実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

安心して下さい!プロミスの在籍確認は誰にもバレません!

カードローンの契約で心配なのが、本審査での「在籍確認」です。在籍確認は法令で決められた審査内容ではありませんが、金融機関がリスクを抑えるためにも避けて通れない審査の1つです。しっかり申込書に記入された職場に勤めていないと、収入があると判断することもできません。在籍確認をとることで収入がある裏付けにもなり、安心して貸し出しをすることができるようになるのです。
多くの人が心配するのは、在籍確認の電話で同僚にカードローンの申し込み、つまり借金をすることがばれてしまうのではないかというものです。プロミスではどのように在籍確認を行うのでしょうか。

プロミス在籍確認がバレない理由

金融機関によっては電話による在籍確認だけではなく、利用者の状況に合わせて保険証や給料明細といった書類だけで審査を通してくれるところもあります。プロミスも昔はそうした融通の利いた審査を行っていましたが、最近では電話確認を必須としています。書類による審査にできないか聞いてみることは可能ですが、あまり期待することはできないでしょう。

ただしプロミスの在籍確認では、利用者の心情を配慮してなるべく周りにバレないような工夫がされています。電話は担当者の個人名でかけてきてくれますので、取り次いだ人にカードローンの審査であることはわかりません。本人がいれば本人に代わって在籍確認を取りますが、不在の場合でも審査は進行します。例えば電話を取った人が「ただいま席を外しています」、「外出しています」、「本日はお休みです」といった対応をします。席を外していたり外出している場合は、その日勤めているけれど忙しくて出られないということがわかります。つまりこの段階で在籍確認が取れるのです。本日はお休みと言われた場合は、少し条件が変わり次の出社日を聞くことになります。明日であれば問題ありません。それが数週間先となってしまうと「休職中」扱いにされてしまうこともあり、休職中は在籍しているとは判断できません。本当に働いているのであれば数日以内に出勤することになりますので、次の出社日が休職扱いにならない範囲であれば確認が完了します。
もしかしたらナンバーディスプレイでかかってきた電話番号を検索されてしまうかもしれません。そのようなときでも安心です。プロミスでは番号を非通知か、携帯電話からかけてきてくれます。ホームページに掲載している電話番号ではありませんので、検索したところでカードローンの申し込みだということはわからないでしょう。
本人が出た場合は少し注意が必要です。本人確認のために氏名や生年月日、住所などの個人情報を伝える必要が出てくるからです。この会話の内容を誰かに聞かれていた場合、電話がかかってきて個人情報を伝えていると何かの審査では、と思う人もいるかもしれません。特にクレジットカードやカードローンの契約をしたことがある人は同じような経験をしているはずですので、勘が良い人にはバレる危険性があります。同僚にバレるのが嫌な人は、あえて本人が不在の時間帯に電話をかけてもらうようにすると良いでしょう。不在時の対応ではまずカードローンの契約だとバレる危険性がないからです。本人が出た場合も1分程度で確認が終わります。在籍確認が終了したあとは契約内容をまとめて書類の準備をしたり、カード発行の手続きに入ります。在籍確認は審査の中でも本当に最終段階ですので、この確認ができればカードローンの契約はできたようなものです。
在籍確認はかけてくる時間や性別などを指定することができます。例えばカードローンの審査だとわからなくても、何らかの不信感を持たれる危険性もあるためです。同僚に無駄な憶測をさせないためにも、対策をしっかりとしておきましょう。

在籍確認の電話が来たら

在籍確認をする前に本人確認がありますが、本人確認は携帯電話にかかってくるので人目のつかないところで出ると良いでしょう。特に誰かに会話を聞かれる心配のない外でするのが安心です。そのときに在籍確認に関する案内をしてもらうことができます。自分で出たいと思っている人は対応可能な曜日や時間を伝えるようにしましょう。指定した日時にかけてきてくれますので、対応することが可能です。取り次がれずに真っ先に受け取りたいと思う人はこの方法が良いです。オペレーターの性別を選ぶことができますので、変な疑惑を生まないためにも同性を選んだほうが良いかもしれません。
自分が不在のときに在籍確認を完了したい場合は、あとで電話があったことを伝えられるはずです。そのとき何かしらの言い訳を考えておくと怪しまれずに済むかもしれません。カードローンの契約は借金に直結するため、あまりイメージはよくありませんが、クレジットカードであれば多くの人が所有していますし、怪しまれずに済みます。クレジットカードとしてごまかせば完全な嘘ではありませんので、嘘が苦手な人でも不自然な態度で怪しまれる危険が減るでしょう。

在籍確認で注意しておきたいのが職業携帯です。正社員であれば他に勤め先がないので、会社の番号で問題ありません。しかし大きな会社では番号がいくつも用意されていることがあります。代表番号では在籍確認をとることが難しくなることがありますので、必ず自分の部署に一番近い電話番号を書きましょう。派遣社員の場合は、出向先の会社ではなく派遣元の会社の電話番号を記入します。こちらも在籍者が多数いると確認に手間取ってしまう危険性があり、最悪「そんな人はいません」と言われてしまいます。カードローンの契約だとはっきり言わなくても良いので、カードを作るので在籍確認の電話があるかもしれないということを、派遣元の事務スタッフに伝えておくと良いでしょう。金融機関によっては派遣先の番号でも問題ないところがありますが、プロミスでは派遣元の番号を記入します。アルバイトやパートの場合は在籍確認を取られないという噂がありますが、それは間違いです。貸金業法では本人に収入があることが貸付の大前提とされているため、プロミスではアルバイトでも在籍確認を取るのです。飲食店の接客業などでは、まず人から電話がかかってくることはありません。電話がかかってくるとすればクレジットカードやカードローンなどの審査ということがわかってしまいますので、なるべくばれないように言い訳を考えておきましょう。
個人事業主の場合は自宅を事務所としている場合、自宅の電話番号で在籍確認が取れます。当然本人が出ることになりますが、場合によっては家族が出てしまうこともあるでしょう。この場合は家族がいない時間帯を狙って電話をしてもらえるように頼むと良いかもしれません。プロミスでは事業者向けのローンも用意しています。通常のプロミスのカードローンと違って総量規制対象外ですので、自営業者の人は「自営者ローン」に申し込みをするのも良いでしょう。

在籍確認の相談をしてみるのもよし!

プロミスに限らず在籍確認は他の金融機関の審査でも避けて通れないものです。しかしどこの金融機関でも利用者の心情に配慮した確認を行っていますので、お金を借りようとしていることをむやみにバラすことはありません。プロミスのコールセンターは業界の中でもサービス品質が高いと言われており、さまざまなケースに対応できるプロ集団です。プロミスにはレディースローンというものもあり、女性の人が気軽に借り入れできるような商品もあります。心配なことがある場合はまずプロミスに相談してみると良いでしょう。

しかし中にはどうしても在籍確認が取れないというケースがあります。最近の会社の中には個人情報保護のため、外部からの電話は一切取り次がないところもあります。取り次ぐ場合はどこの誰なのかを言わなくてはなりません。残念ながら法令で在籍確認で身元を偽って電話することができないので、その場合は別の手段を模索しましょう。プロミスでは基本的に書類による審査は行っていないため、電話による確認が必要とされています。しかしどうしても避けることができない事情がある場合は、例外として書類審査にしてもらえるケースがあります。必ずそうなるとは限りませんので期待はできません。この場合は収入を証明できる書類と、会社発行の保険証や社員証など、在籍確認とできる書類が必要になります。どのように審査を進めるかはプロミス側の判断で決定しますので、希望通りになるとは限りません。

プロミスの在籍確認で注意しなくてはならないことがあります。1つは正しい勤務先の番号を記入することです。在籍確認が嫌なあまり、別の電話番号を書く人もいます。もし嘘がばれてしまうと虚偽の申し込みによる契約となり、最悪契約破棄とされてしまうこともあります。特に「偽装会社」の利用はやめましょう。偽装会社は給料明細や在籍証明などを発行してくれるサービスを行っており、これ自体が直接違法というわけではありません。しかしローンやクレジットカードの契約においてこうした会社を使うことは、詐欺罪が成立してしまうからです。詐欺罪、および詐欺未遂罪の量刑は10年以下の懲役です。そのほか賃貸の契約などでも、こうした「嘘」を使うことは違法です。また、プロミスに限らずこうした会社を利用して契約したものがあると、もし破産をしなくてはならなくなってしまったときに、免責が下りない可能性があります。免責とは裁判の結果支払いを帳消しにすることができる仕組みで、様々な制約はありますが、再スタートを切るための制度です。

プロミスではさまざまなケースに対応できるように申込者1人1人の目線になって対策を考えてくれます。心配な人はまず相談をするところから始めましょう。また、在籍確認は増額審査のたびに行われることがあります。特に限度額を大きくしたときは在籍確認がとられることが多く、最初の1回だけではないということも覚えておきましょう。プロミスの通常のカードローンからプロミスの自営業者向けのローンに切り替えるだけの時も在籍確認はあります。