実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

新生銀行カードローンレイクの返済額は負担になりにくい!

お金を借りるとき、できる限り返済の負担が少ないカードローンを選びたいと考えている方も多いでしょう。そこで、レイクのカードローンに注目してみるのも1つの手です。レイクでは返済額の負担を減らすなど、利用者のことを考えた対応を行っています。返済も方法もWeb返済などいくつかの選択肢が用意されているため、利用者の状況に合わせた選択ができます。お金を借りるときには、借りるときのことだけではなく、返済することまで考えなければいけません。そこで、返済が負担になりにくいレイクのカードローンにおける秘密はどこにあるのかという点に注目してみましょう。

なぜレイクは返済しやすいの?

レイクが返済しやすい理由は、大きく3つに分けられます。その1つ目のポイントとなるのが、最低返済額が3000円であることです。銀行系のカードローンの場合、毎月の最低返済額が1万円ということも多くあります。毎月1万円の返済額であっても、月の出費状況によっては大きな負担です。ですがレイクの最低返済額は3000円であるため、出費が重なった月でも負担になりにくいのです。ただし最低返済額が3000円というのは、借入残高が1万円から10万円の場合です。借入残高に応じて、最低返済額が変わってくるので注意しましょう。また最低返済額というのは、あくまで最低この額は返済する必要がある金額です。そのため最低返済額より多くの金額を返済することも可能です。そこでお金に余裕があるときはたくさん払って、ピンチの月は最低返済額だけ支払うなど、返済の負担を状況に合わせて減らしていくことが大切です。また月々の負担がどうしても大きい場合には、レイクに最低返済額の引き下げを相談することも可能です。
レイクにおけるメリットは、最低返済額だけではありません。実は、返済日にもレイクならではのメリットが存在しています。それが、レイク側が指定した日ではなく、自分が好きな日を返済日にできることです。給料日当日だと、各種支払いが終わっていないため、返済までたどり着けないという方もいます。そのような方は、給料日の2~3日後を返済日に指定するのも1つの手です。自分にとって都合の良い日に返済額を支払うことによって、返済の負担を減らせます。また返済日は、一度決めたらその後ずっと同じ日というわけではありません。月によっては何らかの理由で、返済日にお金が用意できないこともあります。そのようなときは、その月の3日前までに返済日を変更しておきましょう。返済日を変更して、どのタイミングだと支払いがしやすいのか、自分にあった支払い日を考えていくのも1つの手です。
実際にカードローンを利用した経験がある方の中には、うっかり返済日を忘れた経験があるという方もいるかもしれません。またカードローンを利用し始めたばかりの方は、返済日の習慣ができていないため、返済日を忘れてしまうこともあります。ですがレイクには、うっかり返済日を忘れてしまうことを防ぐサービスが存在しています。それが「メールお知らせサービス」です。このサービスを利用するためには、最初にレイクのアプリをスマホにダウンロードします。そうすることによって、返済日が近づいてきたことを教えてもらえます。このアプリが役に立つのは、返済日が近づいてきたタイミングだけではありません。返済日が過ぎてしまったときにも、同じようにメールで知らせてもらえます。
このようにレイクには、少ない返済額にしているなど、返済しやすくなるための工夫が存在しています。最低返済額以上なら月に合わせて返済額を変えて、返済日も選べます。このような特徴を利用して、自分の生活環境に合わせた返済をカスタマイズしていくことが大切です。

レイクではWeb返済がおすすめ!

レイクにおける特徴の1つが、返済方法のバリエーションが多い点です。しかも手数料無料で利用できる返済方法も多く存在しています。また1つの返済方法を利用するだけではなく、毎月の返済と追加でいつもより多めに支払う繰上げ返済で方法を分けることも可能です。例えば毎月の返済は忘れないように自動引き落としにして、追加で支払うときにはWeb返済を利用するのも1つの手です。この返済方法では、自動引き落としで毎月最低返済額を確実に返済をして、お金に余裕があるときにはWebから返済できます。もちろんこの2つのほかにも返済方法は存在しているので、自分の生活に合わせて、1番返済しやすい方法を選ぶようにしましょう。
いくつかある返済方法の中で、一番おすすめな方法がWeb返済です。この方法の最大の特徴は、インターネット環境があれば、パソコンやスマホ、さらには携帯電話から時間や場所に限らず返済できる点です。24時間いつでも返済が可能なだけではなく、手数料もかかりません。実際にWeb返済を利用するときには、最初にレイクの会員ページにログインします。次に、いつも使っている金融機関から振り込みの手続きを行えば、Web返済の手続きは終了です。利用できる金融機関は、大手銀行だけではなく、全国の地方銀行や信用金庫にも対応しています。金融機関の営業時間外でも、レイクへの返済として、すぐに反映されるのも特徴の1つです。
うっかり返済日を忘れて延滞するリスクを下げたい方は、銀行口座からの自動引き落としを選びましょう。引き落とし日は、毎月14日か27日のどちらか好きなほうを選べます。そのため給料日に合わせて、引き落とし日を選択できます。自動引き落としでは、手数料がかからず勝手に引き落とされます。ATMに行かなくても勝手に引き落とされるため、毎月確実に返済を進められます。
またレイクのATMを利用して返済するのも1つの手です。レイクATMでは、うっかりカードローン専用のカードを忘れてしまった方でも、返済ができます。カードを忘れたときには、登録している電話番号、生年月日、カードの暗証番号を入力します。レイクATMは年中無休で利用できるだけではなく、手数料無料での利用が可能です。さらに返済額以上の振り込みをした場合でも、硬貨のお釣りも受け取れるので安心です。
レイクのATMから返済できるとしても、家の近くにレイクのATMがない方も多くいるかもしれません。そのような方は、コンビニなどに設置されている提携ATMから返済しましょう。レイクでは、コンビニなどに設置されているほとんどのATMで返済ができ、手数料も無料です。
レイクで一括返済したい場合、選択肢は3つです。その3つの選択肢というのが、Web返済、レイクATM、そして銀行振込返済です。銀行へいってレイクの口座へ振り込みすることで、返済が可能です。一括で返済できるメリットがある一方で、振込手数料が必要になるので注意しましょう。普通の返済を行うときでも、同様に振込手数料がかかるので、毎月利用すると手数料が大きな負担になります。

カードローンを選ぶなら返済しやすいところを選ぶ

カードローンを利用するとき、借りられる額やいつまでに借りられるのかという点にばかり注目してしまう方が多くいます。ですがお金を借りるときは、返済までがセットだということを忘れないようにしましょう。返済の負担が大きいカードローンを選んでしまうと、後から返済で大変な思いをすることになるかもしれません。そこで返済について考えていく場合には、返済の負担が少ないレイクに注目するのも1つの手です。
レイクにおける返済の負担が少ない秘密の1つが、最低返済額に存在しています。レイクの場合、1~10万円の借入残高の場合、最低返済額は3000円です。あくまで最低返済額という形なので、お金に余裕がある月は多めに返済し、出費が多い月は最低返済額だけ支払うこともできます。つまりお財布の状況に応じて、自分で返済額を選択できるのです。レイクの特徴は、返済額だけではなく、返済日も自分で選択できる点です。お金の工面が難しい月はいつもと返済日を変えるなど、月ごとに返済日の変更が可能です。自分にとって都合の良いタイミングで返済をして、無理のない形で返済ができるようにしましょう。またレイクには、返済日の払い忘れを防ぐサービスも存在しています。レイクのアプリをダウンロードすると、返済日になるとメールで知らせてもらえます。このメールサービスによって、うっかり延滞してしまうリスクを未然に防げます。
さらにレイクには、返済するときの負担を減らすために、返済方法を選べるという特徴も見られます。返済方法は1つしか選択できないというわけではなく、複数の返済方法を組み合わせて使うこともできます。例えば1番効率がいい返済方法として、自動引き落としとWeb返済の組み合わせが挙げられます。自動引き落としでは、毎月決められた日に自動で銀行口座から返済額が引き落とされます。自動引き落としで最低返済額を支払っておくことで、延滞することなく確実に返済が進められます。また自動引き落としは毎月14日か27日のうちのどちらか好きな日を選択できるのもポイントの1つです。一方でWeb返済の場合には、インターネットに接続したパソコンやスマホを利用して、返済が可能です。Web返済では、時間や場所に関係なく返済ができます。自動引き落としとWeb返済を組み合わせることのメリットは、確実に返済を進めながら、追加分の支払いも簡単にできることです。自動引き落としで確実に返済を行い、お金に余裕がある月はWeb返済で追加分の支払いを行えます。またどちらの返済方法も、手数料は無料です。このほかにもATMの利用や銀行振り込みといった返済方法が存在しています。それぞれの方法によって、返済するときのメリットは異なります。そのため自分にとってどの返済方法が1番効率がいいのか考えて、自分にあった方法を選択しましょう。
レイクでは返済額や返済日、返済方法を選択できます。このような選択ができることによって、返済するときの負担を減らせるのです。このメリットを活かして、自分にあった返済の形をカスタマイズすることが大切です。