実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

アイフルの審査の申し込み・契約までの書類提出の方法は?

テレビCMでもお馴染みの『アイフル』。簡単に申し込みができるとして認知度が高い消費者金融業者でしょう。簡単に申し込みができるとは言え、どのくらい簡単なのでしょうか。今回は、『アイフル」の審査の申し込みから契約までの書類に関する提出方法について詳しくご説明していきます。初めて借入を希望している人にとっては、「審査に通るだろうか」「書類の準備はできているだろうか」という心配が付き物です。事前に用意しておくべきものがわかれば、よりスムーズに利用することができますので、ぜひ参考にしてください。

アイフルで使える本人確認書類の種類はたくさん

『アイフル』で使用できる本人確認書類について詳しく説明していきましょう。まず、アイフルでは、借入希望額が50万円未満の時には本人確認書類提出のみで審査にかけることができます。本人確認書類提出のみということは、運転免許証一つで50万円未満であればすぐに借入ができるということです。本人確認書類の幅も広いので利用者が準備しやすいというメリットもあります。

では、どのようなものが本人確認書類として認められているのか挙げていきましょう。基本的に、「氏名」「住所」「生年月日」「顔写真」が付いていれば書類提出時に問題なく使用することができます。どれが書類提出として扱うことができる本人確認書類であるかを詳しく解説していきます。

・運転免許証
運転免許証は本人確認書類の中で信用度が高いものです。アイフルにおいても運転免許証を本人確認書類として推奨しています。お財布に常に携帯している人が多いという点でも一番利用率が高いと言えるでしょう。また、運転経歴証明書(運転免許証の取り消しを申請した人が交付申請することができる証明書)でも利用することができます。

・パスポート
パスポートも書類提出としては有効です。パスポートを利用する際にチェックされるのが、顔写真のページと所持人記入欄です。パスポートを作成した際の住所と現住所が異なることが多い為、パスポートを本人確認書類提出として使用するつもりであれば住所がどうなっているのかをしっかり確認しておきましょう。

・個人番号カード(マイナンバーカード)
近年導入されたマイナンバーカードも使用することができます。マイナンバーカードを作成しておらず、個人番号が載っているハガキだけでは使用することができません。あくまでも顔写真が載っているカードの利用だけです。利用の際には、法令により裏面はコピーをしてはいけないとされています。マイナンバーカードを作成した時についてくるケースに入れておけば、必要な情報のみをコピーすることができますのでそのケースごと持参してください。

・住民基本台帳カード
こちらもマイナンバーカードと同様に顔写真が載っていないものは利用することができません。住民基本台帳カード(住基カード)を本人確認書類提出として使用することができますが、変更箇所がある場合は裏面も提示しなくてはいけません。事前に確認しておきましょう。

・健康保険証+現住所がわかる書類1点
健康保険証のみでは本人確認提出としては不足のため、健康保険証を提出する際には追加書類が必要です。2016年10月1日以降から犯罪収益移転防止法の改正によって、顔写真のない本人確認書類に関しては現住所がわかる書類を提出することと定められました。そのため、健康保険証を利用したい人は面倒でも現住所が記載されている書類1点を用意しておく必要があります。現住所がわかる書類は、年金手帳や公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑証明書のどれかが必要となります。

・外国籍の人が利用する場合は、本人確認書類+在留資格を証明する書類
外国籍の方が利用する場合には、上記のいずれかの本人確認書類に加えて、日本への在留資格を証明する書類を提出しなくてはいけません。在留カードもしくは特別永住者証明書のどちらかを一緒に書類提出してください。書類は表と裏面の両方をコピーし書類提出することになります。

外国人の本人確認書類というのは、入国時にパスポート上陸許可というのをもらうのですが、その際に中長期在留者になると在留カードが交付されるのです。また、10年以上日本で暮らした方に限定し、法務省に永住許可を申請することで永住権が認められます。その際に発行されるのが特別永住者証明書です。このいずれかの書類提出を行ってください。また、現住所が在留カードや特別永住者証明書に記載されている内容と異なっている場合には、現住所がわかる書類も提出しましょう。

上記の本人確認書類を用意しておくとスムーズに審査を受けることができます。本人確認書類提出にあたって大切なのは、顔写真が付いているかどうかです。顔写真と氏名が合致していることが本人である証として考えられている為、健康保険証は少し面倒な部分があるでしょう。また、本人確認書類の住所が現住所と異なる場合には、現住所がわかる書類提出も行ってください。

アイフルで50万以上借入する場合

アイフルでは50万円未満の借入の際には、本人確認書類提出のみで貸付してもらうことが可能です。しかし、50万円以上借入する場合には、それ以外の書類提出を求められます。

まず、本人確認書類以外の書類提出が必要となるケースについて説明します。
・アイフルの限度額が50万円以上を超える場合
・アイフルの限度額と他社カードローンの借入額の合計金額が100万円を超えている場合
・審査を通した際に、収入証明書が必要であると判断された場合

収入証明書として有効なものを下記にまとめました。
・源泉徴収票
アイフルでは収入証明書として源泉徴収票をおすすめしています。源泉徴収票は収入証明書類の中でも一番信用度が高い書類です。利用者の年収に関わる情報が細かく記載されていることから、アイフル側にとっても安心できる材料なのです。ただし、源泉徴収票を書類提出する際には下記の3点に注意しましょう。
(1) 名前と現住所が正しいか
(2) 現在の勤務先が明記されているか
(3) 年収が明記されているか
この3つの情報がしっかり記載されているかどうかをチェックしてから書類提出してください。

また、アイフルでは公的年金などの源泉徴収票と退職所得の源泉徴収票の2つは使用することができませんので注意してください。

・給与明細書(直近2カ月分)
アイフルでは給与明細書も収入証明書類として提出することができます。給与明細書を提出する際には、直近2カ月分を用意しましょう。また、地方税(住民税)の記載がある場合は直近1カ月分で済むことがあります。

また、給与明細書を提出する前に下記のことを確認しておきましょう。
(1) 氏名
(2) 発行年月
(3) 社名・勤務先(発行元)
(4) 月収(総支給額)
これらがしっかり明記されているかどうかを確認しましょう。また、明記されていない場合や手書き部分がある場合には、勤務先の社印か社判が必要となります。さらに、直近の賞与明細書があれば併せて書類提出するようにしましょう。

・課税証明書(所得証明書)
市・区役所でもらうことができる証明書です。課税証明書とは住民税がいくら課税されたかを証明する書類です。住民登録をしている市町村から年に1度発行されています。市・区役所のホームページからダウンロードした申請書と身分証明書を持って納税関係の窓口で申請するともらうことができます。

課税証明書を提出する際の注意点は3つです。
(1) 名前と現住所が正しいか
(2) 収入額と所得額の欄が埋まっているか
(3) 市区町村の発行印があるか
この3つが記載されているかをチェックしておきましょう。

・住民税決定通知書
アイフルでは住民税決定通知書も収入証明書として書類提出することができます。各自治体により呼び名が違います。「市民税・県民税額決定通知書」や「特別徴収税額の決定・変更通知書」などとも呼ばれるため、わからない時は確認しておきましょう。住民税決定通知書は毎年5月下旬~6月頃に勤務先を経由して交付されます。自営業などの給与所得者以外の方に関しては直接郵送されてくるでしょう。

住民税決定通知書を書類提出する際の注意点は3つです。
(1) 名前と現住所が正しいか
(2) 収入額と所得額の欄が埋まっているか
(3) 市区町村の発行印があるか
住民税決定通知書は原則再発行ができませんので、紛失してしまった場合は別の書類を用意しましょう。

・確定申告書
確定申告書を書類提出する際の注意点は2つです。
(1) 名前が記載されているか
(2) 収入額と所得額の欄が埋まっているか
確定申告書として書類提出するのであれば、原則今年度発行の確定申告書が必要となります。例にだすと、平成28年に申込する場合は、平成28年度発行の確定申告書を提出しなければなりません。ただし、1月~3月の申込に限り、前年度の確定申告書でも受付してもらうことが可能です。

・経営者、個人事業主が提出できる収入証明書類
個人事業主や経営者の方でも申込ができます。そのため、確定申告書以外の書類でも収入証明書として使用することができるのです。
・青色申告決算書(税務署受付印もしくは税理士印、電子申告の受付日時と受付番号の記載があるもの)
・収支内訳書(税務署受付印もしくは税理士印、電子申告の受付日時と受付番号の記載があるもの)
・支払調書(報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書)
・年金証書、年金通知書(年金以外に定期的な収入がある方限定)

必要書類を押さえておけば直ぐ申し込める!

アイフルでは必要書類さえ事前に用意しておけば、即日・即金も可能です。必要なのは、顔写真付きの本人確認書類のみです。ただし、これは50万円以内での借入に限定されています。もし、限度額50万円以上借入する予定があるのであれば、収入証明書を用意しておきましょう。基本的にはこれらの書類が提出でき、審査に通過すればすぐに借入することができます。

ただし、他社からの借入金額と合計して100万円を超えている場合には、収入証明書が必要です。これは、返済できる能力があるのかを調べる為に必要な書類です。返済できない、もしくは自転車操業の状態に陥っていると判断されてしまうと借入自体ができないこともあるでしょう。基本的には特に問題がなければすぐに借入に応じてもらえます。

アイフルでは、インターネットや自動契約機、店頭窓口、電話にて申込することが可能です。審査時間は最短で30分というスピーディーさですので、お金が必要という時にすぐに借入が申し込めるのがメリットと言えるでしょう。インターネットからの申込であれば来店する必要もなくすぐに借入することができます。

〇インターネットを利用した申込方法
(1) ホームページの申込画面から必要な項目を入力します。
(2) アイフルから審査結果のメールがきます。
(3) 本人確認書類の提出(メール・FAX・郵送)
※事前に必要な書類を用意しておくとスムーズに進みます。
(4) ホームページ上で契約手続き(来店を選ぶこともできます)
(5) 指定した口座に融資してもらうのか、カードを受け取りATMを利用するかを選択します。
(6) 利用開始

〇店舗や契約ルームを利用した申込方法
急いでいる時には店舗窓口が便利です。本人確認書類を準備しておきましょう。
(1) 有人店舗窓口もしくは契約ルーム(自動契約機)で申込
(2) その場で審査結果を確認
(3) 本人確認書類の提出
(4) その場で契約手続き
(5) 指定した口座に融資してもらうのか、カードを受け取りATMを利用するかを選択します。カードを受け取った場合は、ATMから借入することができます。以前は「お自動さん」という名前の自動契約機でしたが、現在は「無人契約でんわBOXてまいらず」と名称を変えています。一人で機械の操作をする必要はなく、オペレーターと電話で話しながら手続きすることができますので、機械が苦手な人でも安心して利用することができます。

利用者に都合の良い形で利用できるのがアイフルの魅力でもあるでしょう。

気になる審査時間ですが、ホームページや電話で申込をした場合は30分~1時間程度かかります。混雑状況に応じてそれ以上かかることも頭に入れておきましょう。土日祝を含めた21時までに申し込むことで、当日中に回答してもらうことが可能です。店舗や契約ルームで申し込んだ場合は、審査時間は最短30分。急いでいる時には店舗や契約ルームに行くのが確実です。契約ルームの営業時間は22時ですが、店舗窓口は平日18時までとなっていますので注意してください。

また、融資時間ですが、いずれの方法を利用して申込をしても即日融資可能です。ATMでカード利用する場合は問題ありませんが、指定口座に振込をお願いする場合、平日14時10分までに申込から契約、振込依頼まで済ませておかないと即日入金してもらうことは難しくなりますので注意しましょう。また、人によっては審査時間がかかってしまうこともあるので、即日融資を確実にしたいという人は店舗や契約ルームに行くことをおすすめします。

アイフルでは必要書類さえ持参していれば、すぐに契約をすることができます。必要な時に必要なお金を借入することができるのが魅力ですので、まずは自分の必要な書類はどれなのか、事前に用意しておかなくてはいけない書類はないかをしっかり確認しておくことが大切です。また、申込方法も様々ですし、入金の仕方も2種類あります。利用者にとって利用しやすい方法を選ぶことができるのもアイフルの特徴です。

今回は、アイフルでの契約時に必要な書類について説明してきましたが、もし不明な点があれば、アイフルのホームページ上から問い合わせるか、電話にて問い合わせてください。