実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

在籍確認なしのカードローンはあるのか実際に問い合わせてみた!

お金を借りたいと思っていても多くの人の頭を悩ませるのが在籍確認です。電話で本人がいるかどうかを職場や自宅に連絡して確認する事を言います。審査後に行われますが、もしも連絡がつかないようであれば審査に落ちてしまう事もあります。誰もが悩むのは、「家族や会社の人に知られたらどうしよう」と思うからです。在籍確認なしのカードローンがあるのかどうか気になっていると思いますが、多くのカードローン会社で在籍確認が行われているのが現状です。とは言え、電話だけでなく書類のみでの対応が可能になっているところもありますので、自分自身が申し込み条件を満たしているのであれば、その会社で申し込みをすればより安心できるのではないでしょうか。

「職場バレなし」「家族バレなし」のモビット!

多くのカードローン会社があるなかで、電話での在籍確認なしを明言している会社はモビットです。書類での在籍確認も行ってくれますので、審査後の電話が自分で取れるかどうか不安になっていた方には朗報と言えるでしょう。モビットではWEB完結申し込みができるようになっていますから、これを利用すれば郵送物もありませんので勤務先にばれる事がないのはもちろんですが、家族にも封筒などを見られたりすることもないためばれる不安がかなり軽減される事でしょう。WEB完結申し込みを利用するには条件があります。三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行の口座を既に持っていること、給与明細や源泉徴収票、保険証や社員証が提示できること、そして本人確認書類は免許証またはパスポートでの提示ができることです。条件に合致していればWEB完結申し込みをする事ができますので、これからカードローンを申し込んでみたいと思っているならぜひ利用してみましょう。利用できなかった場合でも、事前の申し込みの段階で職場に連絡はやめて欲しい旨を伝える事もできます。

11社にそれぞれ電話で問い合わせしてみた!

カードローン会社もたくさんある中で、特によく名前を挙げられる会社で電話などの在籍確認なしがあるのか、どのような対応をしてくれるのか問い合わせをしてみました。消費者金融系は比較的電話での在籍確認なしもある程度は許容をしてくれる場合も有りますが、銀行系は電話連絡がほぼ必須と思っていていいでしょう。銀行系は職場への在籍確認なしというのは難しいようですが、相談すればもしかすると可能かもしれないというようにやや消極的な対応のところもありますが、基本は職場への電話が行われます。モビットは電話連絡なしで書類だけで在籍確認が行えると明言してくれていますが、比較的融通が利きそうな会社として答えてくれたのはアコム、アイフル、新生銀行カードローンレイクです。全くの在籍確認なしというわけにはいきませんが、職場以外への電話連絡ができる場合もありますし、電話が困るという時には書類での対応ができるかどうかを相談できる事があります。他の会社に関しては一般的な対応として「職場に電話連絡をする」というのが前提になっているので、よくチェックしておきましょう。

書類だけで在籍確認をするには?

電話での在籍確認なしを目指すのであれば、まずは書類だけで在籍確認をしてもらえるかどうかをなるべく申し込みをする時に相談するのが良いでしょう。電話連絡必須となればその会社以外のところでカードローンを申し込む事になります。書類のみの在籍確認をする場合には、申し込みをする会社によって条件が提示されますので、それをクリアできるかどうかが重要なポイントとなります。モビットのWEB完結を例に取ると、銀行口座、会社に勤務しているという証拠になる必要書類、そして顔写真付きの公的書類(多くは免許証またはパスポート)の提示ができることです。きちんと仕事をしているかどうか、そして返済が滞りなくできるかどうかの判定を行うためなので、必要な書類は全て揃えて提出し、審査に問題がないかどうかをカードローン会社に判断してもらうことになります。また、書類のみでの在籍確認の場合だと、申し込みの際の借り入れ金額は低めにしておいた方が審査にも通りやすくなるため、あまり高額の希望はしない方が無難です。その上で、書類も不備がないように準備して申し込みを行いましょう。

電話で在籍確認なしのメリット

カードローンを申し込みしたくても多くの人がデメリットに感じていたのが職場などへの電話連絡です。この電話での在籍確認なしになるとどんなメリットがあるのかというと、家族や職場を始めとした自分以外の誰かにカードローンを使うこと、「お金を借りることがばれない」という安心感が得られる事でしょう。お金の相談は家族や友人にでもしにくいことだからこそ、カードローンを使ってさっとスマートに解決をしたいと思って申し込みを検討するのです。今でこそ電話での連絡もカードローン会社側も時間帯を気にかけてくれたり、会社名が知られる事のないように個人名で電話をするなどの配慮をしてくれますが、それでも自分が電話に出られなければどうなるのかという不安ばかりが募って申し込みができなかったという方も少なくありません。また、この電話連絡というのは審査の一環ですから、申し込み後の審査の行程が一つなくなりますので、その分だけ借入までの時間が短縮される事にもなります。早くお金を借りたいと思うのであれば、書類提示などの条件を揃えて、対応してくれる会社を選びましょう。

専業主婦も電話を気にする必要はありません

専業主婦でも、家計のやりくりなどいろんな目的でカードローンを使いたいと思っているでしょう。けれども、自分自身が仕事をしていないため、申し込みをする時には旦那さんの勤務先や収入などが関係してきますので、「自分が申し込んで夫の勤務先に電話が行くのではないだろうか」と不安になっているかもしれません。実際のところは、専業主婦の方が申し込みをした場合には「専業主婦として暮らしていられるのは配偶者の収入が安定しているため」ということで、電話連絡をする際には自宅の固定電話か携帯電話にくるようになっています。配偶者の勤務先に電話がかかるということは基本的にはありませんので、申し込みの時にも安心していてください。ただし、申し込みそのものができる会社は限られていて、銀行系カードローンでないと専業主婦の方は申し込めない事が多いのと、上限金額は30~50万円ぐらいでそれほど大きくないため、利用する時にはその点も理解しておくようにしましょう。それ以外は一般的なカードローンと同じような利用ができるので、使いやすそうな会社を選んで下さい。

電話での在籍確認を避けたいのならまずは相談

お金を借りること、そしてカードローンを使うこと自体には抵抗がないという方でも、「申し込みの際にかかってくるであろう職場への電話連絡だけがどうしても嫌だ」と思っていることが殆どです。審査の一環のため在籍確認なしというわけにはいかないのですが、事前に書類のみで在籍確認できる会社を探してそちらを利用する事もできます。条件を揃えられずに他の会社を選ばなくてはいけないという時も出てくるかもしれませんが、その時には消費者金融系カードローン会社から、電話ではなく書類での確認もしてくれるところを別途探す事になります。けれども、その場合には申し込みの際に「電話での在籍確認なしにしてほしい」と相談することがポイントです。自分自身できちんと電話は避けてほしいということを明確に伝えておかないと、カードローン会社の方では一般的な対応として電話連絡が行われますので注意が必要です。必要な書類などは利用したいと思っている会社の方で異なる場合がありますので、必ず事前に相談をして、求められた書類提出をすることで在籍確認なしで無事申し込みを進めていけるようになります。