無理をして全額返済をする必要はありません。無利息残高の端数が残っているなら、そのまま放置しても問題ないです。ただし解約する場合においては、たとえ残高が1円でも返済する必要があります。解約をする場合は本人確認書類とアコムカードが必要になるので、忘れずに店頭窓口に持参してください。解約については窓口以外では行うことができません。

今後もアコムを利用する可能性があるなら解約はしないほうが無難でしょう。解約をしてからすぐに借りたくなるケースはよくあることです。初めてお金を借りるときの理由も、クルマの故障、突然の怪我などの突発的なものが多く、解約後にこうした状況が発生しないとも限りません。解約をしたほうがいい場合は、他社のカードローンや住宅ローンの利用をする場合です。アコムの解約をしない限りは、残高が0円でも利用しているとみなされます。他社借り入れ件数は借り入れ残高の有無にかかわらずカウントされます。