実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

レイクは在籍確認なし?職場に電話がかかってきても慌てないために

レイクのカードローンの申し込みをする際には在籍確認が必要になります。一般的に在籍確認は職場への電話連絡によるものです。新生銀行のカードローンであるレイクも基本的には職場への電話連絡ですが、他の銀行カードローンとは異なった点もいくつかあります。実際にレイクに在籍確認について問い合わせをしてみると、基本的には職場への電話連絡を行いますが、審査の結果次第で在籍確認は行わない事もあるという回答でした。基本的に在籍確認が行われるという事ですが、レイクの在籍確認は、職場の方にカードローンの利用について知られる事はありません。

レイクの在籍確認は1分程で終わる

在籍確認というと職場の方に知られてしまうのではないかと心配になったり、電話に自分が出たとしても周囲の目が気になってしまうのではないかと思うかもしれませんが、レイクの在籍確認は、1分前後で終わりますので、実際にはこんなものかと思う位あっさりしたものだと感じるはずです。レイクのカードローン担当者は、在籍確認の際に周りの方に知られないように配慮を行ってくれます。まず、レイクの在籍確認では、レイクという会社名を電話先で名乗る事はありません。申し込みをされる方が希望すれば別ですが、必ずカードローンの在籍確認とわからないように個人名を名乗ります。担当者の個人名を名乗り、申込者を呼び出してもらう形を取ります。個人名しか名乗りませんので、少なくともカードローンという事はわからないはずです。職場によっては、相手の会社名を名乗ってもらった方が良い場合も少なくありません。その場合は、レイクに申し込みをする際に、株式会社新生銀行と名乗って欲しい事を伝えておけば、名乗ってもらう事も可能です。株式会社新生銀行であれば、銀行名ですのでレイクのカードローンとはわかりません。在籍確認の際に、本人が職場にいなくても問題はありません。本人が電話に出なくても、職場の方が応対し、働いているという事がわかれば確認がとれた事になります。例えば、職場に電話をし、職場の方が自社の会社名を名乗ります。そこでレイクの担当者が個人名を名乗り、申込者を呼び出してもらった時に、職場の方が只今席を外しています等の応対をしてくれれば、職場に在籍している事の確認が取れますので、これだけで在籍確認は終了します。たったこれだけの事ですので、1分もかからないはずです。職場の方の受け答えで在籍確認として有効なのは、「只今営業の為席を外しています。」、「本日はお休みをいただいています。」、「折り返しお電話するように伝えますか。」などでその職場で仕事をしている事が覗える返答であれば問題はありません。電話での確認というと不安に思ってしまう方もおられると思いますが、前述のような電話は通常の職場なら日常的な事ですので、それほど考えすぎる事はないと思います。もちろん、在籍確認の際に、職場に本人がおり、そのまま本人が電話に出れば、すぐに確認が取れます。最初は個人名でレイクの担当者が名乗りますが、本人が電話に出れば、新生銀行カードローンレイクの会社名と担当者の名を改めて名乗りますので、在籍確認が取れた事になります。この場合、その場で何か他の連絡事項を伝えたりすることはありませんので、電話自体は非常に短いものになりますので安心です。

在籍確認の際に気をつけたい事

レイクの在籍確認では、時間の指定も可能です。例えば、自宅のパソコンなどを利用して申し込みをした場合、その時点では職場にいないはずですが、どうしても在籍確認の電話は自分がとりたいと希望する場合は、後日都合のいい時間を指定する事ができます。これは申し込みの際に担当者にその旨を伝え、相談するようにしましょう。ここまでの事でもわかるように、レイクの在籍確認というのは非常に簡単です。何か不確定の事がない限り、自分以外の方にカードローンの事を知られる事はありません。しかし、大前提として在籍確認で電話がつながらなければ確認することができませんので、カードローンの契約を進めることができないことがあります。在籍確認の際に気をつけたい事のポイントを雇用形態別に紹介してみたいと思います。まず正社員や契約社員の場合、重要なのは職場での自分の担当部署を正確に伝える事です。職場の経営規模が大きい場合にありがちな事ですが、部署が多い場合、所属部署を言わないと電話が本人まで届かない事があります。カードローンを申し込む際に、申込者が正社員や契約社員であれば、審査の際に有利に働く事があります。その為、在籍確認がスムーズにいかないという理由で契約できないなんて事になると折角の機会なのにもったいないものです。行き違いを防ぐ為にも、レイクに申し込みをする際に自分の所属部署宛てに電話をするように伝えておきましょう。次に派遣社員の場合、レイクの在籍確認は派遣先ではなく、派遣元に電話がかかります。通常、派遣会社には個人名で電話がかかってくる事はあまりありません。その為、場合によっては担当者と電話を出た方との話がかみ合わず在籍確認が取れない事もあります。その為、派遣会社には、クレジットカードを作るので、申込者宛てに在籍確認があるかもしれない事を前もって伝えておきましょう。クレジットカードであれば、会社の方に怪しまれる事はないと思います。次にパートやアルバイトの場合ですが、ここで重要なのが在籍確認のタイミングです。仕事によるとは思いますが、通常の職場とは違い、忙しい時は電話に出る事さえ職場の方の迷惑になる事もあります。自分が電話に出ることができる状況であれば、その時間帯、他の職場の方が電話に出る可能性が高い場合には、電話をかけても迷惑にならない時間帯を必ず伝えましょう。飲食業やコンビニなどの職種の場合は、必ず来客数が多い時間帯、少ない時間帯があります。その為、在籍確認をスムーズに行うためにも、申し込みの際に、電話をかけても良い時間帯、また電話をかけないで欲しい時間帯をはっきりとレイクに伝えましょう。

在籍確認が終われば審査通過は目前!

ここまで紹介した事を知識として知っておけば、在籍確認について不安に思う事は一切ありません。レイクの在籍確認は、担当者が職場の方にカードローンの事を知られないように配慮をしてくれるので、申込者としては気軽な気持ちでいれば大丈夫です。また、事前に連絡事項を担当者に伝えておけば、在籍確認自体は1分もあれば終了します。在籍確認というのは、カードローンの申し込みの順序の中でも、最後の方です。カードローンの申し込みをして、審査が必ず行われますが、在籍確認は審査の中でも最後に行われるものです。在籍確認が行われるという事は、少なくともその他の審査は終了していることになり、その後は契約を結び、カードローン利用する事ができるようになります。審査では、氏名や住所、職場や年収など個人プロフィールを基にレイクの過去の実例と照らし合わせを行います。また、他社から既に借入がある場合や過去に返済事故がないかなどを信用機関に問い合わせを行います。大まかにこの2つの審査を通過すれば在籍確認となります。当たり前の事ではありますが、審査の時に虚偽の情報を申告してはいけません。例えば、月収や年収を多く申告したり、他社からの借入額を少なく申告したりしてはいけません。毎日多くに契約実績があるレイクのような大手の金融機関では、職種や年齢によって大体の収入額を測る事ができますし、他社からの借り入れ額は、信用機関に問い合わせを行えば正確な金額が判明します。その為、ここでの虚偽報告は意味がないだけでなく、審査が不利に動く事にもなりかねません。これは在籍確認時でも同じです。申込みをする前まで申告した職場で働いていたとしても、申し込み時に様々な理由から職場を辞めている状況であれば、現在の職場として申告してはいけません在籍確認で、前職場から既に辞めている事が判明すれば何の意味もないものになってしまいます。審査全体的に言える事ですが、申告する情報は必ず正直に正確に伝えましょう。在籍確認自体は、問題がなければ1分以内に済むものです。ここを乗り越えさえすれば、あとは本契約を結ぶだけでカードローンを利用することができるようになります。本契約後は、お近くの銀行やコンビニのATMなどを利用して限度額内であればすぐに融資を受けることができるようになります。カードの発行までに時間がかかる申し込みをした場合は、振込なども可能です。インターネットのサイトから自分の希望額を指定口座に振り込む依頼をすれば、銀行の営業時間内であれば、短時間で融資を受けることができます。ここまで紹介したことを踏まえておけば、在籍確認は決して不安に思う事はないとわかるはずです。