実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

借入額ごとに異なる?モビットの返済は返済計画を明確に!

モビットはここ数年で大きく成長している消費者金融です。昔は大手3社と言われていましたが、現在ではモビットも入れて大手4社と表現することも増えているようです。モビットは三井住友銀行グループの消費者金融であり、資金力にも信頼があります。
また金利3.0%~18.0%、最高限度額800万円となっているように、消費者金融の中でもかなりの好条件となっていることも魅力です。モビットでは返済期日を自分で選べて最低返済額も小さめになっているので、お金に困っている人にはありがたいでしょう。ここではモビットの最低返済額と返済期日、その他の注意点について解説をします。

借入額によって変わるモビットの最低返済額

モビットの最低返済額は次のようになっています。
・10万円以下・・・4,000円
・10万円超 20万円以下・・・8,000円
・20万円超 40万円以下・・・11,000円
・40万円超 50万円以下・・・13,000円
モビットで初めて借入を行う場合、50万円以下の融資を受ける人が多いので、ここでは50万円以下のケースについて紹介しています。50万円超の借入を行う場合には、モビットの公式サイトなどで調べておきましょう。
ここで注意が必要なのが、最低返済額は融資を受けた時を基準に決められるということです。例えばモビットで新規契約をしたところ、限度額が50万円となりましたがそのうち20万円だけを借りたというケースなら、毎月の最低返済額は8,000円となります。その後返済を進めて残高が10万円以下となったとしても、最低返済額は8,000円のままです。
しかし残高が5万円まで減ったところで30万円の追加融資を受けて、借入残高が35万円となったらどうでしょうか。この場合には、追加融資を受けた時を基準に最低返済額が決まりますので、11,000円となります。
この最低返済額には利息も含まれているということに注意が必要です。借入残高が10万円であり、1ヵ月後に4,000円を返済したならば、金利18%の場合、利息がおよそ1,500円となりますので、元本の返済にあてられるのはおよそ2,500円となります。

自分で選べる返済期日

モビットの返済期日は、毎月5日・15日・25日・末日の4つの選択肢から1つを選ぶことができます。ただし、毎月決めた日にお金が口座から引き落とされるというわけでもないようです。
毎月5日を選択した場合で、1日~19日に借入を行った場合には、翌月の5日が約定返済日となります。しかし20日~末日に借入を行った場合には、翌月の5日には自動引き落としがされず、翌々月の5日が約定返済日となります。
毎月15日を選択した場合には、どの日に借りても翌月の15日に自動引き落としがされることになります。
毎月25日を選択した場合で、1日~9日に借入を行った場合には、同じ月の25日に自動引き落としがされてしまうので注意が必要です。10日~末日に借入を行った場合には、翌月の25日が約定返済日となります。
毎月末日を選択した場合で、1日~14日に借入を行った場合には、同じ月の末日に自動引き落としがされます。15日~末日に借入を行った場合には、翌月の末日が約定返済日となります。
モビットでは口座からの自動引き落とし以外に、ATMからの返済を選択することもできます。ATMから最低返済額以上を入金した場合には、その回の返済は完了したとみなされて約定返済日は1ヵ月先にずれます。
返済期日は後から変更することが可能ですが、延滞をしている場合や最終返済日から日数が経っている場合にはできません。延滞をしていない状態で、余裕をもって期日の変更を行いましょう。

借入前に確認するべきこと

モビットで借入をする前にシミュレーションを行って、いくらの利息がかかるのかを確認しておきましょう。インターネットで検索をするとシミュレーションができるサイトはたくさん見つかりますが、モビットの公式サイトからでもシミュレーションを行うことができます。
例えば50万円を金利18%で借りて、36ヶ月で返済をする場合なら、月々の負担は18,076円となります。この場合利息の総額は150,743円となります。50万円を借りる場合におよそ15万円もの利息を支払うことになるということに納得をしてから、借りるようにしておきましょう。
シミュレーションをしてみて利息の負担が大きすぎると感じたら、月々の負担をもっと大きくして完済を早めるようにしましょう。あるいは、ボーナスが出た時などに大きな金額をまとめて支払うという方法もあります。
また、最悪のパターンについてもシミュレーションをしておくことがおすすめです。モビットで50万円を借りた場合なら、月々の最低負担は13,000円となります。多くの人は最低金額よりも大きなお金を支払って、完済を早める努力をすることになると思われますが、最悪のケースでは毎月最低金額だけを支払うので精一杯ということになってしまう可能性もあります。
その場合には、完済まで4年10ヶ月がかかり、総額で251,057円の利息を支払うことになります。最悪のケースではこのくらいかかると知っておけば、計画を立てる上で役に立つでしょう。