実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

プロミスの50万円未満の必要書類って何?

カードローンは契約した限度額内で自由にお金を借りることができる便利なアイテムです。契約だけでもしておけば、いざというときに助けてくれることでしょう。しかしカードローンの契約では審査がありますので、申込書を書いたり必要書類を提出したり、いくつかの作業が発生します。そして審査に通過することができなければ契約することができません。カードローンを発行している金融機関はたくさんありますが、消費者金融大手のプロミスではどのような必要書類が必要で、どのように申し込みをすればよいのでしょうか。

少ない書類て手軽にお金を借りるならプロミス

お金を借りる契約をする場合、少なくとも本人を確認するための書類が必要になります。これはどの金融機関でも一緒で、身元の分からない人にお金を貸すことはできません。申込書を記入する段階では必要書類を用意する必要はありませんが、仮審査通過後には必ず提出し、申込内容と相違がないか確認をすることになります。
プロミスの場合、50万円未満の借り入れであれば必要書類は運転免許証などの本人確認書類だけです。そのほかに面倒な書類を用意する必要はありませんので、今すぐ必要と思ったときにでもすぐに申し込みをすることができます。

プロミスにはさまざまな申し込み方法があります。最も手軽なのがスマートフォンやパソコンのWebサイトからのネット申し込みでしょう。ネット申し込みは空いている時間でできるだけでなく、審査までの時間を短縮することができるというメリットがあります。例えば郵送による申し込みの場合、郵便物を送る手間もかかりますし、到着するまでに何日かかかってしまいます。すぐに契約したい場合には向いていません。自動契約機や窓口、電話でも申し込みをすることができますが、来店する必要がありますし、書類を手書きにする手間や、電話がつながるまで待たなくてはなりません。どのような申し込み方法でも、最終的にはプロミス側でデータをパソコンに入力することになります。ネット申し込みでは最初から打ち込まれた状態でプロミスにデータが届きますので、パソコンに入力するという事務作業を省略することができるのです。そのため、他のどの申し込み方法よりもスピーディーに審査結果を出すことができるのです。本人確認書類は本契約をする段階で必要になりますので、申込の段階では必要書類が手元になくても手続きを進めることができます。即日融資を希望する場合は来店してカードを発行してもらうか、カードが発行されないWeb完結を選択すると良いでしょう。カードがあれば時間に関係なく借り入れをすることができますので、最初はカードなしで契約をしても、いずれはカードを持っておいたほうが便利ではあります。

50万円を超える限度額を希望する場合は、収入証明書の提出も必要になります。もし用意できない場合は最初は少額の限度額を希望しておくと良いでしょう。あとから増額することも可能です。

プロミスの本人確認書類とは?

プロミスでの必要書類は限度額によって異なります。50万円以下の場合は本人確認書類のみが必要書類です。利用できる書類は、運転免許証、パスポート、マイナンバーカードのような、本人の顔写真付きの書類です。氏名、住所、生年月日、顔写真が必須条件です。プロミスでは書類を写真として提出することが可能ですが、引っ越しをして住所が変わった人は運転免許証であれば裏面も送る必要があります。顔写真付きの公的書類がない人は、保険証に追加書類を加えて提出すれば本人確認書類として受理してもらえます。マイナンバーカードの場合、法令によって裏面はコピーしてはいけないことになっています。また、ナンバーの提出は必要ではありませんので、隠れるようにしましょう。

保険証を提出した場合の追加必要書類は、現住所のわかる書類です。住民票の写し、公共料金の領収書、納税証明などを利用できます。公共料金とは電気・ガス・水道・NTTの領収書です。発行日が6か月以内のものが有効です。携帯会社からの請求書は公共料金としては認められません。実家暮らしで請求書がどこにあるかわからないような人は、住民票の写しを利用するようにしましょう。住民票はマイナンバーカードを持っていればコンビニからでも発行できるようになりました。必要書類を健康保険証で提出してしまうと、必要になる書類が増えてしまいます。面倒だと思った人はなるべく顔写真付きの書類を用意するようにしましょう。運転免許証やパスポートは取得にも費用がかかってしまいますので、マイナンバーカードを持っておくと良いでしょう。
外国籍の人は必要書類が増え、本人確認書類に加えて在留資格も必要になります。外国人であっても区別されることなくプロミスではお金を借りることができます。

こうした確認書類はプロミスに限らず、他の多くの金融機関でも同様です。クレジットカードやカードローンなどの契約をする場合は必ず必要になるということを覚えておきましょう。金融機関によっては住所を証明する書類の期限が6か月だったり3か月だったりとばらばらです。なるべくその都度最新のものを提出するようにしましょう。また、引っ越しをしたばかりだと審査ではマイナス評価になることがあります。こうした金融商品の契約は引っ越し前に行い、引っ越し後に登録データの変更をするのが良いでしょう。

50万円以上の場合

プロミスでは、50万円以上の限度額を希望する場合、他社との借入額とプロミスでの契約額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要となっています。これは原則として決められているものですので、申込者の状況によっては例外的に必要書類に加えられることもあります。

収入証明書として利用できるものは、源泉徴収票、税額通知書、給料明細、確定申告書、課税所得証明です。用意できる書類は雇用形態によって異なります。正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトやパートなどの給与所得者の場合は源泉徴収票や給料明細を利用できます。個人事業主は確定申告書、税額通知書、課税証明を利用できます。源泉徴収票などの書類は会社の担当者に依頼すれば再発行してもらうことができます。必要なのは自分の名前、勤務先、年収です。給料明細を利用する場合、それだけでは年収を計算することができませんので、審査ではやや不利になることがあります。また、直近2か月分が必要になります。ボーナスが多い人は年収が変わってきてしまいますので、毎月の給料明細だけでなく、賞与明細も一緒に送るようにしましょう。

個人事業主の場合は確定申告書が便利です。毎年1月から3月の間に限り、前年度の書類での申し込みが可能です。これは確定申告が毎年2月3月で行われるため、まだ申告をしていない人のためです。また、個人事業主の場合は例外として必要書類に収入証明書が加えられる可能性が高くなります。
経費をたくさん計上している人も注意が必要です。「年収」として計算されるのは収入ではなく所得です。収入は純粋に入ってきた金額の合計ですが、所得とはそこから必要経費を引いた金額です。節税のために経費をたくさん計上していると、所得が小さいと判断されることになります。プロミスは総量規制対象の業者ですので、所得が小さいと借りることができる金額も小さくなります。個人事業主の場合は通常のカードローンとは異なる「自営者ローン」を契約することも可能です。こちらは総量規制の例外とされているため、年収の3分の1以上の借り入れをすることが可能です。まとまった金額での融資を希望している場合はこちらを利用したほうがよいでしょう。限度額が大きくなれば金利も引き下がりやすくなります。自営者ローンではこれらの必要書類に加え、事業を証明するための書類も必要です。個人事業主の場合はどちらのローンでも、必要書類に収入証明書が加えられる可能性が上がるので用意しておきましょう。

必要な書類を必要なだけ用意しよう!

必要書類はそれぞれ1枚だけあれば問題ありません。また使うかもと思って何枚も取得してしまうケースがありますが、手間とお金の無駄になりますので、必要書類は必要な枚数だけ用意するようにしましょう。書類を写真として送る場合は1枚で問題ありませんが、郵送で送ると毎回必ず1枚消費することになります。もしプロミス以外の会社でも必要な場合は、消費しない会社から手続きをするようにし、郵送などの手続きによって消費してしまう会社は後回しにすると良いでしょう。これだけで必要書類を用意するコストを削減することができます。
必要書類は金融機関によってことなりますが、消費者金融の場合は大体プロミスも含めどこも同じような書類でカバーすることができます。プロミスでは通常のカードローンの他にも、目的ローン、自営者ローン、レディースローンなどいくつかの商品を出しています。どの商品でも基本的には必要書類が一緒です。目的ローンは何か目的があって、そのことだけに利用するときのローンです。カードローンのように追加融資を受けることができませんが、返済専用になることで破たんリスクが低く、金利も低く設定されます。振り込み融資になるため、銀行届出印が必要です。銀行の目的ローンのように必要書類に見積書などは加えられていませんので、気軽に申し込みをすることができるでしょう。
レディースローンは女性が気軽に借りることができるためのローンで、商品内容は通常のカードローンと変わりがありません。プロミスでは女性でも安心して借りることができる環境を整えるため、このようなサービスを提供しています。レディースローンで契約をすると、担当者が必ず女性になります。男性スタッフの対応が恐いと思っている人には使いやすい商品です。プロミス以外でもレディースローンを提供している会社はいくつかありますが、契約内容で優遇される会社はありません。また、通常利用していればプロミスから電話がかかってくることはありませんので、通常カードローンでもそれほど心配するようなことはないかもしれません。

プロミスでは書類さえそろえれば最短1時間程度で融資をしてもらうことができます。プロミスは三井住友銀行の自動契約機やATMも利用することができるため、全国でも利用場所が多く、利便性の高い消費者金融と言えるでしょう。