在籍確認をなしにしたい? 電話以外の方法で対応してくれるカードローン!

ただいまの口コミ796
カードローン評判.com
> >

在籍確認をなしにしたい? 電話以外の方法で対応してくれるカードローン!

周囲にばれてしまうかもしれないから在籍確認なしで審査してほしい、という方は少なくありません。特に勤務先に消費者金融から電話がくると考えただけでも不安になるでしょう。

しかし、在籍確認は審査を完了させるための大事なプロセスなので、それ自体をなくすことはできません。ただ、貸金業法下にある金融業者は、周囲にばれないように契約者に配慮しなければならないと法的に決められているので、会社名などで連絡してくることはありません。それでも、何かの拍子に感づかれるかもしれないと考える方もいるかもしれません。在籍確認がどのように行われているか、電話以外での方法があるかを知ればその不安は軽減できるでしょう。

ここでは、在籍確認の疑問や業者ごとにどのような対応をしてくれるかを紹介していきます。

在籍確認の疑問を解消

電話連絡はどういう風に行われるのか?

消費者金融は会社名を出して電話してくることはありません。

「○○(オペレーター個人名)と申込ますが、□□(申込者名)さんはおられますか?」

と、個人として連絡をしてくれます。
本人が電話を取ったあるいは同僚が取って本人がそこにいた場合、自分であることを告げると簡単な質問をされます。場合によっては在籍の確認ができればよいので質問等もなくそのまま終了します。時間にして、1分~数分で完了です。
本人がいなかった場合は同僚・上司が

「□□(申込者名)はただ今席を外しております」
「□□(申込者名)は本日休みです」

など在籍していると分かるような対応をしていれば確認終了です。
また、要件や伝言を聞かれたとしても、不自然にならないように対処してくれるなど、細かく配慮してくれます。

周りにバレてしまうことはある?

絶対にバレないという保証はありませんが、確率としてはとても低いでしょう。在籍確認の際に周囲にバレてしまう理由としては、在籍確認をされた申込者の行動や言動がおかしいというものがあります。「誰だったのか?」、「どういった要件だったのか?」という質問に対してあいまいな返事をしたり、詮索されたくなさそうだったりすると、やましいことがあるのではないかと勘繰られることはあるでしょう。
また、電話を取った人がカードローン利用者であると、何となく気づかれてしまう可能性もなくはありません。

質問された時の返事の仕方などを考えておくと、不自然さが出ないかもしれません。また、聞かれてもいないのにしゃべってしまうのもNG行動なので、聞かれたら答えるくらいの気持ちでいましょう。

専業主婦はどうなるの?

一部の銀行カードローンでは、専業主婦に少額融資を行っています。専業主婦は本人に安定した収入がないので配偶者の収入をもとに借りることになりますが、その際の在籍確認はどのように行われるのでしょうか。

「まさか配偶者の勤務先にかかってくるんじゃ……」

と、不安になるかもしれませんが、配偶者の勤務先にかかってくることはありません。専業主婦の場合は本人確認の連絡のみなので、携帯電話か自宅にかかってきます。
ただし、配偶者の同意が必要としているところに関しては、配偶者の勤務先に連絡がいくことがあるので注意が必要です。

在籍確認を電話連絡以外でしてもらうには

確認方法を変えてもらいたいなら事前に伝えておく

在籍確認は審査の最後に行われます。そのため、確認方法を変更してもらうには、在籍確認が行われる前に連絡しなければなりません。
そのタイミングは、申込受付連絡が来たときです。
メールあるいは電話で連絡が来るので、メールの場合は自分から、電話が来たときはいくつか質問や情報の確認などが行われた後に在籍確認方法の変更を頼むことができます。

プロミス:大体の時間帯と性別の指定ができる

プロミスは基本的に電話での連絡を行いますが、事情があれば電話以外での確認を考慮してくれます。多くの場合、記入した勤務先に在籍していることが分かる書類――社会保険証や給与証明書などのコピーの提出を求められます。

もし電話以外の方法が利用できないという場合は、大体の時間帯を指定することができるようです。お昼休み時など人があまりいないような時間帯を指定すれば、多少安心できるかもしれません。ただ具体的な時間、例えば、12:00時きっかりに電話してほしいというような指定の仕方はできません。

時間帯の他にも、電話をかけてくれる担当者の性別の指定ができます。業種や業務内容によって取引相手や顧客がどちらかに偏ることがある場合は性別の指定をしておきましょう。

アコム:他社借入なし、勤続年数が長いと有利

アコムも申込受付完了連絡が来たときに、電話連絡以外の方法で在籍確認してほしいことを伝えることができます。アコムは申し込みの仕方によって事前に電話での在籍確認を行うかの連絡が来たり来なかったりします。自動契約機「むじんくん」で申し込むと、オペレーターからこれから在籍確認が行われることが伝えられますが、インターネット申込だとその連絡はありません。

もちろん伝えていても100%回避できるわけではないですが、他社借入がなく、勤続年数が1年以上だと対応してくれやすいようです。

SMBCモビット:WEB完結じゃなくても対応してくれるケースはある

SMBCモビットが提供しているWEB完結だと、電話連絡なしを売りにしているので事前連絡の必要がありません。ただし利用には条件があるので誰でも利用できるわけではないことと、審査結果次第では電話がかかってくる可能性はあります。

WEB完結できる条件は、下記の二つになります。

1.三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
2.社会保険証、もしくは組合保険証を持っている

この条件を満たしていないとWEB完結は利用できません。しかし、「カード申込」でもプロミスやアコムのような対応はしてもらえないのでしょうか?
実は、「カード申込」でも電話以外の方法で対応してくれることはあるようです。申込受付連絡が来たらすぐに電話以外の方法で確認してもらえないか頼んでみましょう。

「在籍確認がなかった!」という口コミの真相

方法はどうあれ在籍確認は必ず行われます。しかし時折、「在籍確認がなかった!」という誤解を招く口コミが、多くはないものの書かれていることがあり、その書き込みを信じてしまう方も一定数おられます。

この場合は、電話連絡がなかったという意味で書いているか、電話はあったが本人がそれを在籍確認だと認識していないなどのケースが考えられます。よって在籍確認そのものがないことの根拠や裏付けにはなりません。

基本的には電話、事情を考慮してもらえれば書類による確認になるので、必要なものをそろえて準備しておきましょう。

 
ページのトップへ