実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

初めてカードローンを借りる前に知っておきたい!基礎知識と賢い使い方

カードローンは持っていれば急な出費があった時でもすぐにお金を借りることができる救世主的アイテムです。しかしお金を借りるということに不安を持っている人も多く、カードローンの契約をためらっている人も多いのではないでしょうか。過ぎたるは及ばざるがごとしという言葉があるように、「使いすぎ」はよくありません。カードローンも使い方を間違えなければ危険なものではなく、私たちの生活を助けてくれるシーンも多いでしょう。また使い方を知らない人も多くいますが、それほど難しいものではなく、覚えてしまえばだれでも簡単に利用することができるようになります。

カードローンンのシステムと安全性

お金を借りることができる商品は様々あります。住宅ローンであれば建物や不動産が担保になっている代わりに低い金利で借りることができます。これはもしも借主が破たんしてしまっても、土地や建物を差し押さえることによって金融機関が損失を抑えることができるからです。また、保証人が必要なローンもあります。よく他の人の借金の保証人になったばかりに、代わりに借金を背負ってしまったというお話を聞きますが、カードローンには保証人は不要です。保証人の代わりに保証会社が入っており、手数料も金利の中に含まれています。カードローンは担保も保証人も必要ない借り入れなのです。

お金を借りると恐い人達がやってきて激しい取り立てに遭うというのも、今やドラマの中だけの世界です。確かに「闇金」に手を出してしまうとそのような危険性がないわけではありません。しかし正規業者は貸金業法に規制されており、貸金業法では取り立てを含めてさまざまな業者の行為を禁止しているため、かなり利用者にとって都合の良いシステムとなっています。

カードローンの契約先には消費者金融と銀行があります。どちらも使い方や商品内容に大きな違いがありませんが、一般的には銀行のカードローンのほうが金利が低く借りることができます。また、最近の消費者金融の多くは銀行のグループ傘下に入っていますので、昔と比べてかなりイメージもよくなりました。銀行の他にも労働金庫、信用金庫といった選択肢もありますが、こちらも使い方は一緒です。金利が低いカードローンほど負担が小さくなるので、契約者にとっては有利な条件です。しかし金利が低ければ、それだけ審査に通過できる人が限られてきます。低金利のローンに申し込みをするときは、審査が厳しいものだと思っておくと良いでしょう。銀行系カードローンでも消費者金融なみの金利を設定しているものがあります。そうしたカードローンの場合は幅広い人への貸し出しを実施している証拠になります。
消費者金融のカードローンは総量規制の対象です。この法律は年収の3分の1以上の貸し出しを禁止しており、収入のない人は例外となるケースを除いて借り入れをすることができません。銀行の場合も無職では審査に通ることが難しくなりますが、何かしらの安定した収入があれば契約できる可能性があります。貸し出すことができる上限に制限がないため、まとまった金額での融資を希望する人は、銀行のカードローンを選んだほうが希望が叶う可能性が高くなります。労働金庫や信用金庫では住んでいる地域や働いている地域が限定されているため、地元の人しか利用できません。

カードローンの審査に通るポイントは?

銀行系でも消費者金融系でも、カードローンの審査は2段階になっています。1段階目が申込書の内容と信用情報からスコアリングをする「仮審査」です。スコアリングとは通知表のようなもので、各項目に点数をつけていくものです。一定の基準値以上の点数を取得できた人が契約できるようになります。信用情報とは信用取引が行われた結果を記録されているものです。これは他の金融機関への申し込みや利用が逐一記録されており、いつ利用していつ返済したかなどの情報を取得することができます。滞納があった場合は滞納が解消された日なども記載されます。毎月の利用履歴は24か月分記録され、記録が古くなっていくと徐々に削除されていきます。毎月の利用がなくなった、つまり完済した場合はその場でデータがストップしてしまいます。仮審査に通過するためには、いかにして高いスコアを取るかが重要です。

申し込み情報の中で重要視されるのが、年齢、年収、職業、雇用形態、勤続年数、居住年数、家族形態などです。カードローンには年齢制限がありますので、未成年の人や高齢すぎる人は契約することができません。年収は支払能力を見る上で最も重要です。職種によってスコアも変わります。公務員や医者、弁護士などは高得点となり、自営業者やパート、アルバイト、学生は低くなりやすいです。勤続年数や居住年数は長ければ長いほど高い評価となります。そのため転職や引っ越しを考えている人は、転職前に契約しておくと良いでしょう。特に転職してすぐでは勤続年数が足りず、契約できなくなることが多くなります。信用情報は自分の努力で塗り替えることができません。一度ついてしまうと一定期間経たないと新しいデータになったり古いデータが削除されませんので、もし他に信用取引になるようなものがある人は、毎月の返済を必ず行いましょう。携帯本体を分割払いしている人や、奨学金を支払っている人は要注意です。滞納してしまうとその記録が残ります。家賃や光熱費のように「信用取引」ではない支払いについては滞納しても記録されることはありません。ただし延滞しても大丈夫というわけではありませんので、支払うべきものがある人は早めに支払いを済ませるようにしましょう。
「ブラック」と呼ばれる状態になると長期間カードローンやクレジットカードの契約が著しく不利になります。使い方を誤って多額の借金を抱えて債務整理をすると、金融事故としてブラックになりますので、使い方はくれぐれも間違えないように注意しましょう。借りることができたとしても金利が高くなりやすいので、結果として負担が増えることになるでしょう。

カードローンの利用を誰にもバレないようにするには?

カードローンは契約してしまえば、ほとんど誰かにバレる危険性はありません。カードさえあればコンビニや銀行のATMで、キャッシュカードと同じ使い方でお金を引き出すことができます。カードを挿入するときにまじまじと挿入口を見られていない限り、お金を借りているということはわからないでしょう。また、最近ではインターネットからの振り込み融資に対応している金融機関も増えました。一度銀行の口座に振り込みをしてから出金すれば、バレる可能性はゼロです。

契約するときのハードルの超え方はいくつかあります。契約時にバレるルートとしては、電話確認と郵便物があります。電話確認は在籍確認や本人確認で行われますが、連絡先を自分の携帯電話にしておくことでばれる心配がなくなります。在籍確認は職場へ電話連絡がいくもので、本当に申込書に書かれた場所で働いているかのチェックです。本人が不在のときのほうがばれる危険性は少なくなります。本人が出ると本人確認のために、住所や生年月日を伝えなくてはいけないことがあるからです。突然かかってきた電話で突然住所や誕生日を言っていたら、勘のいい人であれば何かの在籍確認だと気づいてしまうこともあります。本人が不在のときは、会社に勤めていることさえわかれば在籍確認は完了となります。
在籍確認はカードローン申込者が最も心配する審査の1つです。ただしモビットのように書類だけで完結してくれる金融機関もあります。すべての金融機関がこのように書類による審査でパスしてくれるわけではありませんが、相談してみるのも良いでしょう。各社融通の利いた審査を行っていますので、状況によっては書類審査にしてくれることもあります。

自宅への郵送物も忘れてはなりません。カードを郵便で受け取る場合は自宅に届きます。家族に開けられないとも限らないので、その場合は自動契約機で受け取るようにすると良いでしょう。自動契約機では契約書もその場で発行されますので、郵便物をすべてカットすることができます。毎月の明細が送られてくる会社もありますので、WEB明細を利用するようにしましょう。銀行系カードローンの場合、キャッシュカードにそのままローン機能をプラスできるところもあります。この場合カードを受け取る手間もありませんし、契約が完了すればその日のうちに利用を開始できます。急いでいるときや郵便物を抑えたいときは、口座を持っている銀行のローンを検討するのも良いかもしれません。

ただしこうした注意をしていても、使い方を誤ってうっかり延滞した場合、すぐに郵送物が届けられる金融機関もあります。返済は延滞しないようにしましょう。

金利と返済方法のからくりを知ろう!

利息はカードローンを利用したら必ず払わなくてはならない手数料です。金利が高ければ高いほど毎月の利息負担は大きくなりますので、なるべく低金利のローンを契約したいと思うのが一般的な考えです。だからと言って低金利なローンは審査も厳しいので、誰でも契約できるわけではありません。

まずカードローンの金利は日割り計算されるということを覚えておきましょう。計算が行われるのは借り入れをした次の日の0時00分です。1日でも早く返せばその分利息負担を減らすことができます。翌日の0時00分というところに1つポイントがあります。例えば朝支払いをしなくてはならないものがあるけれど、その日に行われる入金がまだ入ってきていない場合、とりあえずカードローンでお金を借りて支払いをします。入金予定だったものが着金した段階で借りていたローンを返済すれば、借りたその日のうちに返済することになります。この使い方をすれば、支払いもできて利息も発生しません。

返済金額の決定方法にも注意しましょう。カードローンは会社によってさまざまな返済方法になっています。残高スライド元利定額制という返済方式が一般的ですが、会社によっては元金定額制や定率制といったものもあります。元利とつくものは、毎月の返済額の中に利息が含まれているものです。元金とついているものは、元金に加えて利息分が毎月の返済額になるものです。残高スライドというものは、利用残高に応じて返済額が変わってくるものです。毎月固定の返済であれば残高スライドはつきません。多くの金融機関では残高スライド制が導入されていますが、この返済方法では利用額が少なくなると返済額も少なくなり、結果として返済が長期化するという特徴があります。負担を抑えることができるというメリットはありますが、最終的な負担が多くなります。上手に返済をするためには返済のペースを落とさずに支払い続けることが大切です。またカードローンはさまざまな使い方が用意されていることから、返済途中に追加で借り入れをしてしまうこともあります。追加で借りればそれだけ完済が遠のきます。使い方には十分注意し、総額負担を少なくなるようにしましょう。
各金融機関では毎月の返済だけでなく、随時返済も行えるようになっています。追加で返済することで早期に元金を減らすことができますので、大きく利息負担を減らすことができるでしょう。余裕があるときには随時返済を有効活用しましょう。事前に連絡もいりませんし、手数料無料の支払い方法を利用すれば負担もありません。詳しい使い方は金融機関のホームページに掲載されています。