実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

アコム申し込み前の必要書類は簡単!50万円未満なら収入証明書不要!

消費者金融大手のアコムへの申し込みに関しては、必要書類の提出をしなければなりません。とはいえアコムへの申し込みの際に提出する必要書類は、どれもすぐに準備できるものばかりですので、それほど気にする必要はありません。アコムへの申し込みの際の必要書類は、借入希望額が50万円未満の場合は、本人確認書類のみで、借入希望金額が50万円以上の場合は本人確認書類と収入証明書が必要です。どちらの場合にも言える事ですが、必要書類は必ず有効期限と発行年月日を確認してから提出しましょう。本人確認書類とは運転免許証などの事を指しますのですぐに準備できると思います。

本人確認書類だけで申し込める借入もある

アコムへの融資の申し込みで借入希望額が50万円未満であれば、必要書類は本人確認書類のみ準備すれば大丈夫です。収入証明書となるとなかなかすぐに準備できるものではありませんので、できる事なら本人確認書類を用意するだけで申し込みをしたいものです。必要書類としての本人確認書類の中で一番良いのは運転免許証で間違いありません。顔写真が載っており、住所や生年月日など確認に必要な情報が全て記載されていますので、信用の面でも運転免許証が一番です。運転免許証は常に携帯している事が多いと思いますので、運転免許証が手元にあり、借入希望金額が50万円以下であればすぐにスマートホンやパソコンから申し込みをする事ができます。ここで少し注意しなければならない事は、既に他社から借り入れがある場合です。アコムでの借り入れ総額が50万円未満であっても、他社から借り入れがあり、アコムとの合算総額が50万円以上になる場合は収入証明書の提出が必要になりますので気をつけなければなりません。必要書類として最も有効な書類は運転免許証ですが、運転免許証を持っていない方もおられると思います。そのような方は、運転免許証以外の書類で問題ありません。この場合、顔写真付きの書類が望ましく、顔写真付きでない書類の場合は合わせて現住所のわかる書類が必要になります。提出書類を2つ用意しなければならなくなるのも面倒なので、できれば顔写真付きの書類を用意しましょう。アコムで提出できる必要書類のうち、顔写真が付いているものは、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カードです。各書類は提出する際に注意が必要なので、それぞれ説明します。まずパスポートですが、顔写真付きの本人確認書類として有効な書類です。しかしパスポートは、住所が現住所とは違う場合が多いので、提出する際は必ず確認をしましょう。次に個人番号カードです。個人番号カードも有効な書類ですが、法律で個人番号カードの裏面はコピーしてはいけない事になっていますので提出する際は、裏面が隠れるようにしなければなりません。最後に住民基本台帳カードですが、住民基本台帳カードは顔写真が付いていない場合もありますので、必ず顔写真付きである事を確認して提出しましょう。外国籍の方は、追加書類として在留カード、特別永住者証明書、外国登録証明書などが必要になります。本人確認書類として有効なものの主流として以前なら運転免許証、パスポートと並んで健康保険証がありました。しかし、2016年10月1日に施行された犯罪収益移転防止法の改正によって、保険証などの顔写真が載っていない本人確認書類に関しては、現住所がわかる書類の提出が必要になりました。その為、保険証を必要書類として提出する場合は、住民票の写しや公共料金の領収書、納税証明書等の提出が必要になります。ここでも注意しなければならない事があり、どの書類も発行日、領収日が6か月以内であることが条件となります。ここまで紹介した必要書類は、申し込みの際にすぐに用意できなくても申し込み自体は行う事ができますので、仮審査の結果が出てから用意しても問題ありません。

収入証明書が必要な借入

アコムの場合、借入希望額が50万円を超える場合には、本人確認書類とは別に収入証明書を提出しなければなりません。収入証明書が必要書類な理由としては、申し込み者の返済能力を測る意味合いがあります。収入証明書とは、源泉徴収票、給与明細書、市民税や県民税決定通知書、所得証明書の事を指し、この中の一つのコピーが必要になります。一番信用される書類が源泉徴収票です。源泉徴収票は、所得額や納税額など申込者の収入面の情報が詳しく記載されており、必要書類としては源泉徴収票が最も有効です。アコムに提出する際は、最新のものを用意しましょう。源泉徴収票とは、勤務先から配布され、時期は1月末です。もし手元にない場合は、勤務先の総務や人事に依頼する事によって再発行が可能です。近々で転職をした場合は、前の勤務先に連絡、依頼をしなければなりません。直近の源泉徴収票が用意できない場合は、直近1か月分の給与明細書を必要書類とする事もできます。給与明細書を必要書類として活用するには、必要な項目が記載されていなければなりません。申込者の氏名、発行年月、勤務先または発行先、月収、住民税の記載がなければ受け付けられません。また、勤務先の社判や社印も記載がなければなりません。給与明細書を紛失してしまった場合には、勤務先の給与担当部署に依頼すれば再発行してもらえます。源泉徴収票や給与明細書が準備できない場合に提出が可能な必要書類としては市民税や県民税額決定通知書、所得証明書があります。どちらの場合も最新版である事を確認しましょう。市民税や県民税額決定通知書は毎年5月から6月の間に勤務先から受け取る事ができますが、他の書類とは違い再発行が不可能ですので、紛失している場合は、他の必要書類を用意しましょう。所得証明書は、住民登録をしている市町村から毎年6月に発行されますが、紛失してしまった場合は市役所や区役所などのホームページから申請書をダウンロードし身分証明書を持参して申請しましょう。市役所や区役所の営業時間内であれば、所得証明書はすぐに発行する事ができますが、その際に手数料などがかかりますので注意しましょう。所得証明書をアコムへの必要書類として提出する際には個人番号が記載されている場合があり注意が必要です。マイナンバー制度が始まり、全国の市町村で運用が開始されていますが、その様式は各自治体で任されている部分が多く、市区町村で発行される書類には個人番号が記載されている場合があります。個人番号カードをアコムに必要書類として提出する場合以外は、必ず個人番号をシールなどを張る事など隠す処理を行ってから提出をしましょう。借入希望額が50万円未満にもかかわらず、アコムへの本人確認書類以外の必要書類の提出が必要になる場合で一番多いのが、やはり他社の金融機関からの借り入れがある場合です。例えば他社から既に20万円の借り入れがある場合に、アコムで新規に申し込みをする場合には、希望限度額が30万円を超えると収入証明書等の提出が必要です。

しっかり確認してから申し込もう!

ここまで紹介してきたことは、アコムに申し込みを行う際に必ず確認をしておきたい事です。本人確認書類の用意は決して難しいものではなく、簡単に用意できるものばかりです。ただ顔写真付きでは無かったり、現住所が違う書類の場合は、合わせて現住所がわかる書類の提出が必要なので準備しましょう。収入証明書などは、各市区町村の役所や勤務先に依頼して発行してもらわなければならないので、時間効率を考えるとできるだけアコムへの必要書類としては本人確認書類だけで済ませておきたいところです。大手の消費者金融会社の中でもアコムに関しては、初めてカードローンの利用を考えておられる方におすすめの会社と言えます。その理由として、審査通過率の高さがあります。初めてアコムに申し込みをした方の2人に1人は審査に通りますし、初めて利用する場合30日の無利息期間があったり、急いで利用したい方には即日融資が可能になっていますので、利用しやすいカードローンです。多くのカードローンの中からどの会社を選ぼうか迷っているならアコムを選択肢に入れて間違いはありません。アコムが選ばれる理由をまとめると、新規申込者の審査通過率が平均で48.4%、即日融資に対応しており、夜21時までの申し込みで特典が得られることがあり、30日間の無利息期間を設ける事によって、借入から1か月以内に返済すれば、返済総額は元金のみで済む事です。また返済額に関しても月々3000円から可能で、無理なく返済をすることができます。アコムのカードローンの申し込みは店舗、無人契約機、インターネットから可能です。特にWEB申し込みの場合は、スマートホンがあれば、必要書類などはカメラ機能を利用して提出が可能ですので、より簡単に申し込みから審査、契約までを行うことができます。アコムのカードローンについて、少し詳しく紹介しておくと、金利は3.0%から18.0%、最大借入可能額は800万円です。審査時間は最短で30分、勤務先への在籍確認に関しては申込者との相談によって決定します。学生の利用はできますが専業主婦の方の利用はできません。即日融資の対応もしっかりとしており、土日であっても可能になっています。基本的な申込み条件としては、年齢が20歳から69歳までの方で、安定した収入と返済能力が確認できる方となっています。アコムを利用する際に注意しなければならない事の一つに総量規制があります。総量規制とは、消費者金融のカードローンを利用する際に、年収の3分の1を超える借り入れをする事ができない法律の事です。これは、アコムからの借入額に限らず、他の金融機関からの借入額の合算額となります。例えば300万円の年収がある方が、アコム以外から50万円の借り入れがあり、アコムに新規で申し込みをした場合、50万円以上の新規の借り入れはできない事になります。これは、他の消費者金融会社に申し込みをしたとしても同じですので、アコムの審査に落ちたからと言って他の金融機関に申し込みをしても結果が変わることはありません。その為、アコムに申し込みをする場合には、必要書類の準備と共に現在の借り入れ状況の確認も行いましょう。