審査なしカードローンはどこにもなし! 探すよりも対策を考えよう!

ただいまの口コミ782
カードローン評判.com
> >

審査なしカードローンはどこにもなし! 探すよりも対策を考えよう!

カードローンの利用には様々な不安が伴うものですが、特に審査に通るかという悩みは申し込んだ方全員が抱える一番の不安要素です。ただ純粋に審査に通れるかという不安だけでなく、すでに借り入れがあったり、ブラック状態であったり、すでに何社も申し込んでいたりなど、審査に直接影響する問題を抱えていることもあるでしょう。

審査のないカードローンがあれば……、と一縷の望みをかけて探している方は多くいますが、実際に審査のないカードローンは存在しません。あったとしてもそれは正規の消費者金融ではないうえに、借りるメリットなど全くない悪徳業者です。

絶対に融資できない状態になっている方の場合はどうしようもありませんが、問題を抱えていても状況の改善や対策の仕方次第では審査に通ることができます。可能性0のものを探すよりも具体的な解決策を考えましょう。

なぜカードローン審査は行われるのか

カードローンの審査は、その人が信用できるかどうかを測るために行われます。つまり、貸したお金をしっかり返してくれるかどうかを調べているのです。返済していけるだけの収入があるか、現在どれだけ借入しているか、過去に金融問題を起こしていないか、虚偽の申告をしないか、他人に成りすましていないかなど、あらゆる側面から申込者を調べ、融資しても問題ないことを確認します。

申込者にとっても審査してもらうことはメリットになります。第三者の目を通して客観的に審査してもらうことで、無茶な借り入れや余計なトラブルを抱え込むのを防止し、審査に落ちてしまっても何かしらの問題を抱えている可能性を気づかせてくれます。急いでいたり、切羽詰まっていたりすると冷静な判断ができなくなるので、審査してもらうのは必要なことと言えます。

審査なしにしてほしい理由と対策

審査に通れるか不安

初めての方で審査通過できるか不安になる方は多いと思いますが、今まで借り入れやクレジット払いといった経験が今までなく、初めて借りるのであればそこまで心配する必要はありません。条件を満たし、情報は正確に申告、必要な書類を提出すればほとんどの場合通過可能です。

職場に電話してほしくない

在籍確認も大きな不安要素のひとつです。勤務先に連絡されることでカードローンの利用がバレてしまうかもしれないと考える方は少なくありません。在籍確認そのものをなくすことはできませんが、電話連絡以外の方法で対応してもらうことは可能です。

申込受付連絡が来たら、担当者に相談するとよいでしょう。電話しか対応していないと言われても、時間指定などには対応してくれることもあるので、確実に自分が電話をとれる時間を指定すると不安を減らせます。

審査している暇なんかない!

急いでいる方は、大手消費者金融を申し込みましょう。そのほとんどが最短30分審査を宣伝しており、スムーズに行けば当日中にお金を借りることができます。その際、必要な書類を事前に準備し、それぞれの会社で最も審査時間が短縮できる方法で申込みましょう。
残念ながら銀行カードローンは即日融資には対応しなくなったので、急いでいる場合にはおすすめしません。

すでに他社借入がある

消費者金融は総量規制があるので、収入の3分の1以上の借入があると審査に通れません。総量規制いっぱいまで借りているなら、借りているものを完済し、解約することで借入可能限度額に空きを作る必要があります。同様に借入件数が多い場合も件数を減らす必要があります。

限度額にまだ余裕があるものの不安がある場合は、各金融業者のウェブサイトにある借入診断でおおよその目安を確認することができます。ただ、借入可能と表示されても確実であることを示すものではないので、鵜呑みにしないことです。

注意すべき点としてSMBCモビットの10秒簡易審査は診断ではなく審査であるため、実際の申し込みとして扱われてしまいます。この審査に落ちると信用情報機関に申し込んだ記録が残り、後の申込みに影響します。

ブラック状態になっている

大手の消費者金融や銀行は、ブラック状態の方には絶対に融資を行わないと考えてよいでしょう。また、ブラック情報は5年あるいは10年ほど記録されるため、この期間中は申し込んでも否決されるだけです。唯一の解決策は期間が過ぎるの待つだけです。

ただし、一部の中小消費者金融はブラック状態になった理由や経過年数によっては柔軟な対応をしてくれることがあります。問題を起こしているため借入金額は少額で、当然のことながら総量規制の対象でもあるので現在の借入金額が上限に達していれば借りることはできませんが、可能性は0ではありません。
しかし、闇金や悪徳業者が多く潜んでいる界隈なので、申込先は慎重に選ぶ必要があります。

無職である

これに関しては、どの金融業者でも対応はしません。融資する際は、返済能力があることが大前提なので、無職の方にお金を貸すことは絶対にありません。キャッシングやカードローンの利用を考えるよりもまず仕事に就きましょう
経済的にギリギリで助けてくれる相手もいないのであれば、仕事が見つかるまで生活保護などで一時的に生活を支えるといった方法をとれるかもしれません。

細かな審査が必要でないケースはあるが……

特定の銀行では預金口座を利用している方に、カードローンの案内をしているところがあります。給与の振込先としてや公共料金を口座引落しで支払っているなど、口座の利用状況が分かる方に案内が来やすいようです。自行ATMを利用した際に画面に表示されるなどして案内が来ていたら、優良顧客であるため融資しても差し支えないと判断されたことになるわけです。

しかし、それはあくまで銀行の利用状況に基づいた案内です。他社での借り入れなどに関しては、申込後に信用情報機関への照会が行われます。また、保障会社の保証も必要となるので、それらの結果次第では利用できない可能性もあります。つまり、個人情報に基づく審査が省けるだけというのが実情のようです。

預金口座開設時の審査や利用状況などがしっかりしているという前提のもとに判断されているので、消費者金融の審査と比べて少々ハードルが高い方法とも言えます。

審査なしを謳うカードローンは危険

一部で厳密な審査が必要ないケースがあるものの、基本的には消費者金融であろうと銀行カードローンであろうと審査は行われます。もし、審査がないというカードローンがあるなら、それは闇金融や悪徳業者です。そういったところへ申し込んでも、お金を搾取されたり、個人情報を盗み取られたりして、大きなトラブルを抱え込むことになりかねません。、審査なしと宣伝しているところへは一切近づかないことです。

 
ページのトップへ