実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

モビットの在籍確認、どんな感じ?職場バレを防ぎたい方必見!

在籍確認は法令で定められた審査ではありませんが、多くのカードローンを発行している会社が採用している審査の1つです。在籍確認を取ることでしっかり働いて収入があることの証明になるため、会社は安心してお金を貸すことができるようになります。しかし中には会社の人にローンを契約することがばれたくないと思っている人もいますので、在籍確認があると内心ひやひやしている人もいるのではないでしょうか。モビットは他社と比較しても柔軟な在籍確認を行っている企業の1つです。どのような方法で審査を通過することができるのでしょうか。

書類だけの在籍確認をしてもらうなら申し込んだ後にすぐ電話!

モビットは他社と比較しても書類での在籍確認に積極的な会社です。他社では電話による在籍確認を必須としている金融機関も多くありますが、これは電話による在籍確認のほうが信用性が高いからです。書類の場合は違法ですが、偽装してしまうことも可能なため、慎重になっている金融機関が多いのです。

在籍確認が行われるのは、仮審査後の本審査です。つまり仮審査を通過することができなければ在籍確認は必要なく、契約することはできません。そのためモビットへの相談を仮審査通過後で行おうと考える人もいますが、実は申し込んだすぐあとに相談をしたほうが良いです。在籍確認に関して不安があると伝えれば、書類での確認を提案してくれるでしょう。モビット側の了解を得ることができれば、源泉徴収票、給与明細、社会保険証、社員証など在籍確認に必要な書類を揃えるように言われます。この中でもおすすめの書類が、源泉徴収票や給与明細です。特に源泉徴収票は1年間の所得がすべて掲載されていますので、収入証明書としても利用することができます。50万円以上の金額で契約をしたい人は収入証明書の提出が必ず必要になりますので、この書類1つで2つの審査に利用することができるのです。ただし給与明細の場合は1か月分の金額しかわかりません。正確な年収を把握することが難しいので、収入証明書として利用する場合は2か月分や賞与明細も必要になることがあります。また、他社に借り入れがある人は、他社の借入額とモビットの契約額の合計が100万円を超える場合にも収入証明書が必要です。モビットは「三井住友銀行系」と名乗っていますが、銀行のローンではなく、消費者金融なので総量規制によって年収の3分の1以上の貸し出しをすることが禁止されているのです。申し込んだあとにすぐに電話するのは、早めに書類を送ることによって、スムーズに契約までの作業を進めるためです。電話確認などを繰り返していると時間がかかってしまいますので、早めに手続き完了までの流れを決めておくと良いでしょう。

書類はモビットのアプリから送信することができます。撮影した写真をそのまま送信できますので、この方法が一番楽です。他にもメールで送られてきたURLにアップロードする方法や、コンビニからFAXする方法、モビットの契約機で提出する方法があります。インターネットの環境さえあれば自宅から手続きができますので、アプリかメールでの送信が一番便利です。画像がブレていて不鮮明な場合は再提出になってしまうことがありますので、明るい安定した場所に置き、影にならないように注意しながら撮影をするとよいでしょう。

電話ならに完了します!

モビットでは書類による在籍確認にも積極的ですが、通常通り電話で行うことも可能です。書類で確認をしてもらうためには、相談し、書類を用意するという手間が発生してしまいます。アプリで送信できる人は撮影から送信までスムーズに行うことができますが、メールで送信する場合も撮影した写真をパソコンに移動させたりする必要がありますし、コンビニからFAXを送る場合は外出しなくてはなりません。また、源泉徴収票で確認を取りたい人は手元にない場合は会社の経理などに相談をして再発行してもらう必要もあります。書類による審査は会社への電話がなくなることで安心して利用することができますが、利用するためにはさまざまな手間をかけなくてはならないのです。

電話での在籍確認を過度に心配する人がいますが、実は確認作業は極めて単純です。まずモビットからの電話は個人名でかけてきてくれますので、モビットであることが会社の人にバレることはありません。また、本人不在でも確認作業は完了します。もちろん本人がいるときにかけてきてもらえれば自分で対応することが可能ですが、この場合1つ注意しなくてはならないのが、本当に電話を取った人が申込者なのかという確認が発生する点です。生年月日や住所などの確認をする場合がありますが、その会話内容を誰かに聞かれていた場合、クレジットカード、カードローンなどの金融商品の在籍確認を疑われてしまう可能性があるのです。安心なのが、本人が不在のときに在籍確認の電話をしてもらうことでしょう。「ただいま席をはずしております」、「ただいま外出中です」のように、今日会社にはいるけれど、たまたま電話に出られなかったようなケースだった場合、会社に勤めていること自体は確認できます。在籍確認とは勤めていることの裏付けが取れれば完了しますので、この時点で審査が終了するのです。「本日はお休みです」と言われた場合は次の出社日を聞かれることがあります。数日以内に出社することがわかればこちらも在籍確認は完了します。ただし長期間の「休職」状態になっていた場合は、無職と同じ扱いをされてしまいます。休職扱いになった場合は復職してから再度申し込みをするように言われてしまうので注意しましょう。
もしかしたら電話を取った対応者が、どのような要件で電話をかけてきたのか聞くこともあります。しかしオペレーターは審査のプロですので、さまざまな言い訳を用意しており、申込者との関係をうかつにバラすようなことはありません。心配な場合は申込者側でも電話対応をした人に言い訳ができるよう、何かしらの「嘘」を用意しておくと良いかもしれません。

それでも不安な方はWeb完結で!

在籍確認をするからといって、会社にローンの契約をすることがばれる危険性は限りなく低いのですが、それでも心配な人は「Web完結」という手続きをすると良いでしょう。Web完結では申込から利用開始までがすべてネット上で完結し、電話による連絡や郵送物が一切発生しません。モビットの仮審査はメール、もしくは電話で対応されることになりますが、Web完結の場合はメールでお知らせをしてくれます。その後入会手続きに移りますが、本人を確認できる書類の写しや収入を証明するための書類を提出します。在籍確認も書類による審査になりますので、会社に電話が行くことがありません。Web完結は他の手続き方法と比較してもかなり早いスピードで契約完了まで持っていくことができます。Web完結の場合はカードが発行されません。「カードローン」という名称ですが、カードレスのローンとなり、借り入れや返済はすべてネット上から手続きをすることになります。平日の15時までに手続きが完了して振り込み融資依頼を出すことができれば、その日のうちに融資をしてもらうことも可能でしょう。それ以外の時間に融資の依頼を出すと、着金が翌金融機関営業日になってしまう点には注意をしておかなくてはなりません。
Web完結の手続きを利用することができるのは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている人のみです。その他の金融機関の口座では対応することができません。利用できる人は限られてしまいますが、このような手続き方法もあるということを覚えておくと良いでしょう。
Web完結でカードレスのローンを組んだとしてもカードを希望すれば発行することも可能です。モビットカードの受取方法は郵送かローン契約機での受け取りになります。郵送を心配する人はローン契約機まで取りに行くと良いでしょう。Web完結では書類などもすべて電子書類としてネット上で閲覧ができるようになっています。そのため自宅に書類が届く心配もないため、会社だけでなく家族にバレる危険性も低くなっているのです。

モビットは業界の中でもかなり融通の利いた審査を行っています。他社でも書類審査をしてくれるところはありますが、それほど積極的ではありません。なぜモビットがこのようなWeb完結による手続きを勧めているのかというと、Web完結ができるようになった最初の消費者金融だからです。現在は他社でもWeb上で手続きが完了する会社はいくつかありますが、それでも在籍確認や本人確認は電話が必要になることもあります。審査から契約、利用開始までのすべての工程が完全にネット上で完結する大手消費者金融はモビットだけです。