実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

モビットでWeb完結を刷る時に必要な書類は収入証明書と本人確認書類だけ

モビットには2通りのカードローンの申込み方法があり、カード申し込みとweb完結申し込みがあります。カード申し込みはインターネットを利用して申込み、ローン契約機や郵送でカードを受け取ることが可能です。web完結申し込みはインターネットを利用して借入れまで手続きすることができます。モビットはどの申し込み方法を選択するかによって準備する書類が変わりますが、基本的には本人確認書類と収入証明書が必要です。web完結申し込みを利用する場合はこれらに加えて、社名が確認できるような書類も必要です。

本人確認書類とは?

モビットのカードローンを利用するには本人確認書類が必要です。本人確認書類は運転免許証やパスポート・健康保険証のことを言い、現在の住所がきちんと書かれているかどうかを確認してからモビットに提出するようにします。本人確認書類として最も信用があるのは運転免許証で、もし運転免許証を所有しているなら、迷わず本人確認書類として選択すると良いでしょう。運転免許証は住所や氏名、生年月日や顔写真などの情報が1つにまとまっているので、モビットでカードローンを利用する際に最も信用される本人確認書類です。基本的に顔写真のある方のコピーを提出しますが、場合によっては裏面のコピーも必要とする場合があります。運転免許証を所有していない時はパスポートのコピーを提出しましょう。顔写真があるページと住所が記載されたページのコピーを準備します。古い住所が記載されている場合は使用できないので、現在の住所かどうか確認してから提出しましょう。健康保険証のコピーを提出しても大丈夫で、紙タイプの場合は氏名や生年月日・住所の部分をコピーし、カードタイプの場合は両面をコピーします。健康保険証の場合は顔写真がなくても大丈夫で、住所や氏名などの基本的な情報が把握できれば利用することが可能です。モビットは外国籍の方でも利用することができるカードローンで、一定期間日本に住んでも良いという許可があれば普通に利用することができます。外国籍の方は上記の本人確認書類にプラスして、在留カードか特別永住者証明書のどちらかを提出する必要があり、書類は両面をコピーして提出します。基本的にこのように本人確認書類があれば、簡単に気軽に利用することが可能です。

収入証明書も必要です

モビットのカードローンは他の消費者金融と違って、例えば500,000円以下を借入れする場合でも収入証明書を提出する必要があります。インターネットにあるモビットのサイトを確認すると、収入証明書を用意して頂く場合がありますと記載されていますが、ほぼ間違いなく収入証明書類の提出が求められるでしょう。モビットで使える収入証明書として、源泉徴収票や確定申告書、税額通知書・課税(所得)証明書、給与明細書などがあります。収入証明書を提出する際気をつけなければいけないことは、マイナンバーを隠すことです。収入証明書によってはマイナンバーが記載されていることがあるので、モビットに提出する際はフセンを貼るなどして自分のマイナンバーが見えないようにしてコピーすると良いでしょう。モビットの収入証明書類として、できるだけ源泉徴収票を提出することをおすすめします。源泉徴収票は利用する人の年収に関係する情報や会社名など、細かく記載されているので収入証明書類の中では最も信用が高いものです。源泉徴収票を提出する際に気をつけなければいけないポイントがあります。自分の名前が記載されているか、現在の勤務先が記載されているか、年収が明記されているかなどです。直近の源泉徴収票でないと認められないので、最新のものを準備しておきます。もし最新のものがないなら、勤めている会社の人に相談し再発行してもらうと良いでしょう。確定申告書を提出する場合は氏名と収入額や所得額に漏れがないかを確認し、今年度発行のものを準備します。税額通知書・課税(所得)証明書を提出するなら、氏名と収入額や所得額、発行印があるかを確認し、最新の書類を準備しましょう。給与明細書の場合は直近2ヵ月分が必要です。ボーナスや賞与がある人は直近1年分のボーナス明細書も併せて準備しましょう。

バレるリスクゼロで申し込むなら「Web完結」

利用者にとってできるだけカードローンを利用していることを周囲の人に知られたくないものです。カードローンが周囲にばれてしまうケースには、契約関係の郵便物が郵送された際に中身を家族に見られてしまったり、職場に在籍確認の電話があったために上司や同僚にばれてしまうケースが多々あります。モビットの場合は周囲に対して徹底した対策を行っているので、周りの誰にもばれずに申し込むことが可能です。モビットは郵送物を送らないようにしたり、電話もかけないようにすることができます。web完結で申し込んだ場合、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行に口座を持っていたり、勤務先の社名や本人の名前が分かるような書類が提出できると、郵送物を送らなかったり電話をかけずに済むことが可能です。収入証明書類に勤務先の社名や本人の氏名があれば、特に追加の書類も要りません。もし書類に社名がなかったら、社会保険証や社員証なども同じように提出すれば大丈夫です。モビットはこれらの条件をクリアしていれば、カードローンの利用が周囲にばれるようなリスクをゼロにしてくれ簡単に申し込むことができます。必要書類の提出方法を相談することもでき、スマートフォンの専用アプリからアップロードしたり、電子メールで送られてきたURLにアップロードするなどの方法を利用することが可能です。コンビニからファックスで送信したり、モビットの自動契約機を利用して提出することもできます。最も簡単なのはモビットのスマートフォンの専用アプリで、やり方はスマートフォンで書類の写真を撮影したら画像をアップロードするだけで終わります。周囲にばれるリスクを考えるならweb完結が最適でしょう。

事前準備をしっかりと!

モビットのカードローンに申し込む場合、本人確認書類や収入証明書を用意する必要があります。WEB完結で手続きする場合は会社の名前や本人の名前も分かるような書類もそろえておきましょう。モビットのカードローンは融資までのスピードが非常に速いことで有名です。きちんと書類の準備をしておけば、さらに手早く手続きを完了することができます。もし本人確認書類における住所が古かったり、現在住んでいる住所と異なるような場合は、以下の書類などもあわせて提出すると良いでしょう。例えば、電気やガス、水道やNTTなどの公共料金の領収書、社会保険料の領収書などで手書きでも大丈夫です。国税や地方税の領収書、納税証明書や住民票の写しなども準備しましょう。いずれも有効期限があり、書類が発行されてから6か月以内のものを用意しなければいけません。最も手軽なものは公共料金の領収書でしょう。書類を提出する際インターネットを利用してパソコンからでも提出することができます。スマートフォン以外でも自宅のパソコンから提出する方法があり、デジカメなどで撮影した書類の写真をパソコン内に取り込んでおくとスムーズに処理することが可能です。やり方はモビットから送られてきたメールに記載されているURLをクリックすると、書類提出用のページに飛ぶので書類ファイルの欄に自分の写真データをアップロードします。次にすべてアップロードできたらモビットに送信するだけです。パソコンからの提出の場合、コンビニやモビットの契約機に出かける必要がないので、自宅にいながら必要書類を提出することができるので便利です。このように事前準備をしっかりしておくことで、スムーズにモビットを利用することができるでしょう。