カードローンの金利の仕組みとは? 低金利でなくても利息を抑えられる!?

ただいまの口コミ902
カードローン評判.com
> >

カードローンの金利の仕組みとは? 低金利でなくても利息を抑えられる!?

お金を借りる際に必ず適用される金利。何となく認識はしていても、借りた時にどのような影響を及ぼすのかは漠然としか意識していない方も多いのではないでしょうか。しかしそういった状態のまま使っていると、不要な利息を払っていた!、という事態にも陥りかねません。

カードローンを賢く使うためにも、金利や利息についてよく知っておく必要があります。ここでは、金利や利息、計算方法、支払う利息の減らし方などを説明します。

金利の仕組みを知ろう

金利は何のために設定されているのか?

借金をすると必ず利息を払わなくてはいけませんが、この利息はお金を借りた金融会社へのレンタル料です。そして、この利息を計算するために設定されているのが金利です。

金利は必ず「%」で表記されています。これは借りた金額に対してどれだけの割合で利息が付くのかということを表しています。つまり「金利18%」であれば、元金に対して18%の利息がかかるということになります。

「金利」と「実質年率」はどう違う?

実質年率とは、金利だけでなく、手数料や保証料といった諸費用を含めたものを言います。しかし、ほとんどのカードローンでは手数料と保証料は無料とされているので、「実質年率」という言葉を使っていても実際には金利しか含まれていません。

つまり、ローン商品における「金利」と「実質年率」の意味は基本的に同じであるため、あまり気にする必要はありません。金融会社は「実質年率」という表記を法的に義務づけられているので、「金利」ではなく「実質年率」を使用しているというだけなのです。

金利には上限が法的に定められている

金利の上限は出資法と利息制限法という二つの法律で定められています。出資法では年率20%まで、利息制限法では金額に応じて年率15%~20%とされています。

利息制限法の上限金利(年率)
10万円未満:20%
100万円未満:18%
100万円以上:15%

この制限を超える金利を設定をすることは違法なので、正規の金融業者はこれを超える金利を設定することはなく、返済が遅れた時に適用される遅延損害金も年率20%で設定されます。
もしこれ以上の金利が設定されていたら、それは闇金業者であるということです。

金利や利息を抑える方法

利息は日割りで増えていく

設定される金利は契約した限度額によって決まりますが、金利が適用されるのは元金、つまり引き出したお金あるいは返済し切れていないお金に対してです。つまり、「限度額x金利」で計算された金額の利息を必ずしも支払うわけではないということです。また、利息は日割りで加算されていきます。

利息の計算式
初回:元金x金利÷365日(うるう年は366日)x借入日数
2回目以降:残りの元金x金利÷365日(うるう年は366日)x前回返済日からの借入日数

返済を繰り返していくと利息も減っていく仕組みになっているので、負担も徐々に軽くなっていきます。

金利はどうしたら減らせる?

金利は限度額によって決まりますが、この限度額が高いほど金利は引き下げられます。つまり、高いお金を借りないと金利は低くならないということです。しかし、消費者金融で借りる場合は総量規制があるため、高額融資はあまり望めません。

ではどうすればよいのでしょうか?
低金利なカードローンを利用すれば、金利を抑えることができます。
銀行カードローンは最高金利14%台になっているものが多く消費者金融よりも低金利です。消費者金融は最高金利18%が主ですが、プロミスは年率17.8%、J.Scoreに至っては年率12%となっているので、金利を抑えたい方は必見です。

各カードローン会社の金利一覧
カードローン会社 金利(年率)
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
J.Score 0.8%~12.0%
※年率0.8%には条件があります。
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
三井住友カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%

早めに返せば総返済額を抑えられる

利用している日数によって利息は加算されていくので、返済日より前に返済してしまえば利息は抑えられます。繰り上げ返済が可能なカードローン、返済期日を設定しない一定期間ごとに返済するカードローンであれば、返済日まで待たずに支払いが行えます。

そのうえ、利息に充てられるお金を元金の返済に回せるので、返済期間の短縮ができ、総返済額もある程度減らすことが可能になります。繰り上げ返済がない場合でも、余裕があるときに追加返済を行うことで元金を減らし、利息の負担も下げる効果が期待できます。
また、一括返済が利用できるようであれば、それで完済してしまうのも良いでしょう。

早めの返済を行うメリットは大きいので、早めの返済や追加での返済が可能なカードローンならできるだけ活用しましょう。

繰り上げ返済・追加返済・一括返済が可能なカードローン一覧
※ここでは、繰り上げ返済は返済日の変動がある早期返済、追加返済は前回返済日の追加支払いとしています。
カードローン会社 繰り上げ返済・追加返済・一括返済の有無
プロミス すべて可能
・繰り上げ返済:返済日と同月であること
アコム すべて可能
・繰り上げ返済:返済日を指定している場合、返済期間は返済日当日から14日前まで
SMBCモビット 追加返済・一括返済が可能
レイクALSA すべて可能
・繰り上げ返済:返済日当日から14日前まで
アイフル すべて可能
・繰り上げ返済:約定日制の場合、返済日当日から10日前まで
J.Score すべて可能
・繰り上げ返済:返済日当日から14日前まで
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
すべて可能
・繰り上げ返済:返済日当日から14日前まで
オリックス銀行カードローン すべて可能
・繰り上げ返済:約定返済日の14日前の午前3:00時点から
三井住友カードローン 繰り上げ返済・一括返済が可能
公式サイトでの表記は追加返済だが、約定返済期日が変更になるのでここでは繰り上げ返済と表記
みずほ銀行カードローン 追加返済・一括返済が可能
公式サイトでの表記は任意返済だがここでは追加返済と表記

無利息期間を利用して一時的に金利を0に

適用される期間は短いものの無利息サービスを提供しているカードローンもあるので、それらを利用すれば一時的に金利を0にすることができます。初めて利用する方に限定されているサービスですが、30日間でも利息の負担を一切なくせます。

無利息期間があるカードローン一覧
カードローン会社 適用期間と条件
プロミス 初回出金の翌日から30日間
・初めての契約
・メールアドレスの登録とWeb明細の利用を選択
アコム 契約日の翌日から30日間
・初めての契約
・返済日を「35日ごと」に設定
レイクALSA 契約日の翌日から30日間
・初めての契約
---
契約日の翌日から180日間
・初めての契約
・限度額200万円以内
・引き出された金額5万円まで適用
アイフル 契約日の翌日から30日間
・初めての契約
・無担保キャッシングローン利用者限定

金利だけじゃなく、返済のしやすさも確認しよう

利息は日割りで計算されるので、繰り上げ返済や随時返済などを利用して、早く完済できるように工夫すると全体的な負担が抑えられます。また、無利息期間などを使えばさらにお得になります。

そのため、金利だけを見るのではなく、無利息期間があるか、繰り上げ返済などができるかなども確認して選ぶようにしましょう。

 
ページのトップへ