実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

住宅ローンを利用するならカードローンの解約はすぐ手続きして!

以前お金が必要になって契約したものの、その時限りで今は使用していないカードローンを持っている人も多いのではないでしょうか。きちんと借り入れを返済していれば問題ないと考えがちですが、例え何年も利用していなくても、利用可能な状態にあるカードローンを持っているだけで新たな借り入れの審査に不利になるケースがあります。特に審査が厳しいと有名な住宅ローンの場合、契約が残っているだけで審査を断られたり、通過できても融資の上限額が引き下げられる可能性もあります。使う予定のないカードローンは早めに解約し、いざという時に困らないようにしておきましょう。

カードローンを解約する前に確認するべきこと

もう使っていないカードローンを持っていても、新しいローンを組む際に不利になることはあっても良いことはありません。将来的にお金が必要になりそうなら持っておいても良いのですが、貯金がしっかり貯まっているなど経済的に心配が無いなら早く解約してしまいましょう。ただ、安易にカードローンの解約へ突き進むのではなく、当然のことですがまずは融資してもらったお金を全て返済できているか確認する必要があります。金融機関やカードローンの商品内容によっては、稀に返済期限が設けられていない無利息残高というものが残っている可能性もあります。たとえ1円でも無利息残高が残されていると、それは完済とは認められません。そもそも返すべきお金をきちんと返していなければ、カードローンの解約などできるはずもないので、残高はしっかり確認しておきましょう。無利息残高は、返済されずに残っている利用残高が1,000円に満たない少額だった場合に、手数料や利息を付加せずに残しておく金額のことを言います。少額ですし利息も発生しないため、本来定められるはずの返済期限を設けられることもありません。最近はコンビニに設置しているATMと提携して利用できるカードローンが増えているのですが、そもそもコンビニのATMには硬貨を投入する場所が無いため、ATMから返済していた利用者は無利息残高を返済できずに放置していることがよくあります。利息が発生しないので、極論を言ってしまえばそのまま返済せずに放っておいても問題にはならないのですが、カードローンを解約しようとすると大いに問題になってきます。上述したとおり、解約するためには全ての借り入れを返済する必要があります。それはいかに少額の無利息残高であったとしても例外ではないので、最後の1円まできちんと支払うようにしましょう。ATMから返済したい場合、まずは1,000円などの紙幣で返済し、後日お釣りを窓口などで受け取るという方法もあります。残っていた無利息残高分の返済が終われば、完済したと判断されるので個人の信用情報にもその旨が新たに記録されます。無利息残高分でも完済できずに残していれば、その利用者は借り入れの返済中だと信用情報に記録され続けるため、新たなローンを組む際には大きなマイナス評価となってしまいます。信用情報は、言わずと知れた審査の基本となる重要なポイントです。スムーズに融資を認めてもらうためには信用情報に問題が無いことが必須と言えるので、忘れずに完済しておくようにしましょう。
カードローンを解約するには、金融機関や消費者金融業者ごとに方法が異なります。多くの場合、電話や店舗窓口などで解約を申し出る必要があるので、自分が利用していた金融機関などに事前に確認しておきましょう。実際の解約時に必要な流れや条件などは、確認した時に案内してくれるのでそれに従います。最近はインターネット上で全ての解約手続きを済ませられる金融業者も増えており、時間がない忙しい人でも手軽に解約することができます。インターネット解約に対応していない業者も多いので、まずは確認してみて下さい。
誰でも知っている大手消費者金融会社の具体的な解約の方法を挙げると、店舗窓口で解約手続きを行う場合は必要書類の提出も求められます。まずは利用していたローンカードに申し込み時に使った印鑑、本人確認を行うための身分証も必要になります。身分証は運転免許証やパスポートなどの顔写真が付いているものの他、健康保険証なども利用できます。金融機関ごとに対応可能な身分証が異なることも多いので、事前に確認して準備しておくとスムーズに手続きを進めることができます。必要なものを揃えたら、コールセンターや解約受付専用の部署などに電話をして解約すると伝えます。そして解約に対応した店舗窓口へ行き、書類の提出を行って解約処理を進めてもらいましょう。もし住んでいる場所の近くに解約対応可能な窓口が無かった場合は、電話で手続きを行うことになります。電話受付専用の部署やサービスセンターなどに電話をかけ、解約の申し出を行います。次に電話をかけているのが本人かどうかを確認されるので、氏名や生年月日、住所や会員番号などを伝えて利用者本人であることを証明します。他に提出物や書面が必要になる場合は、担当部署あてに郵送することになります。直接担当のスタッフとやり取りする窓口や電話では、解約を引き留められたり面倒な勧誘を受けるのではないかと心配する人も多いでしょうが、これは金融業者によると言えます。しつこい業者もあれば意外とあっさり受け付けてくれる業者もあるので一概には言えませんが、心配な場合は最初からインターネットで解約手続きを全て完了させられる業者を選ぶと良いでしょう。ホームページから解約の申請書をダウンロードして郵送するだけで良い業者もあるので、必要に応じて検討してみて下さい。また、契約時から一定期間無利息で利用できるサービスを実施している業者もありますが、これは初めての利用者を対象としたサービスなので解約後に再契約しても無利息では利用できません。無利息期間目当てで解約するのは意味が無いので、注意しておきましょう。

カードローンの解約と住宅ローンの関係

基本的に、カードローンは利用者ごとに設定されている利用限度額までであれば、いつでも自由に必要な額のお金を借りることができます。仮に利用していなくても、持っているだけで年会費などは発生しないため、全て返済した後でも解約せずに契約したまま忘れてしまっている人も多いです。一見するとそのまま放置しておいても問題が無いように見えますが、なぜ利用していないカードローンは解約したほうが良いとされているのでしょうか。
結論から言えば、きちんとカードローンを解約することで個人信用情報が綺麗な状態になり、他の借り入れを行う際に不利に影響することが無くなるためです。完済したカードローンを利用者側から解約する場合、自発的な契約終了と判断されることになります。返済の滞納を続けるなどして金融業者から強制的に契約を解除された場合と大きく異なり、信用情報上もマイナスに影響することがありません。自分から完済してきちんと契約を完了させたという個人信用情報の記録は審査の際にマイナスどころかプラス評価になるため、住宅ローンなどを新たに利用する際に審査をより有利に進めることも期待できます。住宅ローンは非常に大きな金額を融資することになるため、一般的に審査がかなり慎重かつ厳しく行われます。ここで過去に利用していたカードローンの契約が残っていると、返済に問題が発生するのではと疑われて審査が通りにくくなったり、融資額が低く設定される可能性もあります。この点、利用者が自ら解約した事実が確認できれば、返済能力に問題ないことはもちろん、様々な手続きや事柄に対してきちんとした処理ができる人物だと信用を置いてもらうこともできます。プラス評価へのアピールポイントにもなるので、新たな借り入れを行う予定があるなら積極的に手続きを行っておいた方が良いと言えます。さらに、契約自体を正式に解消することで、他人が自分のカードローンを利用して借り入れを重ねる悪用を予防することもできます。気づかないうちにローンカードを紛失してしまった場合、それを使って他人がお金を借り続けてしまう危険性もあります。利用していないカードローンはカードの存在自体も忘れやすく、紛失したことになかなか気づかないことも多いです。気づいた時には莫大な金額を勝手に利用されていたという可能性もありますし、カードに登録していた自分の個人情報などが漏洩してしまうことも考えられます。カードの存在を忘れず、絶対に無くさない場所で管理できる人は問題ありませんが、そうでない場合は危険を予防するためにも早めに解約してしまった方が無難です。他にも、複数の金融業者から借り入れを同時に行っている人の場合、つい無計画にお金を借りすぎて気付けば多重債務者の仲間入りをしているケースもあります。一度多重債務者に陥ってしまえば返済も滞りがちになり、新しく住宅ローンを組むなど到底無理な話になってしまいます。どうしてもカードローンが必要な場合は利用頻度の高い1枚だけを残しておき、他のカードは解約手続きを取っておいた方が安心です。
このようにカードローンを解約するメリットは複数あるのですが、一方でデメリットも忘れてはいけません。一度解約すると、将来再びお金を借りたい状況になったとしても申し込みから始めなければならず、審査を最初からやり直すことになります。金融業者やサービスの内容によっては、申し込みをしてから実際にお金を受け取れるまで何日も時間がかかることがあります。急いでお金を準備しなければならない時に間に合わない可能性もあり、解約せずに持っておけば良かったと後悔してしまうこともあるでしょう。手持ちの資金に余裕がなく、将来再びカードローンを利用する可能性が少しでもあるなら、解約しない方が良いこともあります。デメリットとしてはこの一点のみなので、再度利用する可能性が無いなら持ったままにしておく意味はありません。
住宅ローンを申し込む際、多くの場合カードローンを利用しているかと確認されることになります。これは、住宅ローン以外に借り入れがあると返済比率に影響を及ぼすためで、借り入れが多いほど返済比率は高くなってしまいます。返済比率は低いほどスムーズな返済が見込めるため好ましいとされており、多くの金融機関では年収に対する借り入れ額を20%以下に抑えようとします。実際にカードローンを利用しているか否かに関わらず、契約が残っていると利用限度額まで借りられる状態だと判断されるのでその分返済比率が高く計算されてしまいます。そうなれば当然審査では不利に働くので、住宅ローンを申し込む前に解約しておく必要があります。場合によっては、住宅ローン申し込み時にカードローンを解約した証明書が必要になることもあります。この場合は解約手続きをする際に証明書の発行を依頼することになり、1通ごとに1,000円から2,000円程度の費用がかかる金融業者もあるので事前に方法などを確認しておきましょう。
カードローンも住宅ローンも一緒に利用したいという場合は、特定の金融機関で事前審査をしてもらえることもあります。条件や融資額などを大まかに算出してもらえるので、必要な場合は相談してみましょう。

家族のカードローンを利用停止したい場合

カードローンは、自分が利用するケースばかりではありません。家族の誰かがカードローンを契約し、借り入れを重ね続けて困っている人もいるでしょう。いくつもの契約を重ねて多重債務に陥っていることもあり、家族としてはどうにかしてカードローンを解約してこれ以上の借り入れを止めさせたいと考えるものです。しかし利用者本人に借り入れを止める意思が無い場合、いくら説得しても解約させられない可能性が高いです。一度解約させても、家族が気付かないうちにこっそりまた契約して、隠れて借り入れを続けてしまうことだって考えられます。このような場合、利用者以外の家族が直接契約の解約手続きを行うことはできないのですが、貸出自粛登録という方法を使えば契約をストップさせることができます。借り入れを重ね続ける人は自分の意志で解約するのは非常に難しいため、家族がこの方法を知ってカードローンの利用に歯止めをかけてあげると効果的です。
貸出自粛登録は、名前の通り金融機関やクレジットカード会社などから借り入れを行っている利用者に対して、それ以上の融資を実施しないように申告するシステムのことです。上記のように家族が繰り返しお金を借りてしまう場合だけでなく、自分の意志では自身の浪費癖を止められない人なども利用することができます。利用者本人がいつものようにカードローンなどを利用しようとしても、それに従ってお金を新たに貸し付けることを止める効果があります。この登録は直接金融機関や消費者金融業者に対して依頼するのではなく、貸出の自粛要請を個人信用情報を管理する機関が登録し、一定期間にわたって各金融業者に対してその情報を提供する仕組みとなっています。実際に依頼を出す場合、基本的には利用している本人が申し出る必要がありますが、一定の条件を満たせばそれ以外の人でも申告できることになっています。具体的にどのような人が利用者本人に代わって貸出自粛登録を行えるのかと言うと、まずは利用者の法定代理人です。例えば利用者が未成年だった場合、その親や成年後見人が法律に基づいて法定代理人として任命されています。これらの人物であれば、本人の了解を得なくてもスムーズに登録を依頼することができます。さらに、利用者の配偶者や二親等以内の親族であれば、その関係性を客観的な資料で証明できれば申告することができます。仮に利用者本人が借金だけを残してどこにいるか分からなくなっても、家庭裁判所が発行している失踪宣言審判書などの書類があれば手続きは可能です。この場合、利用者がどこかへ行方をくらませてしまった原因が借金によるものだと考えられるなど、一定の条件を満たす必要があるので注意しておきましょう。自宅で一緒に生活していても、利用者の心身の安全や保護のためにカードローンの利用をストップする必要があると認められる場合や、利用者本人が利用を止める意思がない場合なども配偶者や二親等以内の親族なら登録することができます。
この他、配偶者や二親等以内の親族がいない場合でも、同居している親族や三親等以内の親族なら貸出自粛登録を利用することも可能です。その条件として、上述したように利用者本人が借金苦を原因として行方不明になっていたり、カードローンの利用を止めることが心身の安全上必要な場合、利用者が貸出自粛登録に同意していないなどの項目を満たしていることが挙げられます。これに加え、配偶者や二親等以内の親族がいなかったり、いても登録を申告できる状況にないことも条件とされています。実際に申告を行う人物が、利用者と同居している親族もしくは三親等以内の親族だということを証明するための客観的な資料も提出する必要があります。客観的な資料はそれぞれのケースにおいて異なるので、詳しくは貸出自粛登録を行っている機関に問い合わせて確認しておきましょう。
問題なく貸出自粛登録が完了すると、個人信用情報にその内容がしっかりと記録されます。これにより、各金融業者は自粛登録されている利用者が新たにカードローンを利用しようとしても、お金を貸さないようにします。ATMなどでお金を引き出そうとしてもエラーとなり、利用できなくなるので非常に有効な方法と言えます。この制度を利用するためには、利用者本人との関係性を証明するために自治体の窓口で住民票や戸籍全部事項証明書などの書類を取得しなければならないので手間やコストがかかりますが、借金を止められない家族を救うためには非常に役立ちます。一般的な営業をしている金融業者なら貸出自粛登録されていれば貸付をストップするのですが、違法に近い営業をしている悪質な闇金業者などの場合、個人信用情報は無視して高金利でお金を貸してしまうこともあります。利用者がこういった闇金に手を出してしまえば更に困った事態に陥ってしまうため、家族は利用者の動向に十分注意を払っておく必要があります。登録してから3ヶ月以内なら申告そのものを撤回することもできるので、利用者が家族に内緒で勝手に貸出自粛登録を撤回してしまう可能性もあります。利用者の行方が分からず配偶者が登録した場合は撤回できないようになっていますが、それ以外のケースでは勝手に撤回されないように十分注意しておきましょう。

まとめ

このように、利用していないカードローンを持っておいてもメリットはなく、住宅ローンを利用するならむしろデメリットの方が大きいと言えます。カードローンは例え全ての借り入れを返済していたとしても、契約が残っているといつでも利用可能な状態となるため、住宅ローンの審査では不利に影響してしまいます。住宅ローンは一般的なカードローンなどと比べて利用額が非常に高いため、審査も厳しくなります。他のカードローン契約が残っていると、住宅ローンの返済に悪影響を与えて滞納に繋がるのではないかと心配されてしまうため、審査が通らなかったり融資額を減額されてしまう可能性もあります。今は使っていないカードローンのせいで審査が不利になるのは納得できませんが、契約が残っている以上は金融機関も最悪のケースを想定して住宅ローンを融資するかを検討する必要があるので仕方のないことです。これを防ぐためには、使っていないカードローンなどをきちんと解約してしまうことが重要です。カードローンの影響を住宅ローンの審査に及ぼさないようにするには、契約そのものを無くして綺麗な状態にしてしまう他ありません。自発的に解約すると、その内容が個人信用情報にも記録され、返済に問題がない上にきちんとした管理ができる利用者だと判断されて心証的にも良いアピールポイントになります。経済的に不安が残り、またカードローンの利用が必要になる可能性があれば別ですが、そうでない場合は住宅ローンを申し込む前に解約してしまうのがベストです。
実際にカードローンを解約するには、当たり前ですが借り入れを全て完済しておかなければなりません。借り入れ残高が1,000円未満の場合、無利息残高と言って返済期限も利息もかからない状態でずっと残ってしまいます。このため完済していないことに気付かず放置してしまうことも多いですが、解約するには最後の1円までしっかり返済する必要があります。1,000円以下の硬貨はATMでは返済できないので、完済したい場合は利用していた金融業者に問い合わせ、店舗窓口などで直接支払うなど返済方法を確認しておきましょう。全て返済してしまえば、晴れて解約手続きに進むことができます。具体的な解約方法は金融業者によって異なるのですが、ホームページなどで解約に関する情報をはっきり明示しているケースは少ないです。確実に知りたい場合は、利用している金融業者に電話などで問い合わせてみましょう。急ぐ場合は店舗の窓口まで出かけて手続きをするのが最も早く確実ですが、近所に窓口が無い場合は電話やインターネットで手続きできる金融業者もあります。インターネットで解約申請書をプリントアウトして郵送する方法もあるので、必要に応じて使い分けましょう。
カードローンを解約すると、上述したように住宅ローンの審査にプラス評価となります。その他にも、紛失してしまった場合に第三者に悪用されてしまうことがないというメリットもあります。利用していないカードは紛失しても気づかないことが多く、知らないうちにお金を借りられてしまうというリスクを根本的に解決することができます。また、いくつもカードローンを契約しているとつい利用を繰り返してしまい、多重債務者となってしまう危険性もあります。あまり使っていないカードローンを解約して整理することで、いつの間にか多重債務者になってしまうのを防ぐこともできるでしょう。このように解約手続きを行うことで様々なメリットを得ることができるのですが、仮に将来またカードローンを利用したい場合は最初から申し込み手続きをやり直さなければなりません。審査もその時点での属性や年収などをもとに再度行われるため、場合によっては利用を断られてしまう可能性もあります。金融業者によっては審査や融資に数日かかることもあり、すぐにお金が必要な場合は困ることになります。この点もよく考えて解約する必要がありますが、再度利用する心配がなければ基本的にデメリットは無いと言えるので積極的に解約したほうが良いと言えます。利用者本人が解約したがらない場合、様々な条件を満たせば配偶者などが利用をストップする貸出自粛登録などを行うこともできるので検討してみましょう。
カードローンを解約するとその事実が個人信用情報に記録されますが、それまで利用してきたという記録がすぐに消えるわけではありません。一般的に、カードローンを利用した履歴は5年ほどで保存期間が切れるケースが多いので、解約手続きを行った後も5年程度は記録が残ることになります。マイホームの購入が決まって慌てて解約手続きを行っても、その情報が審査に間に合わない可能性もあるので注意が必要です。解約手続きを済ませていても、過去にどのようにカードローンを利用していたか信用情報で確認されると、審査にマイナス評価となることもあります。住宅ローンを組めるか組めないかによって、マイホームの購入や人生設計に大きな影響を与えてしまいます。万が一にもローンを断られないように、できることは早めに行っておきましょう。将来的にマイホームの購入を検討しているなら過去にカードローンを利用した経験が無いかを振り返り、1年でも早く解約手続きを行っておきましょう。