実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

「審査に落ちた」は都市伝説?アコムの審査は甘い?厳しい?

アコムの審査に落ちたという話を聞いて、なんとなくアコムの審査は厳しいというイメージを持っている方もいるかもしれません。ですがアコムの審査に落ちたという話を聞いたことがあったとしても、決して落ちた方が多いとは限りません。。実はアコムの審査通過率は、大手消費者金融カードローンの中でもトップクラスです。その審査通過率は2016年の8月のデータでは48.2%です。審査通過率というのは、その名前からわかる通り、審査に申し込んだ方のうちの何%が審査を通過できたのかという割合を数値化したものです。アコムでは2人に1人は審査を通過していることになるので、落ちた方が多いというわけではありません。ではアコムの審査では、どのような特徴があるのでしょうか。

最低限満たしておくべき申込み条件

アコムの審査通過率が高いといっても、とりあえず申し込めば審査に通過できるわけではありません。最低限満たしておくべき条件が存在していて、その条件を満たしていないことが原因で審査に落ちたという方も多くいるのです。そこで審査に申し込んだ結果、落ちたということを防ぐために、最低限どのような条件を満たしておく必要があるのか把握しておきましょう。
アコムの場合、審査に落ちたという結果を防ぐために、最低限満たしておかなければならない申し込み条件は2つ存在しています。1つめの条件というのが、申し込み資格を満たしているのかという点です。2つの条件を満たしている方であれば、審査に落ちるという結果を招くようなリスクをずっと下げることができます。
ここで問題になるのが、アコムにおける申し込み資格が何なのかということです。その申し込み資格というのは、年齢と収入の問題です。年齢の場合、アコムのホームページを確認すると20歳以上と記載されています。しかしアコムに電話で問い合わせを行った場合、70歳以上の方は申し込めないという回答を得られます。つまりアコムに申し込みできるのは、20歳以上70歳未満の方です。未成年の方は審査に落ちたという結果になってしまうので、20歳になってから申し込むようにしましょう。
対象年齢かどうかだけではなく、審査で落ちたということがないようにするためには、収入の問題について考えることを忘れてはいけません。カードローンの利用はお金を借りるだけではなく、返済するまでが1セットです。そのため返済能力がないと思われた方は、お金を借りられません。そして返済能力があるか判断される基準となるのが、安定収入があるのかという点です。安定収入と聞くと、正社員の方で、月に20万円以上の収入がある方しか申し込みできないと思う方もいるかもしれません。ですが実際には、月に数万円の収入であるパートやアルバイトの方にも申し込み資格はあります。なぜ月に数万円しか収入がないパートやアルバイトの方であっても、審査の対象となるのでしょうか。その秘密は、アコムの最低返済額に存在しています。アコムでは、月々の最低返済額が3000円です。そのため月収5万円の方であっても、月に3000円の返済なら負担が少なくて済みます。返済の負担が少なければ、延納のリスクが減るため、審査の対象としてもらえるのです。ただし年金受給者は、月に数万円の年金を受け取っていても申し込みができないので注意しましょう。
そして2つ目の申し込み条件となるのが、ブラックリストに載っていないことです。ブラックリストに載っているということは、信用情報に事故記録があることを意味します。この信用情報には、過去に利用したローン商品やクレジットカードの記録が残っています。そしてローン商品やクレジットカードの利用状況によっては、事故記録が残ってしまうのです。事故記録として残るケースには、返済や支払いを3ヵ月以上延滞や滞納をした経験がある、債務整理や自己破産をしたことがあるといった点が挙げられます。またローンの利用停止や強制退会となった経験も、事故記録に残るケースの1つです。このような例を見ると、普通にカードローンを利用しているだけでは、事故記録には残らないことがわかります。カードローンを利用した経験があったとしても、3ヵ月以上滞納するというようなことがなければ、ブラックリストには載りません。1週間滞納してしまっただけでも、ブラックリストに載ってしまうのでは?と心配する方もいるかもしれません。ですが1週間くらいなら事故記録として残らないので、審査に落ちたという結果につながることはありません。ここで注意するべき点が、アコム以外のカードローンの返済が滞っている状態で申し込むと、落ちたという結果を招きやすいという点です。

アコムの審査項目をチェック!

アコムの審査で落ちたと結果が出てから後悔することがないように、申し込み条件さえ押さえておけば大丈夫かというと、そうとは限りません。最低条件というのは、あくまで審査を通過するか落ちたかという結果の分かれ道です。実際にカードローンを利用する場合、5万円だけ借りたいというより、数十万円借りたいと考えて利用する方が多くいます。そのため落ちたかどうかという結果だけではなく、いくら借りられるのかという点について考えるのも忘れてはいけません。申し込み条件を満たしているだけでは、審査に落ちたということは防げても、借りられるお金は最低額という例も見られます。審査の結果、できる限り多くのお金を借りられるようにするためには、審査項目に注目することが大切です。各審査項目で良い評価を得られれば、審査に落ちたという結果を防げるだけではなく、より多くの額を借りらえる可能性を増やせます。審査項目で良い評価を得られれば、アコム側に返済能力が高いと判断してもらえることにつながります。返済能力が高い人ほど、多くのお金を貸してもらえる可能性が高いのです。
例えば審査項目におけるポイントの1つが、雇用形態です。雇用形態に応じて、収入の安定性が変わってくるので、審査において重要な意味を持ちます。正社員の方であれば、いきなり失業するリスクも低いので、安心してカードローンを申し込める可能性が高まります。一方で自営業や個人事業主の方は、収入が安定していると判断される可能性は低いです。ですが自営業の方であっても、ほかの審査項目で挽回できるチャンスがあります。
雇用形態が安定していないパートやアルバイトの方であっても、勤続年数で高評価が得られます。勤続年数は、長ければ長いほど高評価です。年収が低い方であっても、同じ職場でずっと働いている方であれば、仕事が安定しているとアピールできます。特に3年以上、1つの職場で働いている場合には、審査でかなりのポイントを得られます。
年収が低いパートやアルバイトの方でも申し込めるとしても、年収が審査項目において大きな影響を与えることは変わりません。年収が多ければ多いほど、自分は返済能力が高い人だと証明することができます。この年収に関する基準というのは、アコムが独自に決めているものではありません。実はカードローンは総量規制が存在しているため、年収の3分の1までしかお金を借りられません。つまり年収が増えれば増えるほど、3分の1の上限金額が高くなるため、多くの額を融資してもらえる可能性を挙げられます。ただし年収が低い=審査に落ちたではなく、あくまでいくらお金を借りられるのかという基準であることを把握しておきましょう。実際にアコムを利用している方の22.9%は、年収が200万円以下の方です。年収は審査に落ちたかどうかではなく、最高でいくら借りられるのかという目安と考えるのも1つの手です。
どこに住んでいるかは、アコムの審査に関係ないと思っている方もいますが、そのようなことはありません。実は居住区分によっても、借りられる額に変化が生まれます。例えば賃貸マンションに住んでいるよりも、自己所有の物件で暮らしているほうが高い評価が得られます。これは、返済トラブルが起きたときに、自己所有物件で暮らしている方のほうが、連絡が取れなくなるリスクが低いからです。さらに社宅に住んでいる方は、社宅がある大手企業に勤めているとの評価から、ポイントがプラスされます。また賃貸物件で暮らしている方でも、居住年数次第でプラスポイントが得られます。例えば1つの賃貸物件に3年以上暮らしているということは、3年以上家賃を払ってきたから返済もできるという返済能力の証明にもなります。
このほかにも扶養家族の人数や、他社の借り入れ状況などによっても、審査の結果で借りられる額に変化が生まれます。

アコムの審査を有利にするポイント

では審査に落ちたという結果を防ぎ、アコムの審査で有利にするコツは存在しているのでしょうか。実は大きく分けて4つのコツが存在しています。コツといっても難しいことではないので、事前に確認して、少しでも好条件で契約ができるようにしましょう。ちょっとした不注意で、借り入れできる額が減って、損をする方もいます。そのようなことを防ぐためにも、以下の4つのコツを実践することが大切です。
まず1つ目のコツとして大切なのが、使っていないローンの解約です。財布を開いてみると、今は使っていないカードローンやクレジットカードを持っているという方も多くいるのではないでしょうか。使っていないのだから審査には関係ないと判断する方もいますが、そのようなことはありません。たとえ今は使っていない他社のカードローンであったとしても、返済に支障が出る可能性を警戒されます。使っていないカードローンでも、お金は借りられる状況なので、アコム以外からも借入ができ、複数の返済を抱える可能性もあると判断されるのです。そのようなことを防ぐために、使っていないカードローンやクレジットカードは、申し込む前に解約しましょう。申し込む前に解約しておくことで、信用情報には、ローンを完済したという記録が残ります。完済したということは、アコムを利用しても同じように完済してもらえる可能性が高いという判断材料になります。そのため、審査で高い評価を得られる可能性が高まります。
次のコツとしてあげられるのが、同時に申し込むローンの数です。確実にカードローンの審査に通るために、アコム以外のカードローンへ同時に申し込む方もいます。ですが複数のカードローンへ同時に申し込んだ方は、審査をすればすぐにわかることです。一度に複数のカードローンへ申し込むことは、自分はお金に困っているとアピールするようなものです。お金に困っている=返済が滞る可能性が高いとのアピールになってしまうので、自ら審査に落ちる可能性を高めてしまいます。審査を通過する可能性を高めたいと考えているのであれば、アコムだけに絞って審査の結果を待ちましょう。
そして当たり前のようで忘れてはいけない大切なコツが、申し込み情報を正確に入力することです。正確に書くのは当たり前と多くの方が思うかもしれませんが、当たり前のことでも間違える方がいるのです。もし入力情報に誤りがあると、嘘をついたと思われがちです。たとえ間違いであったとしても、嘘をついたと判断されると評価がマイナスになってしまうので注意しましょう。もちろん、意図的に収入を少し多く書くなどのことも絶対にやってはいけません。嘘を書いても、審査で必ずばれます。アコムにおけるインターネットの申し込みフォームは、入力しやすいように工夫されています。その見やすさを活かして、しっかりと確認をし、入力ミスを防ぎましょう。
最後のコツとなるのが、在籍確認の対策です。在籍確認では、自分が会社に勤めていることを証明する必要があります。証明といっても、アコム側から会社に電話をかけてもらって、自分が勤めていると判断してもらうだけでOKです。職場に電話をかけられるのが嫌な方は、社会保険証などの書類を提出して、電話の代用とすることも可能です。在籍確認の電話といっても、時間がかかるものではありません。早ければ1分以内の通話で終了します。ですが電話をかけても誰も出ない、本人が勤めているか確認できないなどの理由で、審査に落ちる方もいます。自分の会社に電話をしてもらっても、自分が勤めている部署に電話をしてもらわないと、在籍確認にならないかもしれません。スムーズに自分の職場に電話してもらうことで、在籍確認のリスクを減らせます。アコム側には、自分が働いている職場に一番近い番号を伝えることが大切です。

準備を万全にしてアコムの審査に臨むべし!

アコムの審査に落ちたという話を聞くと、申し込んで大丈夫なのかと不安に思う方もいるかもしれません。ですがアコムのカードローンでは、2人に1人は審査に通過しているのが特徴です。審査通過率も業界トップクラスとなっているので、比較的審査に通りやすいカードローンです。そのため審査に対してきちんと対策を行っていれば、カードローンの審査を通過できる可能性が高くなります。
そこで最初のポイントとなるのが、アコムの審査における申し込み条件を満たしているのかという点です。例えば申し込み条件には、年齢的な基準もあります。社会に出て働いている方であったとしても、未成年の方は、申し込み条件を満たしません。アコムの審査に申し込めるのは、20歳以上70歳未満の方です。そして年齢条件だけを満たせばいいわけではなく、年収も申し込み条件に関わる要素の一つです。アコムの場合、月に数万円であったとしても、収入があればパートやアルバイトの方でも申し込めます。さらにブラックリストに載っていないことも、審査を通過するために忘れてはいけない条件です。ブラックリストに載っている方は、過去にカードローンなどの返済を3ヵ月以上延滞もしくは滞納した経験がある方、もしくは自己破産の経験がある方などです。そのような条件に当てはまっていなければ、ブラックリストに載ってはいません。例えば20歳以上70歳未満の正社員で、過去に延滞の経験がない方がいるとします。そのような方であれば、審査を通過するかどうかを心配する必要はほとんどありません。
アコムの審査で忘れてはいけないのが、審査を通過するかどうかと、お金を借りられる額は別という点です。申し込み条件を満たせば審査を通過できる可能性は高くなりますが、申し込み条件を満たしているだけでは、借りられる額は少ないかもしれません。いくつか存在している審査項目で高い評価を得ることで、実際に借入できる金額を増やせます。審査項目には職業や年収などの条件のほかにも、居住地に関する項目も含まれます。例えば職業の場合、パートやアルバイトなどの非正規雇用の方よりも、正社員のほうが安定している職業だとみなされます。正社員の方はいきなり失業するリスクが低いので、高い評価を得て、借りられる金額が増える可能性が高いのです。ですが雇用形態だけではなく、雇用期間も審査に影響するポイントの1つです。パートやアルバイトであっても、1つの職場に3年以上勤務しているのであれば、高い評価を得られます。一方で居住地については、賃貸物件で暮らしている方よりも、自己所有物件を持っている方のほうが、審査において有利になります。
できる限り多くのお金を借りたいと思っていても、審査項目におけるポイントである職業や居住地をすぐに変えることは簡単なことではありません。そこでアコムの審査を有利にするポイントについて把握しておきましょう。例えばアコムの申し込みを検討しているときに、今は使っていないカードローンやクレジットカードを所有している方もいるかもしれません。そのような方は、申し込みを行う前に、使っていないカードローンを解約しましょう。解約しておけば、過去に完済したローンがあると信用情報に記載されるため、審査での高評価につながります。また当たり前のことですが、申し込み時の入力内容に注意することも忘れてはいけません。内容に誤りがあると、嘘をついたと判断されます。嘘をついていると思われると信用されなくなってしまうので、よく確認することが大切です。事前にしっかりと確認すれば、審査に落ちるリスクを減らせるだけではなく、借り入れの金額を増やせるかもしれません。自分のミスで審査結果に後悔しないように、しっかりと準備をしてアコムの審査に臨めるようにしましょう。