実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

アイフルで限度額を増額するための方法を伝授!

アイフルと契約するときに初回の限度額が設定され、枠内で何度でも借り入れができます。それ以上の借り入れが必要なときは増額審査を受ける必要があり、合格すれば限度額がアップされます。
段階的に限度額が増えることで金利も下がっていくことが多いですし、増額審査に落ちても事故情報として残ることはありません。増額を勝ち取るためには、6ヶ月以上にわたって延滞なく返済を続けていくことが基本となります。契約時から最低6ヶ月間は延滞がないように特に慎重に利用する必要があるでしょう。少し借りてすぐ返済という借り方をすれば間違いありません。

限度額を上げるには増額審査を受けなければならない

初めてアイフルから借りるときは、高額の枠が設定されることは基本的にありません。アイフル側が借り手の利用傾向を見極めるためにも少額からスタートし、信用性のある借り手だと判断されれば将来的に増額審査に応じてくれます。増額審査は100%通過するという保証はありませんが、延滞がなければ増やしてもらえる可能性は高いでしょう。初回融資では50万円以下からスタートするのが基本ですが、将来的に500万円まで増やせるチャンスがあるのです。

増額審査を受ける方法は簡単で、専用のナビダイヤルに連絡をするだけです。初回審査と比べると簡潔で、即日で合否を知らせてくれることが多いでしょう。審査は無条件で通過するわけではなく、返済能力を見極めて決定されますから、必要に応じて収入証明書の提出を求められることもあります。

アイフルで増額審査を受けるためには、6ヶ月以上の契約が前提となります。優良利用者と判断されるためには、少なくとも6ヶ月の利用履歴が必要というわけです。信用力というのは年収・職業・雇用形態だけで決まるものではありません。実際にローンを利用して、延滞なく返済を続けていくことが何より大切です。具体的に何回の延滞で増額不可になるかについてはアイフルから公表されていませんが、たとえ1回でも延滞すると不利になります。

延滞をしないためには借りすぎないこと、すぐに返すことを意識すれば大丈夫です。返済サイクルが遅くなってしまう理由のほとんどは借りすぎにあるので、借りすぎないことを念頭にしてアイフルを利用してください。借りたお金は1回で返すと決まりごとを作っておくとよいです。

まずは利用実績をアピール

借り手の信用力によってアイフルの融資額・増額は決まってきます。収入が多くて安定していることは大きな信用となりますが、これだけで決まるわけではありません。それと同じくらい重要なのが利用実績であり、コツコツと遅れることなく返済していることが大切です。もちろん他社からの借り入れも考慮されるので、他社借り入れが多すぎると却下となる場合もあります。

初回審査のときより年収がアップしていれば、利用できる金額が増える可能性が高いです。アイフルは消費者金融なので、総量規制によって借り入れ上限は年収の3分の1以内に定められています。収支のバランスが万全で高い返済能力を有していても、これ以上は借りることはできないわけです。それゆえ今より高額を借りようと思ったら、必然的に年収を増やしたほうが有利となります。

年収は少ないより多いほうがよいですが、ほかにも勤務先、勤続年数、雇用形態などが問われます。大手のサラリーマンや公務員が有利になるのは間違いありません。勤続年数は収入の安定性を示す指標となるので、これは長いほど有利です。雇用形態は正社員が好ましく、非正規の方は不利になります。

親と同居をしている方は何かと節約がしやすい状況にあるので、増額に応じてもらえる可能性が高いでしょう。大家族で賃貸を利用している状況だとお金がかかりますから、必然的にローン返済に回せる金額は少なくなります。年収が同じであっても家計状況は家族単位で異なってくるので、収入額に加えて安定性が重視されるわけです。増額を勝ち取るためにも他社借り入れは増やしすぎないようにすることが大切です。

アイフルの増額審査でチャックされるポイント

アイフルで増額を受けるためには、増額審査をパスしなくてはいけません。追加融資を受けるということは、今まで以上の返済能力が必要になるということです。50万円の返済能力のある人が50万円を借りることは可能でも、100万円となると無理なのは当然です。アイフルは基本的に6ヶ月以上延滞がなければ増額の申し込みができますが、1年以上の延滞がなければさらに好ましいでしょう。アイフルなどの消費者金融側としては、最初から延滞なく返済してくれるかどうかの判断はできません。

延滞が多いと信用力が下がってしまい、限度額を低くされる可能性もあります。50万円だった限度額が30万円に減ってしまうという状況はありえるのです。延滞以外でも他社借り入れが大きくなると、相対的に返済能力が低くなってしまいます。転職をして年収が下がってしまうのもマイナスポイントでしょう。1~2回の延滞で限度額を減額されることは少ないですが、たとえ1回の延滞でも信用力に影響するのは間違いありません。

延滞は習慣化しやすいので、少なくとも6ヶ月以上は遅れないように意識してください。1年間にわたって延滞なしで利用すれば、コツコツと返済をする習慣が身についているはずです。アイフルでは自動引き落としによる返済方法も用意しているので、事前に利用手続きをしておくとよいでしょう。口座残高があれば自動的に返済ができるので、延滞するリスクはぐっと減ります。あとは借りすぎに注意して、追加融資を受けるときは返済シミュレーションをして問題なく返済できるか確認しておくとよいです。

増額審査で金利が下がる事も!

アイフルの実質年率は4.5%~18.0%に設定されており、一律金利でないことがわかります。初めて借りるときに低金利になることは少なく、高めの金利設定となります。信用力と金利は比例するのが基本で、信用力が高い人ほど低金利で融資してもらえるのです。

増額審査を受けて増額された場合も、金利が下がることがあります。借り入れが大きくなるほど低金利で借りられるのがカードローンの基本です。100万円以上の借り入れになると、法的に必ず15.0%以下で借り入れができるようになります。利息制限法は限度額によって適用金利を変えているためで、99万円の借り入れの場合は18.0%が認められています。そのため95万円といった中途半端な借り入れになってしまう場合は、100万円にしたほうがお得ということです。

カードローンは個人の信用力を担保にして借り入れするローンであり、貸し倒れ・夜逃げのリスクが小さいと診断されれば、高額を借り入れできる可能性が大きくなります。ただし、限度額を上げたからといって、その場ですぐに追加融資を受ける必要はなく、必要なときに備えるために枠を増やしておくのもありです。特に必要がなければ借り入れは増やさないほうが利息を抑えることができます。

増額審査については、初回審査とは違って不可となっても事故情報には登録されません。個人信用情報に登録されることはないので、落ちてもデメリットはないわけです。増額不可となっても従来の限度額の範囲で利用できますから、万が一に備えて増額を受けておくとよいでしょう。カードローンは借り入れした分だけに利息が発生するので、増額をすること自体にデメリットはまったくありません。

よりたくさん、より安くを叶える増額審査を活用しよう!

アイフルでお得に借りるためにも、増額審査を上手に活用してください。限度額がどれだけ大きくとも、借り入れしなければ利息はつきません。例えば500万円の限度額があっても、借り入れが1万円なら利息がつくのは1万円の借り入れに対してです。お金はいつ何時必要になるかわかりませんから、枠を多く用意しておくことは緊急時におけるリスク管理にもなるわけです。本当に必要なときになって増額審査を受けるとなると焦りが生じるので、気持ちに余裕があるときに申し込んでおくのがベストでしょう。

増額を受けることで金利が下がることもあり、これは大きなメリットと言えます。少額の借り入れしかしないという方であっても、金利が下がって困ることはありません。金利は利息という手数料を決める要素であり、1%でも低いほうがいいに決まっています。アイフルの金利形態は実質年率であり、借り入れした金額に対して日数計算で利息が発生するのです。低金利で借りるほど利息が減って総支払い額も抑えられますから、結果的に短期返済をすることにつながります。

アイフルは返済方法がたくさん用意されており、ATMによる随時返済も可能になっています。会員様専用ダイヤルから問い合せて必要額を聞いてから返済をすればOKです。短期返済を常に意識しておけば、借りすぎる心配はないでしょう。増額審査で失敗しないためには、延滞がないように工夫して借りましょう。6ヶ月、できれば1年間は延滞がないようにすれば信用力を高めることができます。信用力が高いほど増額審査をパスしやすく、低い金利でたくさん借りることができるのです。