実際の利用者の口コミを読んで、あなたにぴったりのカードを見つけて下さい!

諦めるのはまだ早い!審査落ちた場合カードローンに再審査を申し込める?

カードローン審査落ちた場合、そのあとすぐに再申し込みをしようと考えている方も多いと思います。ただしカードローン審査落ちた場合の再審査は、落ちたという事実だけで最初に申し込むよりも審査落ちのリスクが高くなります。
カードローン審査落ちた後の再審査をクリアするために重要なことがいくつかあります。まず、次にカードローン審査を申し込むまでに一定の期間空けることです。また、なぜカードローン審査落ちたのか、原因をよく調べることが重要になります。一度カードローン審査落ちた場合、再審査を通過するには時間と手間がかかります。

信用情報が消えるのは6ヶ月後

カードローン審査落ちた場合でも、申し込みをした日時・審査の合否等の記録は信用情報機関に登録されます。そしてその情報はカードローン会社の間で共有されています。カードローン審査落ちたのには何かしら理由があるので、一度審査に落とした人から再申し込みがあってもすんなり貸してくれません。
カードローン審査落ちた場合に再申し込みするにはタイミングが重要になります。信用情報機関はカードローンを申し込んだ事実を永久に保管しているわけではなく、そのカードローン申し込み後6か月で消去しています。再審査の際、カードローン審査落ちた記録が残っているとハイリスクと判断され、審査通過が難しくなります。カードローン審査落ちた後再申し込みするのであれば、信用情報機関から前回の申込記録が抹消される半年後以降がベストです。
カードローン審査落ちた人の中には、審査に落ちるとすぐに他のカードローン会社に何社も申し込む人がいます。審査落ちするのには必ず根拠があります。状況を把握せずにいくら申し込んでも毎回審査に落ちるのでやめましょう。審査項目の中には、最近のクレジットカード・カードローン申し込み件数も含まれています。短期間にいくつもカードローンに申し込んだことが記録されると、前回の審査合否に関わらず、それだけ資金繰りに困っていて返済能力に問題があると判断されます。そしてそれだけで申し込みブラックとなり即審査落ち決定となります。このことでさらに信用情報に傷をつけてしまいます。申し込みブラックと判断される目安は1か月に3件以上カードローンを申し込んでいることです。他のカードローンに申し込む場合は多くても1か月に1件までとしましょう。また、2件続けて落ちた場合は半年ほど空けましょう。
また、いくつか申し込めばどこかのカードローン会社が審査に合格させてくれるだろうと考え、同時に何社もカードローン申し込みをする人がいますがこれもやめましょう。各カードローン会社が信用情報機関に審査のための情報を照会した記録は、照会時にすぐに反映されます。同時にいくつものカードローン会社が同じ人の信用情報を照会するとなると、お金に困っているが何らかの理由でカードローンに通過する自信がないために多重申し込みをしているのだと判断されます。誰でも良いからお金を貸してくれという人を見て、返してもらえる見込みは少ないと思うのと同様、カードローン会社もその時点で返済能力が低いと判断します。1回に申し込むのは1社までとし、カードローン審査落ちたら1カ月後に別のカードローン会社に申し込むか、半年待って信用情報機関からカードローンの申し込み記録が消えるまで待つのが賢明です。なお、同じ信用情報機関にクレジットカードの申し込み記録も記録されており、この回数と合否の状況もカードローンの審査に大きく影響します。クレジットカードの審査に落ちた後も1か月ないし6か月以上空けてカードローンの申し込みをするようにして、申し込みブラックとならないように気を付けましょう。

リベンジをする前に審査に落ちた理由を知ろう!

カードローン審査落ちた場合、期間を空けたとしても信用情報が前回と何も変わらないまま再申し込みしても通るのは難しいです。再び審査落ちして悪い記録がついてしまいます。
カードローン審査落ちたら、まず原因をはっきりさせることが重要です。カードローン会社に聞いても審査落ちした理由は教えてくれませんが、原因はおよそ決まっています。
カードローンに申し込む段階で他社からの借り入れが残っていると審査に不利になります。ただ、他社借り入れがあるから必ず審査に落ちるわけではありません。
消費者金融系のカードローンの場合、総量規制のために他社と合わせた貸付金額が年収の3分の1までに制限されています。これを超える金額を申し込んでも総量規制の範囲内に収まる金額で合格となるか、不合格となります。銀行系のカードローンの場合総量規制の対象外ですが、総量規制の範囲を大きく超える金額を貸してくれるわけではありません。また、収入に対して多すぎる金額を申し込むと、返済能力がないのに借りようとしていて不安だと判断され、審査に落ちやすくなります。
他社のクレジットカード・カードローンの返済履歴も審査の参考になります。1回でも返済遅延の履歴があると、審査上の減点対象になり、印象が悪くなります。
他社から何件借りているかも審査の対象になります。複数社から借りている人は資金繰りの悪化を懸念されます。1社当たりの借り入れ額の大きさは信用の大きさの目安になります。
カードローン審査落ちた人の中には、過去に返済を3か月以上延滞したり、債務整理をしたため、ブラックリストに載っている人がいます。この場合は申し込みが来た段階で審査落ちとなるので、事故記録が消えるのを待ちます。
カードローン審査では生活が安定していることも重要です。これは職場での勤続年数や現住所での居住年数で判断されます。低収入よりも高収入、賃貸よりも持ち家の方が基本的には有利ですが、例え高収入で持ち家だったとしても、勤続年数や居住年数が足りないと審査上の減点対象になります。
ここまで確認して、カードローン審査で不利になる要因がないのにカードローン審査落ちた場合、申し込み時に記入する個人情報、勤務先情報等が間違っていたり、職場の在籍確認が取れなかった可能性があります。ただ書き間違えた、というだけでもカードローン会社によっては虚偽申し込み扱いになります。なりすましによる申し込みを防ぐための仕組みですが、記入ミスでカードローン審査落ちたという人は少なくありません。例えば自宅や勤務先に在籍確認するための電話番号が間違っていたり、勤め始めたばかりの勤務先にかかってきた電話に別の人が出て、そのような人物はいないと言われるとこれも虚偽申し込みとして扱われます。この場合も申し込み取消ではなく、審査落ちとして信用情報機関に記録されるので十分注意しましょう。また、雇用形態と勤続年数からおよその収入を計算していたり、信用情報機関に照会して他社借り入れ状況をチェックしています。これらの項目を適当に記入してもばれます。

審査に落ちた原因と解決を考えて再チャレンジ!

カードローン審査落ちた原因に思い当たることがあれば、まずはその対策をしてから半年待って、再チャレンジしましょう。
総量規制にかかっている場合はその範囲内に収まる金額で申し込むのも良いでしょう。返済遅延の履歴がある場合は、毎月の期限までにきちんと返済するようにしましょう。返済日に返済したかどうかは信用情報に毎月記録されているので、その状況が改善されれば好印象になります。借入件数が多い場合は件数を減らす努力をしましょう。再審査に通過するには、前回カードローン審査落ちた時よりも少しでも他社借り入れを減らす、できればゼロにしていることが必要です。申し込む際には、自分の年収に対して高すぎる金額を申し込まないようにしましょう。カードローン審査落ちた人は前回申し込んだ金額よりも減らすのが目安です。
生活安定度が原因でカードローン審査落ちた場合は、同じ職場で働き、同じ住所に少なくとも半年以上住めば審査に通る可能性が上がります。できれば1年以上が望ましいです。低収入や賃貸住居の場合でも、年数を稼いでおけば審査に通る確率が上がります。
現在ブラックリストに載っていて事故記録がある場合でも、その記録が永遠にあるわけではなく、5年から10年程待てば事故記録は消え、ブラックリストから抹消されます。この期間待ってから再チャレンジしましょう。
申し込みの際の入力ミス・記載ミスで審査落ちするのはもったいないばかりか、信用情報に傷をつけることになるので以降のクレジットカード・カードローンの審査、途上与信をクリアするうえで不安材料になります。まとまったお金が急に必要になったからと言って焦って申し込むと記入ミスの原因となります。勤務先の情報や現住所、電話番号、運転免許証番号等審査で特に大事な項目については、手元の書類とよく照らし合わせて間違いのないように入力するようにしましょう。また、収入や他社借り入れ枠をごまかそうとしても無駄な努力なので、現在の収入や借り入れ状況をよく調べた上で記載するようにしましょう。申し込み情報に虚偽がないというのは非常に重要です。仮に何とか審査に通ったとしても、カードローン会社は定期的に信用情報機関に照会をし、申し込み時の状況と合わない点があれば自宅や携帯、職場に状況確認や在籍確認が行われます。申し込み時に虚偽の申告があったと判断された場合には借り入れ中でもカードローン契約者都合で契約無効とされ、借り入れ残高の一括返済を迫られます。大きな借り入れ枠が必要だからと言って、収入を大きく書いたり、他社借り入れ額を少なく書くのはやめましょう。
一度カードローン審査落ちた人が再審査に通過したり、他社のカードローン審査に通過するのは容易ではありません。カードローン審査に落ちた場合はあきらめずにその原因をしっかり特定し、対策を立ててから半年待ち、再度申し込みするようにすると、審査に合格する確率が高まります。無事審査に通過し、借り入れることができたら、遅滞ないように計画的に返済し、次のクレジットカード・カードローンの審査に影響することはないようにしましょう。