実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

借りた後で困らない為のプロミスの返済方法をすべて見せます!

カードローンの契約をするときは借りることばかりに集中してしまい、返済することまで頭が回らないことがあります。借りた後に返済方法が限られていて不便な思いをしたり、予想外な手数料が発生して損をしないよう、どこの金融機関で借りたら有利なのか調べてから契約すると良いでしょう。特に重要なのが返済をしたときにかかる手数料です。取引回数が多ければ多いほど手数料は増えてしまい、場合によっては利息を超えることすらあるのです。
国内の消費者金融大手であるSMBCコンシューマーファイナンスが運営しているプロミスでは、多彩な返済方法が用意されており、かつ毎月の最低返済額も少額で月々の負担を減らすことができます。プロミスのカードローンは具体的にはどのような仕様になっているのでしょうか。

業界最安のプロミス

カードローンには毎月の最低約定返済額があります。最低金額は各社異なっています。例えば同じ消費者金融のアイフルは4000円、モビットも4000円ですが、プロミスは1000円です。銀行系カードローンを含めても三菱東京UFJ銀行「バンクイック」が2000円、三井住友銀行が1万円、みずほ銀行も1万円、新生銀行カードローン「レイク」が2000円です。毎月の負担が1000円という会社は他を探してもなかなかありません。そして借りる金額が多くなればなるほど返済額が多くなるのが普通のカードローンですが、プロミスの場合は借りる金額が多くなっても返済額はそこまで大きくなりません。ある程度まとまった金額を借りたとしても、負担は5000円程度で済むケースがほとんどです。自分のペースでゆっくり返済していきたい人にとってプロミスは負担の少ない業者と言えるでしょう。

ただし1つ注意しておかなくてはならないことがあります。毎月の返済額が少ないということは、それだけ完済までに時間がかかることを意味します。いくら借りている金額が少なくても借入期間が長くなれば、それだけ利息負担も大きくなってしまいます。プロミスで借りたお金を上手に返済するには、毎月の約定返済をこなすだけではなく、随時返済を利用して元金を早い段階で減らしていく必要があるのです。

プロミスを含め多くの金融機関では残高スライド元利定額返済方式となっています。この返済方式は、返済額から利息を引いた金額が元金に充てられます。そして残高が減少してくると、毎月返済に必要な金額もスライドしていきます。この最低限必要な金額のことを「ミニマムペイメント」と言います。ミニマムペイメントが少ないのは確かに負担がありませんが、その支払額のほとんどが利息の返済に終わってしまうこともあるのです。そのため一概にミニマムペイメントが低いほうが良いとは言えないのです。また、利息は金利の高さによっても異なりますので、同じ金額を借りて同じ金額を返済していた人がいたとしても、金利が低く設定されている人のほうが早く完済することになります。上手に負担を減らすためには、利息を膨らませないように、金利を低くしてもらえるように交渉していく必要もあります。プロミスでは定期的に契約内容の更新をすることもできますので、信用ができたら増額申請をして、同時に金利を引き下げてもらうと良いでしょう。金利の引き下げだけでは交渉が難しいのですが、増額をすることでプロミス側も貸し出し残高を増やすことができるため、交渉に応じやすくなります。

プロミスの6種類の返済方法

プロミスでは6種類の返済方法が用意されています。他の金融機関と比較しても返済手段が多く、手数料無料で利用できるものも多くあります。
1つ目が口座振替です。これは支払日になったら自動的に口座から返済額が引き落とされるものです。あらかじめ口座振替の手続きをする必要がありますが、手続きが済んでいればわざわざ支払日にATMに行く必要もなくなります。また返済日を忘れてしまっても自動的に引き落とされるので、口座に残高さえあれば滞納する心配がありません。口座振替は契約後に手続きをすることができ、プロミスの会員サイトにアクセスしたあとの口フリ(口座振替)のお手続きというメニューから登録をします。登録できる金融機関は三井住友銀行とジャパンネット銀行のみです。ジャパンネット銀行の場合は3営業日かかりますので、早めの手続きをしておきましょう。その他の金融機関を指定する場合はプロミスコールに連絡をして契約内容を変更する必要があります。
そこまで手続きをするのが面倒という人はインターネット返済が便利です。インターネット返済は銀行のネットバンキングを利用した手続きで、リアルタイムで支払いが行われる仕組みです。メンテナンス時間を除いていつでも利用することができ、手数料はかかりません。ネット環境さえあればパソコンやスマートフォンからいつでも返済ができます。インターネット返済が利用できるのは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行です。そのほかの銀行は対応していません。
カードを持っている人はATMを操作して返済をすることが可能です。プロミスのATMと三井住友銀行のATMでは取引手数料がかかりません。しかしコンビニATMのように提携金融機関のものでは手数料がかかってしまいます。
コンビニで返済したいけどATM手数料が嫌だという人は、メディア端末を利用しましょう。メディア端末と聞くといまいちパッとしませんが、ローソンやミニストップではLoppi、ファミリーマートではFamiポートという名前で設置されているものです。チケットの発券などで使う端末ですので、使ったことがある人もいるかもしれません。支払額を入力した後、レジで支払をすることになります。
銀行振込でも可能です。振込先口座はプロミスの会員ページで確認することができます。15時を過ぎてからの手続きや土日では、翌営業日扱いとなる点に注意しましょう。その日支払が必要であれば15時までに完了する必要があります。
来店して返済する方法もありますが、窓口はどこにでもあるわけではありませんので、この方法を利用できる人は限られています。何か相談事があるときは窓口へ行っても良いかもしれません。

返済方法で変わる手数料

プロミスではこのようにたくさんの返済方法が用意されていますが、返済手段によって手数料が異なります。口座振替では手数料がかからず、三井住友銀行とジャパンネット銀行を指定した場合は返済日を選択することができます。その他の金融機関では返済日が5日に固定になってしまいますので、給料日の都合から難しい場合は他の方法を選択すると良いでしょう。
インターネット返済やプロミスや三井住友銀行のATMを利用した場合も手数料はかかりませんが、コンビニATMだけは手数料がかかると覚えておきましょう。インターネットバンキングは借りるときにも便利です。特に三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座であれば、15時以降や土日でも瞬時に振り込みがされる「瞬フリ」というサービスを利用することができるようになります。コンビニで借りるときも手数料がかかってしまいますので、一度銀行口座へ振り込みをしてもらってから出金することで、手数料をカットすることができるようになります。
コンビニATMを利用する場合、取引する金額によって手数料が異なります。1万円以下の場合は108円、1万円超えの場合は216円かかります。これは借り入れでも返済でも同様です。1万円借りて1万円返す場合、往復で216円かかることになります。元金の2%以上の金額ですので、大きな負担となるでしょう。可能であれば無料で利用できるプロミスのATMか三井住友銀行のATMを利用したいところです。
振り込み手数料ももちろん自分で負担しなくてはなりません。金融機関によって振込手数料の設定は違っていますし、窓口での振り込みとなればかなり高額になることもあります。少なくとも108円から、高ければ1000円弱かかる銀行もあります。ただし金融機関によっては一定回数振込手数料を無料にできるサービスを行っているところもありますので、そうした規定回数内であれば、負担なく返済をすることができるでしょう。このように様々な支払い方法があるわけですから、あえて振り込みを選ぶ必要はないかもしれません。

実はATM手数料を無料にすることも可能です。それはプロミスポイントを貯めて消費することです。プロミスポイントとは、毎月ログインしたり収入証明書を提出したりすると貯めることができるポイント制度です。 消費者金融の中でもポイント制度を導入しているところは珍しく、このポイントを利用すれば一定期間ATM手数料がかからなくなるのです。ただしこのポイントは他にも使い道があり、たくさん貯めれば無利息キャッシングができるようになります。ATM手数料よりも利息をカットしたほうが負担軽減効果は大きくなるでしょう。