実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

いいことずくし!カードローンの繰り上げ返済とは?

職場の景気がよくて予想以上に多いボーナスが入ったり、ギャンブルで当てたりして臨時収入が入ったときはカードローンを繰り上げ返済することをおすすめします。繰り上げ返済とは月々に決まった金額以上に返済することです。通常、借金をすると決まった額を毎月返済することになりますが、その金額よりも多く返済することも可能です。金融会社は繰り上げ返済をしたいという人を拒否することができないと法律で決まっています。カードローンを繰り上げ返済すると支払う金利が安くなったり返済期間が短くなったりとお得な面があります。

繰り上げ返済の仕組みとメリット

今の借金の返済はほとんどがリボルビング払いです。これは毎月一定額を返済するもので、その月に新しく借金をしてもある程度まではその返済額は変わりません。10万円を借りていて月々1万円の返済をしていたとします。そして月の途中で追加で5万円を借りたとします。昔からある方式ですと、追加の借金をした時点で月々の返済額は見直されます。しかし、リボルビング払いですと1万円のままです。借金総額が多くなれば月々の返済額が2万円、3万円と多くなることもありますが、一定額までは返済金は同じままです。この方式はお金がたくさん必要な月と、あまり必要なくカードローンを利用しなくても問題ない月がある人にとってはメリットがあります。月の支出を一定にできますのでお金の管理が楽になります。しかし、返済と借り入れを繰り返している人にとっては、いつまでたっても返済が終わらないというデメリットがあります。特に大きな金額を借入している人にとっては返済金額のほとんどが利子であるということが起こりやすく、なかなか元本が減りません。返済が長引きやすいのもリボルビング払いの特徴です。支払い総額が見えにくく、お金の管理が下手な人にとっては計画を立てにくいことも欠点の一つです。
このカードローンのリボルビング払いにある欠点を補うのが繰り上げ返済です。利用すれば確実に元本を減らすことができますし、繰り上げ返済をした分にかかる将来の利子がなくなるので支払総額が減ります。新しく借金をしない限り返済期間も短くなります。そのため、繰り上げ返済を利用すると非常にお得です。
もし、カードローンを申し込む段階で繰り上げ返済をする予定があるなら返済をしやすい消費者金融を利用するようにしましょう。銀行振り込みでしか返済をすることができない場合は返済のたびに振り込み手数料がかかりますのでお得とはいえません。返済をしに行くのに交通費がかかる場合も同様です。近くに自動契約機などがあり、簡単に立ち寄ることができるなら、臨時収入があった時点で無料で返済をできるので便利です。手数料などがかかるなら、その分を返済に回すほうがいいでしょう。少しでも早く、少しでも多く返済することが、カードローンのの返済総額を減らし、期間を短くすることに繋がります。

繰り上げ返済をするとどうお得になるの?

カードローンの繰り上げ返済を利用するとお得になりますが、実際にどれくらいお得になるでしょうか。カードローンの返済方法の代表的なものとして残高スライドリボルビング方式と定率リボルビング方式があり、どちらを利用するかによって計算方法が異なります。
残高スライドリボルビング方式とは、借金総額によって返済金額が異なる方法です。たくさん借金をしている場合はたくさんの金額を返済することになりますし、返済が進んで元金が少なくなると返済金額は少なくなります。この方式の利点は残高が大きいときも元金が減っていくことで、利息ばかり支払っているという状況が起きにくくなります。しかし、元金が減ったときも返済金額が少なくなりますので、なかなか借金が終わりません。
例えば50万円借りたときで、最初は月々6万円、40万円以下で5万円、20万円以下は4万円の返済とします。カードローンの契約通り、最低金額だけ返済していくと11ヶ月かかります。支払総額は元金を含めて53万2789円になります。3ヶ月目と6ヶ月目にそれぞれ6万円の繰り上げ返済をすると、8ヶ月で終わりますし、総額は52万5369円で7250円もお得になります。
定率リボルビング方式は、返済日の時点で借りている金額の20パーセント、30パーセントといった低率で返済していくものです。どれくらいのパーセンテージであるかは契約時に決められます。この方法も元金が減るたびに返済金額が少なくなり返済が楽になるようにみえます。しかし、返済する金額が少ないことによって返済が長引いてしまう点は同じです。
50万円を借りていて、金利が15パーセントのカードローンとします。そして、返済金額は25パーセントです。その場合は、最低金額だけ返済していれば、15ヶ月かかります。支払い総額は52万4321円となります。3ヶ月めと6ヶ月目に6万円の繰り上げ返済をした場合は総額は51万8600円で支払いが完了するまでに7ヶ月しかかかりません。
契約しているカードローンがどちらの方式であっても、返済金額が大きく変わります。その上期間は大幅に短縮されますので、非常にお得です。なかなか終わらないカードローンの支払いを早く終わらせるため、また支払金額を少なくするためには繰り上げ返済は有効な手段です。

繰り上げ返済はあくまでも当月の返済

繰り上げ返済をするときに注意する点は、たとえその月にたくさんの金額を返済しても、それはあくまでその月の返済である点です。次の月の返済とはなりませんので注意しましょう。例えば、月々2万円の返済の契約だったとして、追加で2万円支払ってもそれは翌月分を支払ったということにはなりません。必ず次の月も同様に返済をしなければいけません。これを怠ると延滞となってしまい信用情報が傷ついてしまいます。そうなっては意味がありません。カードローンの返済を進めるうえで最も重要なのは、月々の返済を確実に行うことです。その次に重視するべきことが繰り上げ返済をして早く借金を終わらせることになります。この原則を忘れないようにしましょう。
また、複数のカードローンからお金を借りている場合も気を付けなければいけない点があります。それは、繰り上げ返済をするときは1つに絞って行うことです。すべてのカードローンに対して一括返済ができれば問題ありませんが、カードローンを利用している人でそういう人は稀でしょう。そうなると、返済に回せるお金をどのように振り分けるかが重要になってきます。もし2社から借りているとすれば、同じように金額を振り分けたくなりますが1社に集中して件数を減らすことも重要です。そうすることで後々の返済の管理もしやすくなりますし、信用情報も2社から借りているよりも1社から借りているほうが印象が良くなります。または借入残高が少ないほうから返済するようにしましょう。残高が同じなら、借入金額が少ないほうを優先して返済します。3社以上から借りている場合、1社のカードローンに対して完済することで他の数社の分をおまとめローンにしやすくなることもあります。そちらのほうが信用力が上がり、審査に通りやすいからです。おまとめローンは複数のカードローンを利用している人を対象にしていますが、それでも借入件数が少ないほうが金融機関の印象がよくなります。もしも金利が安いところのおまとめローンを利用することができれば、浮いた金利がお得になりますし、支払日が1ヶ月に1回に絞られますのでスケジュール管理が楽になります。
繰り上げ返済はお得な制度ですが、工夫することでもっとお得にすることができます。実施する前に、どの方法がいいか調べておきましょう。

翌月の返済を考えつつ繰り上げ返済をしよう!

カードローンの繰り上げ返済でもう一つ大切なことは計画性です。繰り上げ返済をしすぎて翌月の返済分がなくなってしまったということが起こらないようにしましょう。月々に決まっている金額を返済できなければ、信用力が大きく落ちてしまいますし、度重なれば一括返済を求められても仕方ありません。必ず次の月の分の返済金を残しておくようにしましょう。
また、生活費など必要なお金をカードローンの繰り上げ返済に使うこともしてはいけない行為です。お金がなくなって食事をすることができなくなれば健康を損なうことになります。家賃を支払うことができなければ最悪の場合追い出されることになります。家を失っては生活することが大変です。また、突然の訃報などでお金が必要になることもありますので、まとまった金額を手元に残しておくことも必要です。お金が必要になってまたカードローンを利用して借金を増やしてしまっては、せっかく繰り上げ返済をしても効果がまったくなかったということになります。将来支払うお金を減らすために繰り上げ返済をすることは重要ですが、そのために生活を犠牲にすることがないようにしましょう。あくまで臨時収入や余剰金で行うべきことです。貯金から繰り上げ返済をしようとする場合も、ある程度のお金は残しておくべきです。今後病気になったら必要になるかもしれません。子供の教育資金であれば、子供を希望の学校に入れることができなくなります。ある程度の金額は残して返済をするようにします。しかし、貯金を崩したくないというこだわりをもって返済に充てないことは損をしていることになります。銀行の利息よりもカードローンの利息のほうが大きいからです。大きい金額が銀行口座にある場合は、ある程度の金額を残して返済をするようにしましょう。将来返済に充てるはずだったお金を、そのまま貯金していったほうがお得です。
カードローンの繰り上げ返済は利用方法によってはお得になりますが、あくまで自身の生活に必要なお金を確保した上で行った場合です。無理な返済は家族に迷惑がかかったり、生活レベルを大きく下げたり、却って損をすることもありますので、やらないようにします。計画性を持って返済することが重要です。家計簿をつけて管理することも有効な手段です。