実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

アイフルの返済額はいくら?借入額ごとの最低返済額を教えます!

アイフルを利用したいと考えているとき、借入金額だけではなく、毎月の返済額が気になるという方もいるでしょう。お金を借りるということは、返済するまでがセットですから、毎月の返済額まで考えることも大切です。実際にアイフルを利用する場合、毎月4000円からの返済が可能です。実際には、借入状況によっても変わってくるので、アイフルの返済額がどのような仕組みになっているのか把握しておきましょう。借入する前に返済について理解しておき、お金を借りてから困ることのないようにすることも大切なことです。

いくら借りても安いアイフルの返済額

銀行系のカードローンの場合、月々の最低返済額が1万円というケースが多くみられます。一方でアイフルの場合、10万円までの借入なら、最低返済額は4000円です。例えば10万円を借入して、毎月4000円を返済した場合、支払い回数は32回で2年8ヵ月で完済できます。1万円ずつ返済したほうが、短い期間で完済できますが、最低4000円からの返済のほうが、月々に支払う金額の負担が少なくてすみます。
また最低返済額4000円というのは、あくまで10万円までの借入についてです。アイフルでは、借りている金額ごとに最低返済額が異なるので、いくらお金を借りるのかということを考えて、最低返済額についても考えていきましょう。例えば15万円借りる場合なら、月々の支払いは8000円からです。一方で30万円までの借入であれば、最低1万1000円の支払いです。もちろんこれらの例というのは、最低返済額にすぎません。お金に余裕があるなら、最低返済額よりも多めに支払うことも可能です。最低の額より多く支払うことによって、早めに借金を完済することにつながります。お金に余裕がない月は最低支払額だけ払うなど、状況に応じて返済のペースを考えるのも1つの手です。人それぞれの返済の形があるからこそ、自分の状況に合わせた返済について考えていきましょう。

10万円前後の借入なら銀行カードローン並みにお得

最低返済額が低いときくと、アイフルにおける返済のメリットは、最低返済額が低いだけと思う方もいるかもしれません。ですがアイフルにおける返済のメリットは、最低返済額だけではないのです。実はアイフルでは、特に10万円前後借りたい方にとって、銀行カードローン並みにお得な借入が可能です。
アイフルには、無利息サービスというものが存在しています。この無利息サービスでは、契約してから30日間は利息がゼロになります。もし借りたお金を30日間で完済するとしたら、支払う利息はゼロです。そうはいっても、1ヵ月で完済できる額を借りる方ばかりとは限りません。そこで、10万円を借りて、1年間で返済するケースを考えてみましょう。この場合、アイフルの金利は18%なので大手銀行のカードローンよりも、金利は高くなります。ですが30日間の無利息期間があることによって、1年間で完済した場合の利息は、大手銀行のカードローンと700円程度しか変わりません。700円ほど最終的に支払う金額は高くなりますが、大手銀行のカードローンが最低支払金額が1万円なのに対して、アイフルでは4000円です。月々の最低支払額が少ないだけではなく、最終的な支払い額もお得になるのです。このようにお得なメリットがある点が、多くの方がアイフルが選ばれている理由の1つです。

おすすめの返済方法は何?

返済額がお得であるとしても、返済方法が面倒ではないかと不安に思う方もいるでしょう。アイフルでは、4つの返済方法を用意しているので、自分にとって利用しやすい方法で、お金を支払っていけます。
4つの返済方法の中でおすすめとなるのが、口座振替です。返済で手数料の問題を気にする方もいますが、口座振替なら手数料はかかりません。さらに口座振替に用いる銀行に指定はないので、今使っている銀行を、そのまま自動引き落とし口座として指定できます。口座振替を利用する場合、自動引き落としのタイミングは、約定日制かサイクル制のどちらかを選べます。前者は毎月固定の日に引き落とし、後者は35日のサイクルごとにお金を引き落とされます。毎月の返済日を忘れないようにしたいのであれば、毎月決められた日に自動引き落としになる約定日制を利用するのが基本です。
口座振替を利用する以外にも、アイフルの店舗やATMでの返済も可能です。アイフルの店舗もしくはATMを利用するなら、口座振替の場合と同じく、手数料無料で利用できます。このほかにも、コンビニATMでの返済、もしくは銀行振込での返済にも対応しています。おすすめの方法は口座振替となりますが、どのような返済方法があるのか知ったうえで、自分に適した選択は何なのか考えていくことも忘れてはいけません。

増額返済を活用してもっとお得に!

アイフルでは最低返済額が低く設定されていますが、最低返済額だけを支払っていくと、完済までの期間が長くなります。このときに注意しなければいけないのが、完済までの期間が延びれば、支払う利息も増えていくという点です。そこで最低返済額だけを毎月支払うのではなく、増額返済を活用するようにしましょう。増額返済とは、決められた額だけを毎月支払うのではなく、プラスアルファで多めに返す仕組みです。例えばボーナスが入る月は、いつもの月より多めに支払うのも選択肢の1つです。ボーナスのときだけ多めに支払うなどの随時返済を行うことで、アイフルに支払う利息の合計を減らせます。随時返済は、コンビニのATMかアイフルのATMから行えます。このときアイフルカードが必要になるので、随時返済を行いたいときには、アイフルカードを忘れないようにしましょう。
借りている金額の一部を随時返済するのではなく、お金に余裕があるときに全額返済をするのも1つの手です。ただし全額を返済したいと考えているのであれば、随時返済と異なる注意点があります。それが、事前にアイフルへの連絡が必要なことです。専用のナビダイヤルがあるので、そこに電話をかけます。残りの返済額や一括返済の方法を電話で確認したうえで、確実に残りの借入額を返済できるようにしましょう。

申込みから返済まで便利なアイフルは万能カードローン

アイフルのメリットは何かと聞くと、スマホだけで申し込みができる点や、即日融資が可能なことだと思っている方も多くいます。ですがアイフルにおけるメリットはそれらの点だけではなく、返済の負担が少ないという点も挙げられます。
アイフルでは、10万円以下の借り入れであれば、月々の最低返済額が4000円に設定しています。大手銀行のカードローンが1万円からの返済となっている点を考えると、利用者にとって負担の少ない返済額です。さらに最低返済額が低いだけではなく、30日間は無利息となるサービスも行っています。このサービスがあることによって、大手銀行カードローンと変わらない利息での借入も可能です。特に10万円を1年で完済すると考えたら、大手銀行のカードローンと支払う利息には700円程度の差しかありません。利息に大きな差がないだけではなく、最低支払額も安いのです。
アイフルで最低返済額だけを支払って返済すると、完済までの期間が長くなって、最終的に支払う利息も増えてしまいます。そこで最低額だけ支払うのではなく、ボーナスが出たタイミングなどお金に余裕があるときには、増額返済をしましょう。
このようにアイフルでは、申し込みがスマホのみで行えるという点以外にも、返済のことまで考えたカードローンを提供しています。このようなメリットを活かして、上手にお金を借りましょう。