実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

カードローンの上手な返済方法とメリット・デメリット

カードローンの返済方法にはちょっとしたコツが必要です。金融機関や消費者金融の選び方も大切ですし、返済方法も一つだけではありません。どれをどのように選択するかによって、カードローンに苦しむか早めの完済で楽になるか決まります。しっかりと事前準備をし、借り入れ機関の情報収集をする必要があります。返済総額を少なくするために、カードローンの流れをよく理解しておきましょう。経済的に余裕がある時には繰り上げ返済を利用するなど、早めの対応を心がけていきましょう。

カードローンの返済方法はこんな方法がある!

カードローンの申し込み後、返済方法に困ることがあります。実は方法はとてもたくさんあり、どれが一番確実に返済できるか事前に計画を立てることが大切です。流れをよく理解し、効率的な返済方法を知っておきましょう。利用するカードローンによって異なる場合はありますが、大きく分けると、随時返済と約定返済に分かれます。随時とはいつでも返済が可能で、余裕が出来た時は一気に多めの額を返すことができる方法です。反対に、毎月決められた日に返済額を支払うことを約定といいます。こちらは借入総額に応じて金額が決まっているので、決められた期日に決められた金額を払います。よく知られているカードローンの返済方法としては、ATMを利用するものや店頭窓口で行う方法、自宅でも簡単に行えるインターネットからの返済があります。ATMは多く利用されていますが、自社ATMと提携ATMに分かれておりそれぞれ仕組みが違います。利用できる時間帯や手数料も異なるので、事前に調べておく必要があります。手数料無料の銀行でも、よく見ると取り扱っている金融機関が少ないカードローンもあります。ATMの利点は迅速でスムーズな取り引きができるところなので、返済中にまごつくことがあればせっかくの利便性が生かされませんので気をつけましょう。インターネットからは、インターネットバンキングを利用して返すこととなります。24時間365日借り入れることができ、返済可能なカードローンも利用できる点でメリットが大きいと言えます。

便利なATMでも手数料がかかる

ATMは非常に便利なもので、ライフスタイルに合わせていつでも利用可能です。カードローンによっては手数料がかかることがあり、知らずにいると手数料だけで莫大な金額になってしまいます。手数料無料の時間帯やカードローンの種類を押さえておきましょう。手数料は安い方がいいので、自分がよく使う銀行やコンビニのATMをある程度絞っておくことが大切です。その中から手数料が安いところや無料のところを見つけ時間帯もチェックしておきます。ホームページでも確認できるので、カードローンを申し込む前の事前準備として行なっておきましょう。手数料がある銀行でもコンビニからなら無料で返済できることがあったり、手数料の額も時間帯や金額により異なる場合があります。使用についての注意点ですが、ATMは機械ですのでメンテナンス時間があります。この時間帯は利用することができないので事前確認が必要です。ATMの利用では注意しなければならないこともありますので覚えておきましょう。また、作ってしまったカードローンに対しATM手数料が多くかかるという場合、ATMを使用しない工夫をすることも大切です。インターネットで返済指定口座への振り込みができる場合があります。口座引き落としにすることも可能だったりするので、別の対応方法がないかサービスの内容をもう一度良く見直してみましょう。カードローンは貸し借りの方法が多いことがメリットです。ATMを使わなくても返せる方法がいくつもあるので諦めないで探してみましょう。

返済日を選べるのなら給料日の翌日に設定!

毎月の返済日を選べることは、カードローン申し込みにとって非常に重要なことです。初めはそんなに分かりませんが、長く使っていくほど大きな差になります。家計のやりくりしている資金がぎりぎりになるタイミングと返済日がかぶると、家庭にとっても大きなストレスになりますし、毎月のように遅延するリスクを考えていなければいけません。遅延は最悪のリスクなので避けたいものです。返す日を選べるのなら給料日の翌日がベストです。一番お金がある時というのが理由ですが、ここでポイントなのは自動引き落としにしておくことです。そうすれば一定額は必ず引き落とされることになり、生活費は余った金額の中からやりくりすればいいので面倒なことを考えずに済みます。少し強制的ですが、方法としては筋が通っており効果的と言えます。銀行での返済は、銀行カードローンの場合自分で選ぶことができます。ただし、使用する銀行の口座から引き落とすことが条件なので、他の銀行を指定することはできず、その場合は毎月決められた日がカードローンの返済日になります。他の銀行を選択する場合、決められた返済日までお金のやりくりをすることが非常に大事です。消費者金融の返済日は、引き落としの場合自由に選べません。自分で振り込む場合は日を選択できるので給料日の直後に設定しましょう。消費者金融は提携銀行というものを持っており、提携銀行を振込口座とする場合返す日を選べることがあります。この提携銀行の口座を持っていると、消費者金融での借り入れは利点となることもあります。